<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

デジタル用語集

プロダクトマーケティングからデジタルマーケティング、マーケティングテクノロジー、商品情報管理(PIM)、プロダクトエクスペリエンス管理(PXM)、eコマースなど、企業のデジタルビジネスを支援するテクノロジーや業界用語の定義や説明をご案内します。

A-Z
ADM
Application Data Management(アプリケーション データ管理)とは、ビジネスとITのコラボレーションを支援し、ERPシステムなどのビジネスアプリケーションで使用されるデータの正確性、一貫性、ガバナンス、説明責任を確保する技術のことです。
AI
Artificial intelligence(人工知能)とは、人工知能とその基盤技術である機械学習(ML)は、商品データ管理において、自動分類、画像パターン認識、不一致検出などに利用されています。AIやMLをうまく活用するためには高いデータ品質が欠かせないため、正確で完全性が高い最新の商品情報が必要です。 
API
Application Programming Interface(アプリケーション プログラミング インタフェース)とは、2つのソフトウェアが相互に通信するためのプログラミングコードの集合体のことです。
BI
Business Intelligence は、ソフトウェアやサービスを活用し、データを実用的な洞察に変換してビジネス上の戦略的な意思決定につなげるものです。BIシステムは、現在と過去のデータを分析し、その結果をダッシュボード、グラフ、チャートなどのユーザーフレンドリーな形式で表示するため、全社で共有することができます。
BIM
Building Information Modelingとは、建築業界(AEC)のプロフェッショナル達が、橋や高速道路、トンネルなどの建物やインフラのプロジェクトにおける共同作業と管理を、より速く、より経済的に、そして環境に優しい方法で改善するためのインテリジェントな3Dモデルをベースとしたプロセスです。
Cara - Contentserv Artificial Recommendation Agent

最新のAI技術と、すべてのオンボーディングアクティビティの結果を収集・一元化したモジュールを組み合わせたものです。クラウドサービス全体からの通知をCS通知センターに取り込みます。  顧客の好みに応じたクロスセルすべき商材を容易に紐付け、予め定義されたデータモデルを活用することで迅速に設定可能です。

CloudStream
Contentservプロジェクトがパッケージ化されたものであり、2つのプロジェクト間でトランスポートしたり、Contentserv Marketplace (https://marketplace.contentserv.com/) からダウンロードすることができます。トランスポートは完全に暗号化され、Contentservクラウドを介して実行されます。
CMS

Content Management Systemは、複数の関係者がデジタルチャネルを通じてコンテンツを作成、編集、公開、管理できるようにするソフトウェアアプリケーションまたは一連のツールや機能のことです。CMSのコンテンツは通常、データベースに保存され、ウェブサイトなどの一連のテンプレートに基づくプレゼンテーション層に表示されます。 

CRM

Customer Releationship Management Systemは、顧客との関係を構築・管理するためのソフトウェアシステムのこと。企業がプロセスを合理化し、顧客関係を構築して、売上を伸ばし、顧客サービスを向上させるのに役立ちます。 

DAM

Digital Asset Management(デジタルアセット管理システム)は、顧客との関係を構築・管理するためのソフトウェアシステムのことです。企業がプロセスを合理化し、顧客関係を構築して、売上を伸ばし、顧客サービスを向上させるのに役立ちます。 

DQ

あるデータセットがエンドユーザーの定義した目的にどれだけ適しているか、また信頼できるかをはかる尺度のことです。データ主導の意思決定が可能な限り正確に行われるようにする上で関連する基準です。詳しくはこちらを参照ください。(https://www.contentserv.com/ja/data-quality-and-governance)

EAM

Enterprise Asset Management(EAM)とは、企業がアセットやインフラを管理し、その概要を把握するためのシステム、ソフトウェア、サービスの組み合わせのことです。

EClass

ISO/IECに準拠した唯一の業界標準であり、製品マスターデータの分類と明確な記述のための国際参照データ標準として確立されています。  

ECM

Enterprise Content Management (ECM)とは、Word文書、PDF、請求書、口座明細書などのビジネスクリティカルな非構造化文書の保存、管理、配布をサポートするソリューションのことです。

ERP

Enterprise Resource Planning  (ERP)とは、資本、人員、資材、供給、物流、システム、IT、モノなどのリソースを効率的に管理するための総合的な商品計画・管理システムのことです。

ETIM

European Technical Information Model (ETIM)とは、製造業者、請負業者、卸売業者が同じフォーマットで技術的な製品情報を分類、保存、共有するために世界中で使用されている分類モデルです。

ETL
Extract(抽出)、Transform(変換)、Load(読み込み)の頭文字を取ったもので、企業が複数のデータソースからデータウェアハウスやその他の統合データリポジトリにデータを収集するための3段階のプロセスを表しています。  
GDSN
Global Data Synchronization Network (GDSN)は、GS1標準によって管理されている相互運用可能なデータプールのインターネットベースのネットワークで構成されています。GDSN のデータプールでは、ライブデータの共有と取引の更新をサポートする標準に基づいて共同作業が可能です。  
GPC
Global Product Classification(GPC)とは、顧客、サプライヤー、取引先が製品をグループ化し、標準的な方法で分類することを可能にする世界的な分類システムです。   
ISO 27001
情報セキュリティの管理方法に関する国際的なセキュリティ規格。組織のセキュリティ管理の質、幅、深さを決定するためのベンチマークとして使用されており、情報セキュリティを扱うために開発された一連の規格であるISO/IEC 27000シリーズの一部です。詳細はこちらを参照ください。 (https://www.contentserv.com/ja/blog/iso-27001-certification)
MACH

MACHとは、Microservice (マイクロサービス)、API First (API ファースト)、Cloud Native (クラウドネイティブ)、Headless (ヘッドレス)とのキーワードの頭文字をとったものです。これは、企業がデジタルコマース戦略をより速く、より効率よく実行できるよう支援する、ソフトウェア開発に関するアーキテクチャのことを指します。

MAM
Media Asset Management(MAM)とは、画像や動画、グラフィック、オーディオコンポーネントなどのデジタルアセットを構造的に管理、共有、配信するためのプロセスのことです。デジタルアセット管理(DAM)の項も参照ください。
MDM

Master Data Management(MDM)により、企業は情報サプライチェーン全体にわたってデータを管理し、高品質なデータを用いたインテリジェントな意思決定を行えるようになります。詳細はこちらを参照ください。(https://www.contentserv.com/ja/master-data-management)

NPD
New Product Development(新製品開発)はコンセプトやアイデアが生まれてから市場に出るまでの、製品開発に関わるすべての段階のこと。多くの場合、順を追って各段階が進みますが、場合によっては同時に行われることもあります。
PIM
Product Information Management=PIM(商品情報管理)とは、マーケティングや販売を成功させるために必要な商品情報を迅速かつ容易に取り込み、データの完全性の検証、関連アセットとの統合管理を通じて、多様なチャネル、デバイス、文脈での商品コンテンツの公開を支援するソリューションです。PIMはより充実した顧客体験の構築、社内プロセスの最適化、パートナーネットワークの強化など、さまざまなメリットを提供します。詳しくはこちらを参照ください。https://www.contentserv.com/ja/product-information-management
PIM Admin Studio
Contentservの設定を行う直感的なユーザーインターフェースのことです。PIM Admin Studioでは、商品、SKU、バリアントなどのあらゆる種類のオブジェクトタイプを定義し、クラス、属性、値リスト、商品階層/タクソノミなどの設定と管理を行うことができます。
PDM
Product Data Management(商品データ管理)商品に関連する情報とエンジニアリングプロセスを格納する一元的なシステムのことです。PDMには、商品のライフサイクルに関連するすべてのデータを一元的に保存し、企業が商品開発プロセス全体を管理できるようにするためのツールや技術が組み込まれています。商品情報管理の項も参照ください。
PLM
Product Lifecycle Management=PLMは、商品のライフサイクル(設計、生産、成熟化/安定化、サポート、製造品の最終処分)に関わるすべてのデータを管理する戦略的プロセスです。包括的なERPソフトウェアは、PLMの重要な構成要素です。Enterprise Resource Planning (ERP)の項も参照ください。
PMDM

Product Master Data Management = PMDM(商品マスターデータ管理)は、企業が商品データ(価格、カテゴリー、説明、主な機能など)を 信頼できる 単一のバージョンとして一元的に作成し、顧客やパートナーと共有することを可能にするシステムです。PIM(商品情報管理)の項も参照ください。

Product Experience Cloud
ContentservのProduct Experience Cloudは、あらゆる顧客接点でリッチで関連性の高い、感情に訴えるコンテンツをリアルタイムに提供し、ユーザーが商品体験を設計可能にするための複数のデータ管理ソリューションを統合したプラットフォームです。詳しくはこちらでご確認ください。https://www.contentserv.com/ja/product-experience-cloud
Product Experience Community
Contentserv Product Experienceコミュニティ(PXC)は、パートナー様やユーザーの皆様が、オンラインまたは対面イベントに参加することで、ネットワークを広げ、互いの経験を交換し、お使いのContentservソリューションのリリース情報や新機能について共有する場を提供します。さらに詳しくはこちらを参照ください。https://www.contentserv.com/ja/product-experience-community
REST
REST(Representational State Transfer)は、コンピュータ科学者のRoy Fieldingによって提唱された、HTTP(Hypertext Transfer Protocol)を用いて2つのアプリケーション間でデータを交換する方法です。ステートレスで信頼性の高いウェブAPIを作成するためのガイドラインとして広く受け入れられています。
Return On Experience (ROX)
Return On Experience (ROX)とは、マーケティング担当者が顧客と自社ブランドとの関わり方を評価し、顧客体験への投資が収益にどのような影響を与えているかを測定するための指標です。  
RTIM
Realtime Interaction Management(RTIM)とは、顧客のライフサイクルの適切な瞬間に、文脈に応じて適切な体験、価値、役に立つものを、好ましい顧客接点を通じて提供する企業のマーケティング技術のことです。
SaaS
SaaSとは、「Software as a Service」の略で、クラウドで提供されるソフトウェアライセンスおよびアプリケーションの提供形態を指します。ユーザーは、インターネットを介してソフトウェアにアクセスし、Webブラウザから全ての機能にアクセスできます。安定した運用を確保するために、自前でITインフラを整備したりシステム運用組織を増強する必要はありません。
SDK

Software Development Kit(SDK)とは開発者が特定のOS用のアプリケーションを構築するために使用するツールのセットのことです。アプリケーション内の特定のモジュールを簡単に作成するためのライブラリ、サンプルコード、関連文書、APIなどが含まれています。Application Programming Interface(アプリケーションプログラミングインターフェース)」も参照ください。

Single Source of Truth (SSOT)

Single Source of Truth =SSOT(信頼できる唯一の情報源とは、組織内の異なるシステムからのデータを単一の場所に集約することを保証するために使用される概念です。商品情報管理(PIM)ソリューションは、商品情報の信頼できる唯一の情報源として機能し、単一のプラットフォームで商品情報のアップロード、検証、管理、公開を行う機能を提供します。商品情報管理(PIM)の項もご覧ください。

SKU

SKU(Stock-keeping Unit)とは、通常、文字と数字で構成され、サイズや色などの商品属性を含む明確な番号のことです。

Time to market(TTM)
商品の構想が生まれて市場で販売されるまでの期間のデス。この概念は、商品開発の重要な指標の1つであり、商品を販売するあらゆるビジネスにとって優先度の高いものです。
Time-to-value(TTV)
投資の効果測定の尺度で、具体的には、購入してから価値が出始めるまでの時間を指します。  
Translation Management System(TMS)
Translation Management System(翻訳管理システム)とは、翻訳プロセスの一部を自動化し、ローカリゼーションのワークフローを最適化し、翻訳者の効率を最大化するソフトウェアです。詳しくはこちらを参照ください。https://www.contentserv.com/ja/global-translation-and-localization
Translation Memory System(TMS)
Translation Memory System(翻訳メモリシステム)とは、過去に翻訳したコンテンツのデータベースのことです。これにより、企業は過去の翻訳を再利用し、プロジェクト全体の一貫性を向上させることができます。詳しくはこちらを参照ください。https://www.contentserv.com/ja/global-translation-and-localization
XML
W3Cによって管理されている、埋め込みタグを使ってデータを記述するためのマークアップ言語です。HTMLと似ていますが、あらかじめ定義されたタグはなく、ユーザーが独自のマークアップ言語を定義することができます。
UI
User Interface =UI(ユーザーインターフェース)とは、商品のエンドユーザーがデジタル製品、ソフトウェア、ハードウェアデバイスとやりとりするためのあらゆる手法のことです。ソフトウェアソリューションにおいては、UIデザインはユーザーと操作対象の間のインタラクションを可能な限り容易にするものであることが望まれます。
UX
User Experience=UX(ユーザーエクスペリエンス)は、エンドユーザーと企業とのインタラクションのあらゆる側面、すなわちサービス、プロモーション、人材、商品、他の購買者の評価などが含まれます。  
ア行
アナリティクス
データの文脈におけるアナリティクスとは、データの傾向、指標、関連するパターンを見つけるために、未処理の情報源を発見することを意味します。企業はアナリティクスを利用して、プロセスを最適化し、より正確な意思決定を行っています。
アプリケーション データ管理(ADM)
ビジネスとITのコラボレーションを支援し、ERPシステムなどのビジネスアプリケーションで使用されるデータの正確性、一貫性、ガバナンス、説明責任を確保する技術のことです。ERPの項参照ください。
アプリケーション プログラミング インタフェース(API)
2つのソフトウェアが相互に通信するためのプログラミングコードの集合体のことです。
アップセル
顧客の購買意欲を高め、購入した商品のプレミアム版やアップグレード版を購入してもらうことを目的とした販売手法のことです。適切なタイミングで、適切な商品情報を提供することで、企業は潜在顧客に対し、より高価格の製品を購入するよう促すことができます。 
アセット
個人、法人、政府によって所有され、将来に利益をもたらすと期待される、有形・無形のあらゆる価値のあるリソースのことです。
一括編集
多数のエンティティ間で一貫性を保ちながら、異なるアセットを一度に修正する機能のことです。
エンタープライズアセット管理(EAM)
エンタープライズアセット管理(EAM)とは、企業がアセットやインフラを管理し、その概要を把握するためのシステム、ソフトウェア、サービスの組み合わせのことです。
エンタープライズアコンテンツ管理(ECM)
エンタープライズアコンテンツ管理(ECM)とは、Word文書、PDF、請求書、口座明細書などのビジネスクリティカルな非構造化文書の保存、管理、配布をサポートするソリューションのことです。
エンタープライズリソース プラニング (ERP)
エンタープライズリソース プラニング (ERP)とは、資本、人員、資材、供給、物流、システム、IT、モノなどのリソースを効率的に管理するための総合的な商品計画・管理システムのことです。
エンドポイント
ネットワーク上の端末やゲートウェイとなる機器のことで、パソコン、ノートパソコン、携帯電話、IoT(Internet of things)機器、サーバーなどが挙げられます。 
エンリッチメント
企業の既存のデータベースを更新したり追加情報を統合するプロセスを指す一般的な用語。データ中心の現代社会においては、ビジネスを成功させるための基本的な要素です。
オムニチャネル
オムニ・チャネルとも表記され、オンライン・オフラインを問わず、複数のチャネルでシームレスかつ統合された顧客体験を提供するリードナーチャリングおよびユーザーエンゲージメントアプローチのこと。(例:モバイルアプリ、ソーシャルメディア、Eメール、実店舗など)詳しくはこちらをご覧ください。(https://www.contentserv.com/ja/blog/omnichannel-is-evolved
オンボーディング
オンボーディングとは、データをデジタル化する作業のことです。PIMシステムで使われる場合、様々なソースから商品データをPIMシステムに取り込み、統合することを意味しています。データ オンボーディングの項も参照ください。
オンライン カタログ
デジタル・カタログとも呼ばれ、企業の商品またはサービスのリストを購入者が利用できるようオンラインで提示したもの。紙のカタログとは異なり、企業は自社商品をすべて紹介でき、強力な検索技術、ショッピング機能、オンライン・コンテンツを有しています。
カ行
階層
重要度に応じて項目をランク付けするシステムのことです。カテゴリー階層と組織階層があります。
カスタマーリレーションシップマネジメント(CRM)
顧客との関係を構築・管理するためのソフトウェアシステムのことです。企業がプロセスを合理化し、顧客関係を構築して、売上を伸ばし、顧客サービスを向上させるのに役立ちます。 
ガバナンス
企業のデータ資産を管理するためのアプローチを指す一般的な用語です。データガバナンスの項も参照ください。
クラス
商品の基本構成を定義するものです。商品に付与された各クラスによって、より正確な定義を持たせることが可能です。クラスには複数のレベルがあり、組み合わせて使用することができます(例:商品、単一品目) 。
クレンジング
データセット、、データベースなどから、不正確なものや無関係なデータ、破損したデータを検出し、修正するプロセスのことです。こうしたデータは、修正、置換、結合、削除されます。  
コネクター
2つ以上のシステム間のAPI接続を行うソフトウェアモジュール。API接続の複雑さを回避することができます。 
コンテンツ管理システム(CMS)
複数の関係者がデジタルチャネルを通じてコンテンツを作成、編集、公開、管理できるようにするソフトウェアアプリケーションまたは一連のツールや機能のことです。CMSのコンテンツは通常、データベースに保存され、ウェブサイトなどの一連のテンプレートに基づくプレゼンテーション層に表示されます。 
コンテンツパーソナライゼーション
ターゲットオーディエンスの購買意図、関連性、個別のニーズに基づいて、関連性の高い、ユニークでカスタマイズされたコンテンツを作成し、配信するプロセスのことです。詳しくはこちらを参照ください。(https://www.contentserv.com/ja/content-personalization)
コンテクスト
文脈を指す一般的な用語です。ソフトウェアは、カスタマイズされたシームレスで適応性のあるデジタル体験を支える文脈最適化(コンテクスチュアライゼーション)とパーソナライゼーションの概念に依存しています。パーソナライゼーションの項もご覧ください。  
ゴールデンレコード
データ管理者が複数システムおよび情報源から、データの照合と統合、クレンジングを行って作成した、もっとも信頼性の高い一貫性のある最新で完全なデータのことです。最新の状態に変更・更新されたデータを継続的に照合し、更新前後のデータを常に照合することで、ゴールデンレコードを改善します。
機械学習(Machine Learning)
機械学習(Machine Learning)とは、人工知能(AI)およびコンピュータサイエンスの一分野であり、アルゴリズムを使用して、大量のデータからパターンを特定し、予測を行う機能です。この学習方法により、プログラミングされなくても、機械が特定のタスクを実行できるようになります。人工知能(AI)の項も参照ください。
サ行
サイロ
重要なデータや情報をあるグループ(部門や事業部)だけが保有し、同じ企業内の他のグループが容易にアクセスできない状態を指します。データサイロは、透明性、効率性、正確性、信頼性の欠如を意味します。
サプライヤーデータ
サプライヤーデータとは、データサプライヤーから提供されるあらゆるデータを指します。商品情報管理(PIM)は、サプライヤーデータを簡単に管理し、エンリッチメントさせるために不可欠なツールとして機能します。詳細はこちらをご覧ください。https://www.contentserv.com/ja/master-data-management
参照データ
機能横断的な企業の取引に関連する値を定義するもの(例:測定単位、固定換算レート、カレンダー構造など)です。参照データ管理は、データフィールドを定義し、それを共通言語に「翻訳」することで、データを一貫して分類し、データの品質を保証することを目的としています。 
属性
製品を説明するデータフィールドのことです。各製品は通常、識別番号、名称、説明、色、価格など様々な属性で構成されています。
新製品開発(NPD)
新製品開発(New Product Development)はコンセプトやアイデアが生まれてから市場に出るまでの、製品開発に関わるすべての段階のことです。多くの場合、順を追って各段階が進みますが、場合によっては同時に行われることもあります。
シンクロナイゼーション(同期)
2つ以上のものを同時に操作することを指します。データ同期は、2つ以上のデータベースやデータストレージシステム間でデータの一貫性を保つことを可能にします。  
照合と統合
データの照合と統合、クレンジングを行ってゴールデンレコード(最も信頼性の高い完全なデータ)の作成を言います。詳しくはこちらをご覧ください。(https://www.contentserv.com/ja/data-onboarding-and-consolidation
商品データ
商品に関するすべての情報(タイトル、画像、カテゴリ、説明など)で、特定のフォーマットに構造化することができるものです。商品データ管理の項も参照ください。
商品データ管理(PDM)
商品データ管理(PDM)とは、商品に関連する情報とエンジニアリングプロセスを格納する一元的なシステムのことです。PDMには、商品のライフサイクルに関連するすべてのデータを一元的に保存し、企業が商品開発プロセス全体を管理できるようにするためのツールや技術が組み込まれています。商品情報管理の項も参照ください。   
商品コンテンツの強化
商品情報とデジタルアセットを活用し、企業がデータ品質を改善し、商品の認知度を高め、商品説明、デジタルアセット、リッチメディア、製品バンドル、キット、アップセルなどを含む360度のビューを実現できるようにすることです。詳細はこちらを参照ください。https://www.contentserv.com/ja/product-content-enrichment
商品コンテンツのシンジケーション

様々なマーケットプレイスやeコマースプラットフォームのそれぞれに異なる要件に準拠しながら、商品データを配信することを指します。シームレスなデータ同期により、企業のグローバル展開と収益拡大を可能にします。詳細はこちらを参照ください。https://www.contentserv.com/ja/product-content-syndication

商品情報管理(PIM)
商品情報管理(PIM)とは、マーケティングや販売を成功させるために必要な商品情報を迅速かつ容易に取り込み、データの完全性の検証、関連アセットとの統合管理を通じて、多様なチャネル、デバイス、文脈での商品コンテンツの公開を支援するソリューションです。PIMはより充実した顧客体験の構築、社内プロセスの最適化、パートナーネットワークの強化など、さまざまなメリットを提供します。詳しくはこちらを参照ください。https://www.contentserv.com/ja/product-information-management
商品マスターデータ管理(PMDM)
企業が商品データ(価格、カテゴリー、説明、主な機能など)を信頼できる単一のバージョンとして一元的に作成し、顧客やパートナーと共有することを可能にするシステムです。商品情報管理の項も参照ください。
商品のライフサイクル管理(PLM)
商品のライフサイクル(設計、生産、成熟化/安定化、サポート、製造品の最終処分)に関わるすべてのデータを管理する戦略的プロセスです。包括的なERPソフトウェアは、PLMの重要な構成要素です。Enterprise Resource Planning (ERP)の項も参照ください。
ショッパブルコンテンツ

ショッパブルコンテンツとは、消費者がリアルタイムで閲覧しているコンテンツか ら す ぐ に 商 品 を 購 入で き る よ う な 、直 接 的 な 購買 機 会 を 提 供 す る コ ン テ ン ツ( 画 像 、記 事 、動 画な ど )の こ と で す 。 詳しくはこちらを参照ください。https://www.contentserv.com/ja/blog/why-shoppable-content-matters

重複排除
データの過剰なコピーを排除し、情報が冗長化することによる影響を減らして、不要なストレージ容量を削減するプロセスのことです。
人工知能(AI)
人工知能(AI)とその基盤技術である機械学習(ML)は、商品データ管理において、自動分類、画像パターン認識、不一致検出などに利用されています。 AIやMLをうまく活用するためには高いデータ品質が欠かせないため、正確で完全性が高い最新の商品情報が必要です 。 
スケーラビリティ

スケーラビリティとは、ビジネスの成長などによってさまざまな負荷が増加した際、プロセスやソフトウェア、ネットワーク、データベース、または組織などにおいて規模の拡大が容易である、またはそれを管理する能力のことです。スケーラブルと表現されるビジネスや技術は、ユーザーやクライアントのニーズや要求の変化に適応しやすいという利点があります。

ソフトウェア開発キット(SDK)

ソフトウェア開発キット(SDK)とは、開発者が特定のOS用のアプリケーションを構築するために使用するツールのセットのことです。アプリケーション内の特定のモジュールを簡単に作成するためのライブラリ、サンプルコード、関連文書、APIなどが含まれています。Application Programming Interface(アプリケーションプログラミングインターフェース)」も参照ください。

スタック

ソフトウェアまたはテクノロジースタックとは、アプリケーションをサポートするために一緒に動作するコンポーネントのコレクションのことです。通常、フロントエンド(クライアントサイド)とバックエンド(サーバーサイド)という等しく重要な2つの要素で構成されています。   

タ行
タクソノミ(分類法)
企業の商品を体系的に分類する方法です。一貫した構造を作るのに有効なほか、大量のデータを読みやすく識別しやすい形に分類するのにも使われます。  
ダッシュボード
さまざまなデータセットからの関連情報を監視、分析、抽出するために集約された、インタラクティブで視覚的なユーザーインターフェースのことです。
データ
未処理の情報であり、1つまたは複数の対象に関する定性的または定量的な変数の値の集合のことです。
データオンボーディング
マーケティングのニーズに応えるために、オフラインの顧客データをオンライン環境にアップロードする技術的なプロセスのことです。その後、データは結合され、分析に使用されます。詳しくはこちらを参照ください。https://www.contentserv.com/ja/data-onboarding-and-consolidation
データウェアハウス
業務システムや外部のデータソースからの情報やデータを格納する中央レポジトリのこと。データは、インサイトを生成し、分析を実行するために使用されます。データレイクが生のデータを保存するのに対し、データウェアハウスは通常、構造化され事前定義されたデータを扱います。データレイクの項も参参照ください。
データガバナンス
データガバナンスとは、企業のデータ資産を管理するためのアプローチのことです。組織のデータの様々な側面について誰が責任を持ち、またデータがどのように使用され、構造化され、保存されるか、従うべきルールを定義します。詳細はこちらを参照ください。https://www.contentserv.com/ja/data-quality-and-governance
データハブ
定義された複数のソースからのデータが入力されたデータベースであり、そこからさらに複数のアプリケーションにデータが送り込まれます。(商品データハブは、データハブの一例) 
データ品質
あるデータセットがエンドユーザーの定義した目的にどれだけ適しているか、また信頼できるかをはかる尺度のことです。データ主導の意思決定が可能な限り正確に行われるようにする上で関連する基準です。詳しくはこちらを参照ください。https://www.contentserv.com/ja/data-quality-and-governance
データシンジゲーション
企業内の製品データフローを最適化し、適切なデータを適切なタイミングで適切な顧客接点に提供するための手法のことです。
データスチュワード
データガバナンス・プロジェクトにおいて主導的な役割を担い、データポリシーや標準をスチュワードの領域内で確実に実践する責任を持つ者のことです。
データスチュワードシップ
企業のデータアセットを管理・監督し、ユーザーが簡単にアクセスでき、一貫性のある高品質なデータを提供できるように支援することです。データスチュワード、データガバナンスの項も参照ください。
データモデル
システム内の製品の基本となるデータ構造を定義するものです。最上位の分類から、個々の属性やプロパティに至るまで、商品を識別します。
データプール
商品データにおいては、取引相手(流通業者、小売業者、サプライヤーなど)が商品に関する情報にアクセスし、標準形式で管理、交換できるデータの集中リポジトリのことです。データレイクの項も参照ください。
データレイク
必要になって処理されるまで、構造化されたデータも非構造化データも、生のまま自然な形で、データを保存するものです。データプールの項も参照ください。
データ統合
複数のソースからデータを収集、クリーニング、検証し、単一の場所(通常はデータベース)に格納するプロセスのことです。これにより、企業はビジネスプロセスを効果的に計画、実行し、情報に基づいた意思決定を行うことができます。詳細はこちらを参照ください。 (https://www.contentserv.com/ja/data-onboarding-and-consolidation)
デジタルアセット

デジタルアセットとは、デジタルで保存され、使用する権利が付属しているあらゆる資料のことです。ビデオ、ロゴ、アニメーション、GIF、オーディオファイル、プレゼンテーション、Office文書などが挙げられます。詳細はこちらを参照ください。 (https://www.contentserv.com/ja/digital-asset-management)

デジタルアセット管理(DAM)

デジタルアセット管理(DAM)システムは、顧客との関係を構築・管理するためのソフトウェアシステムのことです。企業がプロセスを合理化し、顧客関係を構築して、売上を伸ばし、顧客サービスを向上させるのに役立ちます。 詳細はこちらを参照ください。 (https://www.contentserv.com/ja/digital-asset-management)

デジタルトランスフォーメーション
デジタル技術を戦略的に統合し、新しいビジネスプロセスを構築したり、既存のビジネスプロセスを変えて市場の要求に応えることです。データ分析からクラウドコンピューティングまで、常に進化し続けるさまざまな分野の交わりを表しています。 
ダッシュボード
さまざまなデータセットからの関連情報を監視、分析、抽出するために集約された、インタラクティブで視覚的なユーザーインターフェースのことです。
ナ行
ナビゲーション

ナビゲーションとは、もともと航行、航法、航海(術)、運行指示などの意味をする用語ですが、インターネット分野では、Webサイトの訪問者が、サイト内で目的のコンテンツを探したり、サイト内の他のコンテンツを見て回遊したりするために設置されたリンクのことを指します。商品情報管理(PIM)は、システムは、あらゆる商品にかかるデータを一元管理システムであり、ユーザーがすぐに使えて、直感的なナビゲーションであることが求められます。詳しくはこちらをご覧ください。https://www.contentserv.com/ja/blog/pim-deep-dive

ハ行
バイサイド
投資信託、ヘッジファンド、年金基金、保険会社などの機関投資家のこと。バイサイドは、通常、自己勘定または投資家のために有価証券を購入し、リターンを得ることを目的としています。   
パーソナライゼーション
特定の個人やグループに合わせてサービスや製品を調整するマーケティング戦略のこと。パーソナライズされた体験を提供するには、ユーザーのニーズ、欲求、行動を反映させる必要があり、それによってより熱心な顧客とコンバージョンを生み出すことができます。詳細はこちらをご覧ください。(https://www.contentserv.com/ja/content-personalization)  
バージョン管理
バージョン管理とは、データセットの異なるバージョンを作成・管理し、トレーサビリティとコンプライアンスのためのシームレスな監査証跡(Audit Trail)を生成することです。
バリアント
カタログ内の同じ品目のバリエーションのことです。PIMデータモデルで定義されるPIMオブジェクト(構造と属性に関して)には、バリアントとして知られる商品、SKUとして知られる商品、アシストオブジェクト、チャネルオブジェクトが含まれます。
ビジネスインテリジェンス(BI)
ソフトウェアやサービスを活用し、データを実用的な洞察に変換してビジネス上の戦略的な意思決定につなげるものです。BIシステムは、現在と過去のデータを分析し、その結果をダッシュボード、グラフ、チャートなどのユーザーフレンドリーな形式で表示するため、全社で共有することができます。
ビジネスルール
企業のワークフローに必要な条件ロジックを組み込んで、ビジネス活動を定義したり、制約したりする指示のことです。これらのルールでは、期待値を設定したり、意思決定をガイドしたり、コンプライアンスを監視するなど、企業の業務の自動化をサポートします。  
ビルディング インフォメーション モデリング(BIM)
ビルディング インフォメーション モデリング(BIM)とは、建築業界(AEC)のプロフェッショナル達が、橋や高速道路、トンネルなどの建物やインフラのプロジェクトにおける共同作業と管理を、より速く、より経済的に、そして環境に優しい方法で改善するためのインテリジェントな3Dモデルをベースとしたプロセスです。
分類
ある対象物(例:物品、製品)をカテゴリとサブカテゴリのような階層的なシステムに割り当てることです。
ヘッドレスCMS
ヘッドレスコンテンツ管理システムまたはヘッドレスCMSは、企業がAPIを介してコンテンツのアップロード、編集、公開ができるようになるバックエンド専用のコンテンツ管理システムです。詳しくはこちらを参照ください。(https://www.contentserv.com/ja/headless-cms-integration) アプリケーション プログラミング インタフェース(API)の項も参照ください。
ヘッドレスコマース
オンラインストアのフロントエンドとバックエンドを切り離すことができるeコマースへのアプローチのことです。ヘッドレスストアでは、この2つが互いに独立して動作し、APIを介して通信します。
アプリケーション プログラミング インタフェース(API)の項も参照ください。
翻訳メモリシステム(TMS)
翻訳メモリシステム(Translation Memory System)とは過去に翻訳したコンテンツのデータベースのことです。これにより、企業は過去の翻訳を再利用し、プロジェクト全体の一貫性を向上させることができます。詳しくはこちらを参照ください。https://www.contentserv.com/ja/global-translation-and-localization
プロダクトエクスペリエンス(PX)
ユーザーエクスペリエンス全体のサブセットで、ユーザーや顧客が商品を使用する際の経験を指し、彼らの期待、願望、ニーズ、思考、感情をどれだけうまく実現できるかを意味します。ソフトウェア業界では、PXはカスタマージャーニーのうち、アプリケーションの中で行われる部分を表します。 
プロダクトエクスペリエンス管理(PXM)
プロダクトエクスペリエンス管理(PXM: Product Experience Management)は、従来のPIMシステムをパーソナライズされた商品体験エンジンに変換します。このエンジンによって、チャネル、場所、ニーズに基づいてパーソナライズされた商品コンテンツをお客様の文脈に合わせて提供し、エモーショナルなつながりを生み出します。さらに詳しくは、こちらを参照ください。 https://www.contentserv.com/ja/product-experience-management
Title
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.
Title
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.
マ行
マーケットプレース
顧客とサードパーティの販売者をつなぐeコマースプラットフォームのことです。出品者が商品を出品できるようにする見返りとして、マーケットプレイス側は、売上高の一定割合、または定額の手数料を徴収します。 
マスターデータ管理(MDM)
マスターデータ管理(MDM)により、企業は情報サプライチェーン全体にわたってデータを管理し、高品質なデータを用いたインテリジェントな意思決定を行えるようになります。詳細はこちらを参照ください。(https://www.contentserv.com/ja/master-data-management
マッチング
収集された2つのデータセットを比較する作業のことです。マッチングデータの整合性を確保するために、データベース間で行うことができます。
メディアアセット管理(MAM)
メディアアセット管理(MAM)とは、画像や動画、グラフィック、オーディオコンポーネントなどのデジタルアセットを構造的に管理、共有、配信するためのプロセスのことです。デジタルアセット管理(DAM)の項も参照ください。
メタデータ管理
企業がデジタルアセットからビジネス価値を最大限に引き出すための方針と手順を確立するための規律のことです。基本的なメタデータの例としては、日付、作成者、ファイルサイズ、キーワードなどがあります。 
マスターデータ管理(MDM)
マルチチャンネルパブリッシングとは、Webサイト、ECショップ、デジタルサイネージ、デジタルカタログ、印刷カタログ、チラシなど、オンラインとオフラインの複数のチャンネルやプラットフォームでコンテンツを同時に公開することを指します。詳しくはこちらをご確認ください。(https://www.contentserv.com/ja/multichannel-publishing
ヤ行
ユーザー
ネットワークサービスやソフトウェアを利用する人のことです。ユーザーは通常、ユーザーアカウントとユーザー名を持ちます。  
ユーザーインターフェース(UI)
商品のエンドユーザーがデジタル製品、ソフトウェア、ハードウェアデバイスとやりとりするためのあらゆる手法のことです。ソフトウェアソリューションにおいては、UIデザインはユーザーと操作対象の間のインタラクションを可能な限り容易にするものであることが望まれます。
ユーザーエクスペリエンス(UX)
エンドユーザーと企業とのインタラクションのあらゆる側面、すなわちサービス、プロモーション、人材、商品、他の購買者の評価などが含まれます。
ラ行
リアルタイム インタラクション マネジメント

リアルタイム インタラクション マネジメント(RTIM:Real-Time Interaction Management) とは、顧客のライフサイクルの適切な瞬間に、文脈に応じて適切な体験、価値、役に立つものを、好ましい顧客接点を通じて提供する企業のマーケティング技術のことです。

ローカリゼーション

ローカリゼーションとは、特定の地域や市場、文化のニーズに合わせて、商品、サービス、コンテンツをカスタマイズするプロセスのことです。ローカライゼーションは、実店舗やオンラインショップなど、海外販売を展開する企業にとって有益です。詳細はこちらをご覧ください。(https://www.contentserv.com/ja/global-translation-and-localization

ワ行
ワークフロー
ある作業が完了するまでの一連のプロセスのことです。Contentservのソリューションでは、商品自体が業務の一部ですプロダクトのステータスも、Active、Published、Inactiveなどワークフローで管理されます。