Contentserv Japan 編集部 最新の記事: この記事を共有する:

関連記事

消費者動向
新型コロナウイルス感染症による消費者行動の変化 – 第1部

数週間前、私たちは新型コロナウイルス感染症のパンデミックが消費者行動にどのような影響を与えたか、 特に買い物の習慣について検討しました。そして、年齢層や性別による行動の違いをお話ししました。この全2回のシリーズでは、消費者の行動が、特にまだ外出禁止もしくは屋内退避命令が出されている国で、どのように変化し続けているかについて、最新のデータを検討していきます。 新しい習慣が生まれています 現在の世界的な状況を考えると、eコマースの注文が増加しているのは当然のことだと言えます。3月初頭の米国とカナダにおける急増は特に顕著で、オンラインでの注文が80%増加し、前年同時期よりも8.8%以上高くなっています1。しかし、これは北米に限ったことではありません。ヨーロッパでもオンラインで注文する人が増えており、eコマースを専業とするブランドは前年比で40%から80%の増加がみられます2。 新型コロナウイルス感染症が世界的に消費者の支出にどのように影響を与えているかを示すEmarsys and Good Dataのインタラクティブマップでその説明をしましょう2: * オンライン取引の前年比成長率 さらに、最近の調査によると、eコマースの売り上げの急激な増加は、オフラインからオンラインショッピングへの移行にだけに起因するものではない可能性があります。例えば、副収入や時間に余裕があることから、手持ち無沙汰な状況を解消するために、新しい活動や趣味を始める消費者がいます。これが、今後数ヶ月間のオンライン販売の増加に寄与する成長要因になる可能性があります3。もしそうならば購買行動を除き、新しく始めた持続的な習慣は、制限された生活のために消費者が受け入れたことだということなのかもしれません。これはあるブランドにとっては前向きな展開かもしれません。この展開は、新規もしくは拡大する消費者ベースを意味するかもしれないからです。これらの人々を長期的な顧客に変えたいのであれば、ブランドは積極的にアプローチしていくべきです。 年齢層間の対比 以前の記事で、異なる年齢層の人々がどのようにパンデミックに反応したかを調べ、年齢層によって違いが明確にあることがわかりました。しかし、さらに最近の調査では、パンデミックによって金銭的な影響がどの程度あったかなどの回答について、地域によっては現在行われている制限のために、年齢層間の境界が曖昧になっています4: 30〜44歳の年齢層の24% 45〜64歳の年齢層の28%…

続きを読む
Interview
Q&A:新型コロナウイルス対応について10人のリーダーに聞く

「前回の経済危機にある行動をした企業は、その転換期にさらに力をつけ、絞る焦点をより明確にして危機を脱し、リーダーシップをその後も発揮しています。そうした勝者は対応が素早く、現金を温存して他社が投資できない場合に備えていました。」  – Gartner1 ドットコムバブル、金融恐慌、そして今回の新型コロナウイルスのパンデミックにおいて、組織は何度でも危機を脱し、機会に順応し、さらに力をつけていくすべを探す必要があります。経済が不確実な時期にあり、ビジネスの戦略計画と順応する能力は、戦いや生き残りが求められるときに試されてきます。 毎年、多くの産業が手には追えない出来事によって不確実な期間を経験します。したがって、ビジネスは常にリスク管理計画を準備する必要があります。企業は「どのように脅威を軽減するか?」「どのように機会を活用するか?」「どのように持続可能に成長するか?」などの課題に取り組むことができなければなりません。   大きな危機でも生き残るために必要なもの 脅威は、デジタル・ディスラプション、M&A、セキュリティー侵害、異なるビジネスモデルの新しい競合他社、業界を変えるテクノロジー、消費者需要の変化など、数多くの形でやってきます。 ますます高まる不確実性の時代に対応する能力とは、現金の準備があることだけではありません。よく練られたビジネス戦略を実行するには、高度に機能するチームと適したテクノロジーも必要です。 危機の最中にあっては、すべての人が同じ方向へ動かなければならないので、組織は部門とその人々の足並みが揃うようにしなければなりません。この足並みを揃えるということは、自信と次のことを行う強力な経営陣のリーダーシップチームによって生まれます。 明確で、一貫性のあるビジョンや戦略を伝える 機会や脅威が起きる前に予測する 長期的な成長のため、チャンスではなく、リスクをとる 柔軟性と変化に価値を尊重する文化的なマインドセットを育てる Q…

続きを読む

DE: T +49 8442 9253 800
UK: T +44 (0)1844 214 004
FR: T +33 1 73 77 56 04
BE: T +32 3 369 37 00
NL: T +31 634185447
USA: T +1 619 736 7469
JP: T +81 3 6823 5811