関連記事

消費者動向 新型コロナウイルス感染症による消費者行動の変化 – 第2部
新型コロナウイルス感染症による消費者行動の変化 – 第2部

このシリーズの第1部では、新型コロナウイルス感染症パンデミックによって生じた消費者の習慣に関する新しいデータを検討しました。第2部では、さらなる検討をしていきます。このウイルスそのものに関しては、新しい展開があり、多くの専門家は、秋には北半球で再流行が発生する可能性を危惧しています。それが現実のものとなれば、以前お話ししたことと同じ傾向を再びたどることになります。しかし、今年の後半に生活を制限する方針が復活することがあっても、今度は事前に対策を講じておくことができるでしょう。 ロックダウンの状況に基づくオンライン販売シフト まだ断言するには時期尚早ですが、外出禁止によって生じたeコマースを利用した行動の増加は、当初の予測よりも永続的ではない可能性があります。英国やフランスなど、外出禁止の方針を延長した国々では、eコマースによる売り上げが好調を維持しています。対照的に、外出禁止が緩和されたデンマークでは、eコマースの売り上げが減少しました1。 そうだとしても、生活の制限を緩和し始めた国々で同様の状況になるとは限りません。 これはブランドにとってどういう意味があるでしょうか? 端的に言えば、オンライン販売の増加から恩恵があったとしても、それで良しとしてはなりません。結局のところ、顧客を獲得すること、これを維持することは別のことです。制限が解除された後も、ブランドができるだけ多くの買い物客を失わないようにするために利用できる戦略としては、以下のようなものがあります。 魅力的な顧客サポート ロイヤルティプログラムの強化 プロモーションと割引の機会増加 パーソナライズされたショッピング体験 コミュニケーションの改善 返品有効期間の延長 顧客エンゲージメントを改善するため、上記の戦略を利用したアスレチックアパレルブランド、Vuoriからヒントを見つけてみてはどうでしょうか。パンデミックにより、店舗を閉めざるを得なかった同ブランドは、eコマースに全精力を傾ける方針に舵を切りました。ショップの売り上げを高めるため、Vuoriは実店舗で買い物をした消費者に割引を提供すると同時に、お気に入りの商品をオンラインで購入できるようにしました。また、メッセージをエンゲージメントを改善する内容にして、今日消費者が直面している現実に合わせた、タイムリーなものに変えました。さらに、消費者のウェブとモバイル体験を優先しました2。 次の新型コロナウイルス感染症流行の波に備える 多くのパンデミックがこれまでそうであったように、新型コロナウイルス感染症のパンデミックも再び波がやってくるかもしれません3。…

続きを読む

DE: T +49 8442 9253 800
UK: T +44 (0)1844 214 004
FR: T +33 1 73 77 56 04
BE: T +32 3 369 37 00
NL: T +31 634185447
USA: T +1 619 736 7469
JP: T +81 3 6823 5811