<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

越境ECのチャンスを
最大限に活用するために

1 minute read
ブログの更新情報を受け取る

越境ECのチャンスを最大限に活用するために

eコマースは世界中でますます盛んになっています。大都市に住んでいようと、辺境に住んでいようと、多くの人がオンラインで商品を探すようになりました。しかもどこにいたとしても、自国のブランドが提供する商品や価格を比較するだけではありません。たとえそれが海外にあるウェブサイトであっても、最もお得な商品を探すという点皆共通しています 

2022年には、越境ECがEC市場全体の22%を占めると推定されています。2016年の同数値は15%でした。

このことは、ブランドにとって越境ECの可能性を探る強力な動機となります。また、eコマース市場全体が成長しているという事実もあります。2020年、世界のeコマース売上高は4兆2,800億米ドルに達しましたが、この数字は、2022年には5.4兆ドルにまで成長すると予測されています。

つまり、越境ECは、年々拡大する市場において、より大きなシェアを獲得するチャンスでもあるのです 

越境ECの課題は何か 

越境ECを推進していくべきという主張がそれほど説得力を持つのであれば、なぜもっと多くのブランドが越境ECを展開しないのでしょうか。その大きな理由は、慣れ親しんだ現地市場の快適さとは違い、国境を越えた冒険をすることには様々な困難があるからです。文化的要因、物流上の問題、現地のビジネス状況、さらに一般的には、何がわからないかがわからないということもすべて関わってきます。 

こうした問題の中には、特定分野に特化したものや、Brexitの影響で英国ブランドが経験したような、特定の国のビジネスに影響を及ぼすものもあります。しかし、これからご紹介するように、その他の問題は普遍的なものであり、越境ECへの投資が実を結ぶためには、すべて真剣に検討する必要があります。 

越境ECの課題トップ5

ここでは、ブランドがeコマースで新しい市場に進出する際に確認すべき5つの質問をご紹介します。 

1.お客様が使いたい通貨は何か 

消費者は、注文した商品がいくらかかるのか、素早く直感的に理解できなければ他の店に移る可能性が格段に高くなります。ショッピングカートを放棄した消費者の5人に1人は、購入を完了しなかった理由として、価格が不明確であることを挙げています。  

新しい地域をターゲットにする前に、ブランドは、Amazonが提供しているような、現地通貨での価格表示と自動変換機能を備える必要があります。 

2. お客様が希望する支払い方法は何か 

お客様に複数の支払い方法を提供することは、販売プロセスを容易にし、ひいては売上を増やすことにつながります。デジタルウォレット、クレジットカード、デビットカード、銀行振込、Apple Pay、PayPalなどは国境を越えて利用できますが、オランダのiDEALなど、異なる市場に特有の支払い方法も考慮する必要があります。 

また、地域毎の支払い方法を提供するだけでなく、海外市場で新たに提供される支払い方法にも注意を向け、必要に応じて採用を検討する必要があります。ここは、eコマースの世界では驚くほど早く変化する分野です。 

3. フルフィルメントやロジスティクスの課題は何か 

国際輸送はコストが高く、複雑です。また、例えばいつ船がスエズ運河を塞いでしまうか誰にも分からないため、予測不可能な部分があります。さらに、Covid-19のパンデミックは、貿易の崩壊に続いて、世界がロックダウンから解放されたことで需要が急増し、世界中のサプライチェーンを混乱に陥れました。  

ブランドは、これらの要素を考慮しながら、利益に影響するようなコストを発生させることなく、顧客に商品を届けることができるかどうかを確認してかなければなりません 

4. 返品に対する最適なアプローチは何か 

オンラインショッピングを利用する人のうち、10人中9人は、購入を確定する前にブランドの返品規定を確認しています。彼らには、そうする正当な理由があります。例えば、ファッションの分野では、消費者が複数の商品を購入し、気に入らないものやサイズが合わないものを返品することは、今や当たり前のこととなっているからです 

企業にとってはコストになりますが、国境を越えて販売する場合でも、ここはやはり消費者の行動に合わせた方が良いでしょう。返品規定を設けることで、オンラインショップの利用者を説得し、購入につなげることができるのです。さらに、ブランドは、返品規定を競争上の優位性とし、顧客ロイヤルティ・顧客維持を強化する方法として活用することができます。

UPS は、商品の返品を許可すること、特に無料返品は、消費者が国境を越えた販売者から購入することを促進することができると述べています 

jp-blog-make the most of cross-border ecommerce

5.翻訳・ローカライゼーションにどれだけの投資をすべきか

例えばドイツ語圏以外の読者にもわかるようにするために、翻訳やローカライゼーションにどれくらいの投資をすればいいのでしょうか。もちろん、お客様のリソースにもよりますが、越境ECを推進したいと考えるのであれば、どのブランドもしっかりとした翻訳・ローカライズ戦略が必要です。 

これは、文化や言語の微妙な違いを理解することを意味します。アメリカ人、カナダ人、イギリス人、オーストラリア人はみな英語を話しますが、それぞれの国民がどのように英語を使うかにはニュアンスの違いがあるのです。 

具体的には、ブランドは次のことをする必要があります。 

  • ローカライズチームの設立:製品情報、カタログ、画像など、商品コンテンツの翻訳とローカライズを管理するチームです。プロジェクトリーダーは、コンテンツのガイドラインを監督し、翻訳するコンテンツを選択します。ローカライゼーションチームには、その分野に関する十分な知識と、地域ごとの文化的なニュアンスを認識することが求められます。 
  • 適切なツールを入手する。ブランドは、チームがウェブサイトやEコマース・プラットフォームにまたがる商品情報を容易に管理できるシステムを導入する必要があります。越境ECを拡大していくためには、商品データ、寸法、通貨などを多言語で効率的に管理しなくてはなりません。 

最後に

もし、貴社が上述の課題に対応できると確信されているのであれば、売上と収益を上げるための方法として、越境ECを検討する時期です。しかし、その前に最後の質問です。ここは一歩下がって、正しい戦略と正しいテクノロジーの両方を備えているか、特にデータ管理の点で課題はないか確認する時ではないでしょうか?  

PIMで越境ECの可能性を
探りましょう。