<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

プロダクトエクスペリエンス管理
の第一歩はPIM

ブログの更新情報を受け取る

プロダクトエクスペリエンス管理の第一歩はPIM

ある商品が売れるかどうかは商品の情報次第です。文章のささいな部分から画像の形式まで、あらゆるビジネスにおいて販売という観点から商品コンテンツは重要な役割を果たします。しかし、商品コンテンツがビジネスの成功の基礎の1つであるということは普遍的に受け入れられているにもかかわらず、そのポテンシャルを最大限発揮できるように包括的かつインテリジェントに使用することは困難です。最終的に商品コンテンツから期待どおりの結果を得られない理由は以下のとおりです。 

  • 商品データを管理するソリューションが存在しない 
  • ソリューションはあるが、十分に堅牢ではない 
  • ソリューションはあるが、商品体験の提供に焦点を当てた設計ではない 

では、商品データを最大限活用するために、企業にできることは何でしょうか。特にデータ管理、つまり数千から数十万のデータを取り扱う場合に何ができるでしょうか。その答えは、データ管理ソフトウェアの導入にあります。 

商品情報管理(PIM

商品情報管理(PIM)とは、リッチで正確、かつ包括的でチャネルに対応した商品コンテンツを簡単に管理し、いつでもどこでも提供することができるデータ管理ソリューションです。商品データを管理するためにPIMソリューションを導入することは、リッチな商品コンテンツがもたらすメリットを得る上で鍵となります。 

しかし、PIMを導入するだけでは十分ではありません。消費者は簡単でシームレスな購買体験を求めています。商品が求めているものかどうか正確に知るためには、リッチで正確な最新の情報にアクセスする必要があると考えています。さらに、消費者には選択肢があります。商品体験が満足できるものではない場合、別の販売者に簡単に切り替えることができます。 

したがって、消費者に卓越した体験を提供することが必要不可欠です。競合他社と比較して消費者に選ばれるような感情的なつながりを創出することがその第一歩です。そのためには、顧客の求めるものは何か、どのように、そしていつ提供してほしいのかを予測できる必要があります。そして、すでに手元にあるデータを使用して実現する必要があります。これは、PIMだけでは実現できないことです。そこでPXMの出番です。 

プロダクトエクスペリエンス管理(PXM)

プロダクトエクスペリエンス管理とは、適切なチャネル、ロケーション、ニーズに応じた商品コンテンツの管理と文脈化を指します。PXMにより、(PIMで管理されている)商品情報を消費者のチャネル、ニーズ、ロケーションに基づいて文脈化して提供することが可能になります。

コンテクストに応じたPXM 

  • プロモーション。社内の業務プロセスを合理化し、ワークフローを自動化することにより、マーケティングチームはプロモーション戦略の策定に集中し、市場への商品の投入をより迅速に行うことができます。その結果、将来のイベントやターゲットとなるオーディエンスに対応した時期に合わせて商品を準備し、プロモーションを行えます。これにより売上を増加させつつ、いつ何を必要としているかを分かっていると消費者に感じてもらえます。 
  • レコメンデーションとバンドリング。バンドリングとは、買い物客が選択した商品を補完する関連商品をクロスセルまたはアップセルする機会です。バンドリングは、顧客のニーズを解決するためのレコメンデーションや追加商品として提案することができます。PXMを使用すると、イベント、プロモーション、キャンペーンに応じて商品のバンドリングを簡単に実施することができます。 
  • キャンペーン。PXMでは、外部コミュニケーション(印刷物やターゲティングEメールキャンペーンなど)において、さまざまな商品群を組み合わせることが可能なため、1年のうちの特定の時期に商品面の情報を伝えるメッセージを送ることができます。 
  • オムニチャネルでの公開。PXMを利用すれば、さまざまなチャネルに最適化された商品の提示が可能です。商品情報に販売方法とマーケティングの観点を組み合わせることにより、顧客に伝えたいプロモーション内容や改善点に関連した情報をさまざまなチャネルで一貫して配信することができます。 
  • 分析。インテリジェントなPXMシステムは、商品のパフォーマンスを評価し、結果を確認する機能を備えています。これにより、オーディエンスに提示すべき商品とその適切なタイミングを社内のマーケティング担当者が判断することがより簡単になります。また、市場に投入する商品に対してテストを実施することができるため、これらのインサイトは顧客の商品体験の継続的な改善にも使用できます。 

顧客との感情的なつながりを強く求める企業にとって、PXMソリューションの導入は必要不可欠です。PXMは、商品情報がリッチで最新であるというだけではなく、顧客を引き付けるような体験を提供する方法なのです。商品を提供するだけではありません。体験とニーズを通してつながりを創出するため顧客に選ばれるのです。 

PIM - 基本機能と
次世代型への進化

本書では、優れたプロダクト・エクスペリエンスを実現するための基盤である商品情報管理(PIM)活用の基本を解説しています。