<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

2020年人気記事5選

1 minute read
ブログの更新情報を受け取る

2020年人気記事5選

2020年、多くの方に読んでいただいた記事です。特にD2C、COVID -19 による消費者の行動変化、eコマースに関連したコンテンツの反響が大きく、顧客体験に関する2019年のブログ記事もランクインしています。 この機会にぜひご一読ください。

1. 成功のために最も重要なD2C戦略

ハイライト: "整合性のとれたオンライン購買体験は、優れたD2Cモデルの鍵となります。Accenture社によると、ミレニアル世代の消費者の68%がチャネルを問わず統合されたシームレスな購買体験を求めています"

Direct-to-Consumer(D2C)戦略は新しいものではありません。伝統的な小売は競争がますます激しく、数も過剰になったため、消費者は購買方法を変え始めました。ブランドはこの時点で、増加する顧客の要求や消費者行動の変化に適応するためには、顧客データにアクセスする必要があると気づきましたが、従来の小売戦略では簡単に実現できるものではありませんでした。そのため、この10年間でD2Cアプローチに対する新たに機運が高まりました。ブランドはデジタル化を通じて消費者に直接販売することによるメリットを得始めたのです。

この記事では、D2Cを実現したい企業が対応すべき課題について紹介しています。

続きを読む >> 

2. MarkeZine 掲載記事:Contentserv×アドビ連携 PIM活用でつながり続けるエクスペリエンス主導型コマースを実現 

ハイライト: " 顧客はコンテンツを起点に企業と繋がっています。そして、コンテンツの元となるのが商品情報です。しかしながら、Magentoと商品データベースをつなぐ際に、Excel等で管理されているデータを修正して取り込むといった、あまり効率的とは言えない運用に立ち会うことがあります。商品情報をPIMで管理し、自動でEコマース等の販売チャネルに連携することは、Time to Marketの視点からも重要なポイントだと考えています" 

2020年4月、Contentservは、オムニチャネル商品情報プラットフォーム「Contentserv」とアドビのEコマースプラットフォーム「Magento Commerce」を連携するエクステンションをリリースした。Contentservによって最適化された商品情報がMagentoにリアルタイムに自動提供され、Eコマースサイトやアプリに掲載されるようになる。

コロナ禍により、リアルビジネスを行っていた企業の多くがECに参入。目指すはリアルとデジタルが融合したOMO、そしてDXだが、そのためには商品情報がきちんと管理され、それぞれのチャネルで最適に表示されること、すなわちPIM=Product Information Managementが不可欠である。EコマースにおけるPIMの重要性について、Contentserv 菊池智功氏、アドビ 原周一郎氏に語ってもらった。

このインタビューでは、DXにPIMが不可欠な理由、ContentservとMagentoの連携で商品情報をリアルタイムに更新、ひいてはパーソナライズした情報で顧客体験の向上を実現するメリットについて、アドビの原様、Contentservの菊池に伺いました。Markezine記事はこちら

続きを読む >>

 3. COVID-19 パンデミックが消費者の行動に与える影響

ハイライト: "COVID-19 関連報道の増加に伴って感染拡大への消費者の意識が変化していき、予防的な健康志向の購買、対処的な健康管理、食料の備蓄、自主隔離の準備、制限された生活、ニューノーマルと行った6 つの行動段階を経ることが明らかになりました。"

危機的な状況下での消費者の行動はどう変わっているのでしょうか。COVID-19 の影響が深刻化している国の消費者は、人込みを避けながら食料やその他の生活必需品を買いだめしています。消費者の間でこうした行動の変化がいつどのように現れ始めるかを知るため、Nielsen 社は、中国で感染が流行し始めてから他国に伝播し、影響が拡大するまでの期間、消費者の行動に関する調査を行いました1 

この記事では、消費者の6 つの行動段階を経ってどう変わっているのか、行動変容について紹介しています。

続きを読む >>

4. 顧客体験の実現において商品体験が果たす重要な役割

ハイライト: "IGI Global社は、顧客の視点から見た「商品体験」とは、「利用者と製品とのインタラクションによって引き起こされるあらゆる効果のことで、これには(1)すべての感覚が満足する度合い(感覚的な喜び)、(2)製品に伴う意味合い(意味経験)、(3)誘発される気持ちや感情(感情経験)が含まれる」と述べています。"

2016年、小売業界の流行語として浸透した「オムニチャネル」。オンラインとオフラインのタッチポイントを融合し、統合されたシームレスな顧客体験を実現するオムニチャネルは、こうしたソリューションを模索していた意思決定者の間で大きな話題となりました。

時は流れて現在、より多くの企業がデジタル変革の成熟期に達する中、チャネルではなく、体験が何よりも重要とされる「オンデマンド」が重視されています。

この記事では、そもそも商品体験とは何か、そして企業が卓越した顧客体験を提供する上でどのように役立つのか紹介しています。

続きを読む >>

5. 世界のB2Bマーケットプレースのトップ5

ハイライト: "Statistaによると、2019年の世界のB2B eコマース業界の規模は12.2兆米ドルであり、B2C eコマースの規模の6倍を超えます1。将来のeコマース、少なくとも近い将来についてはB2Bが支配的といえるでしょう"。

この記事では、Amazon BusinessとAlibaba.Comなど、B2Bマーケットプレイスのトップ5の特徴とメリットについて詳しく紹介しています。

続きを読む > >

また、多くの方にダウンロードいただいたeBook「デジタル時代の製造業~データ主導でビジネスを推進する方法」をぜひ一読ください。

デジタル時代の製造業
〜データ主導で
ビジネスを推進する方法

本書では、B2BD2C成功の布石となる商品データ・商品コンテンツ管理のあり方など、デジタル化へのステップを解説しています。