「前回の経済危機にある行動をした企業は、その転換期にさらに力をつけ、絞る焦点をより明確にして危機を脱し、リーダーシップをその後も発揮しています。そうした勝者は対応が素早く、現金を温存して他社が投資できない場合に備えていました。」  – Gartner1

ドットコムバブル、金融恐慌、そして今回の新型コロナウイルスのパンデミックにおいて、組織は何度でも危機を脱し、機会に順応し、さらに力をつけていくすべを探す必要があります。経済が不確実な時期にあり、ビジネスの戦略計画と順応する能力は、戦いや生き残りが求められるときに試されてきます。

毎年、多くの産業が手には追えない出来事によって不確実な期間を経験します。したがって、ビジネスは常にリスク管理計画を準備する必要があります。企業は「どのように脅威を軽減するか?」「どのように機会を活用するか?」「どのように持続可能に成長するか?」などの課題に取り組むことができなければなりません。

 

大きな危機でも生き残るために必要なもの

脅威は、デジタル・ディスラプション、M&A、セキュリティー侵害、異なるビジネスモデルの新しい競合他社、業界を変えるテクノロジー、消費者需要の変化など、数多くの形でやってきます。

ますます高まる不確実性の時代に対応する能力とは、現金の準備があることだけではありません。よく練られたビジネス戦略を実行するには、高度に機能するチームと適したテクノロジーも必要です。

危機の最中にあっては、すべての人が同じ方向へ動かなければならないので、組織は部門とその人々の足並みが揃うようにしなければなりません。この足並みを揃えるということは、自信と次のことを行う強力な経営陣のリーダーシップチームによって生まれます。

  • 明確で、一貫性のあるビジョンや戦略を伝える
  • 機会や脅威が起きる前に予測する
  • 長期的な成長のため、チャンスではなく、リスクをとる
  • 柔軟性と変化に価値を尊重する文化的なマインドセットを育てる

Q & A エキスパートに聞く

Contentservは世界中のリーダーにインタビューを行い、この危機を更に強くなって抜け出すために何に投資しているか、前向きな変化のためにどのような機会を見つけたか、そして今日私たち誰もが使える知恵とはなにかについてのインサイトを伺いました。


Q1: 経済的に不確実なときに、何に投資をしていますか?

 

スキルアップ

「当社の差別化要素は人です。したがって、景気下降時の1番の投資は、チームをアップデートするトレーニングです。必要な投資には、クラウド、機械学習、拡張コマースシステム、マスターデータ管理や統合などが含まれます。」
Greg Wong, Pivotree

オンラインプレゼンス

「私たちは新しいアナリスト企業なので、時間はウェブプレゼンスを拡大するために使います。現在新しいオンライン市場の概要の策定に投資をしています。」
Jürgen Burger, SIMIO


危機管理

「私たちは以前にも増して集中的に対処しています。現在の危機にあってはパラダイムシフトの考え方を持つか構築し、厳しい時期の間、現在のビジョンよりも先を行く危機のビジョンを策定することが重要です。俊敏で柔軟であることも重要です。変化に素早く対応できるからです。」
Michael Kugler, parsionate


新しいビジネスモデル

「私たちは顧客のために、この危機の現在、そしてその後を支援するためのコンセプトや新しいビジネスモデルの構築に取り組んでいます。」
Stefan Herold, Osudio


従業員と顧客サポート

「私たちにとって最も重要なことは、従業員への投資、そして顧客とパートナーに誠実な支援を提供することです。」
Martin Philipp, Evalanche


Q2: この時期に見いだした前向きな変化のための機会とは何ですか?


トレーニングとワークショップ

「私たちはすでに、オンサイトでの実施が考えられなかったワークショップやトレーニングセッションを実施しました。幸い、非常に前向きなフィードバックを頂きました。」
Sven Henckel, Laudert GmbH + Co. KG


コンテンツ政策

「デジタル対応力を強化するため、コンテンツ制作を通じて顧客に新しい種類のサポートを提供します。」
Claus Hänle, Listen Consulting


戦略的パートナーシップ

「より戦略的なパートナーシップと迅速かつ適応的な製品構築により、変化するビジネスランドスケープを支援します。」
Emile Bloemen, Productsup


顧客中心主義

「私たちのモットーは、顧客の絶え間ない順応を支援することです。今ほど、顧客に変化が大切なときはありません。私たちにとって、このパンデミックが持つ前向きな意味は、モットーを述べるだけでなく、実行せざるを得なくなったことです。」
Greg Wong, Pivotree


イノベーション

「私たちはクリエイティブコンテンツの作成において、更なるイノベーション、そしてデジタルマーケティングの「基準」を超えるパーソナライズされた方法でオーディエンスと繋がる方法を想定しています。」
Derick Price, Big Button I/O


学習

「ホリスティックなレベル、つまり人、プロセス、そしてテクノロジーにおいて、組織としてデジタル時代への準備がどれだけできているかを自覚することで、市場の不確実性に素早く順応します。この自覚だけでも、すでに私たちの業務を改善し、前向きな変化のための領域を強化しました。」
Patricia Kastner, Contentserv


Q3: 他のビジネスを支援できる知恵を教えていただけますか?

 

「前向きに考える!ということです。ウェブ会議に参加することについて、受け入れ体制や意欲が不足していたことなどは気になさらないでください。終日のワークショップをいくつかのトピックに分割すると、簡単に数日に分散させることができます。」
Sven Henckel, Laudert GmbH + Co. KG

 

「適切な戦略と信頼できるコミュニケーションがあれば、企業は持ち前の強みを生かすことが出来ます。オープンに、目的を持って位置づけさえすれば、この危機の中でも顧客のための問い合わせ先となり、スタビライザーとなるでしょう。そしていつか終息したとき、人の記憶にあるのは、急に姿を消してしまった者でなく困難なときに市場に積極的に存在を示した者です。」
Martin Philipp, Evalanche

 

「危機のとき、関係する人々を守りましょう。そうすれば、彼らがビジネスを守ってくれます。」
Greg Wong, Pivotree

 

「困難な時代を生き抜くには私たち、顧客、そして社会の全体が共に支えあい、支援しあうことが重要です。」
Emile Bloemen, Productsup

 

「既存の経済モデルは、継続した安定性をもたらさないことが明らかになりました。連鎖する不運な状況、人知を超えたことにより、世界経済や政治の意思決定者の努力は、正しいことをしても、最後には失敗することがあると再認識しました。この意味で、人生というのは制御することができません。常に、新しく、異なった方法で事に当たる機会や必要性があります。このウイルスによって、正常とは何か強制的に問いを突きつけられています。しかし、この危機を通じ、変化する能力を学ぶこともできると思います。」
Michael Fieg, parsionate

 

この記事にすべての回答を含めることはできませんでした。それでも、これらを読むと従業員への投資とパートナーシップの強化に並び、危機のときでも顧客をサポートすることが最優先事項であることは明確です。

私のアドバイスは、人に投資すること、チャンスではなく、リスクをとることです。

#allinthistogether #businesscontinuity #事業継続

[1] Source – Gartner: Winning in the Turns: A Tech CEO Action Guide

 

※本記事の内容は2020年4月9日更新の英語版ブログ記事の訳です。

Q&A: 10 Leaders and Their Response to COVID-19

著者:Jennifer Krizanek(Senior Vice President, Marketing)

Contentserv Japan 編集部 最新の記事: この記事を共有する:

関連記事

消費者動向
新型コロナウイルス感染症による消費者行動の変化 – 第1部

数週間前、私たちは新型コロナウイルス感染症のパンデミックが消費者行動にどのような影響を与えたか、 特に買い物の習慣について検討しました。そして、年齢層や性別による行動の違いをお話ししました。この全2回のシリーズでは、消費者の行動が、特にまだ外出禁止もしくは屋内退避命令が出されている国で、どのように変化し続けているかについて、最新のデータを検討していきます。 新しい習慣が生まれています 現在の世界的な状況を考えると、eコマースの注文が増加しているのは当然のことだと言えます。3月初頭の米国とカナダにおける急増は特に顕著で、オンラインでの注文が80%増加し、前年同時期よりも8.8%以上高くなっています1。しかし、これは北米に限ったことではありません。ヨーロッパでもオンラインで注文する人が増えており、eコマースを専業とするブランドは前年比で40%から80%の増加がみられます2。 新型コロナウイルス感染症が世界的に消費者の支出にどのように影響を与えているかを示すEmarsys and Good Dataのインタラクティブマップでその説明をしましょう2: * オンライン取引の前年比成長率 さらに、最近の調査によると、eコマースの売り上げの急激な増加は、オフラインからオンラインショッピングへの移行にだけに起因するものではない可能性があります。例えば、副収入や時間に余裕があることから、手持ち無沙汰な状況を解消するために、新しい活動や趣味を始める消費者がいます。これが、今後数ヶ月間のオンライン販売の増加に寄与する成長要因になる可能性があります3。もしそうならば購買行動を除き、新しく始めた持続的な習慣は、制限された生活のために消費者が受け入れたことだということなのかもしれません。これはあるブランドにとっては前向きな展開かもしれません。この展開は、新規もしくは拡大する消費者ベースを意味するかもしれないからです。これらの人々を長期的な顧客に変えたいのであれば、ブランドは積極的にアプローチしていくべきです。 年齢層間の対比 以前の記事で、異なる年齢層の人々がどのようにパンデミックに反応したかを調べ、年齢層によって違いが明確にあることがわかりました。しかし、さらに最近の調査では、パンデミックによって金銭的な影響がどの程度あったかなどの回答について、地域によっては現在行われている制限のために、年齢層間の境界が曖昧になっています4: 30〜44歳の年齢層の24% 45〜64歳の年齢層の28%…

続きを読む
消費者動向
COVID-19 パンデミックが消費者の行動に与える影響

この新しいパンデミックの現実が世界を揺るがしています。今はまだ、世界中の人々が外出制限の長期化に適応しようとしている最中です。誰もが実店舗での買い物を控えようとする中、購買行動はどのように変化したのでしょうか。  そして、その変化は新しい習慣を生み、やがて定着するのでしょうか。 危機的な状況下での行動 COVID-19 の影響が深刻化している国の消費者は、人込みを避けながら食料やその他の生活必需品を買いだめしています。消費者の間でこうした行動の変化がいつどのように現れ始めるかを知るため、Nielsen 社は、中国で感染が流行し始めてから他国に伝播し、影響が拡大するまでの期間、消費者の行動に関する調査を行いました。1 消費者の動向を観察した結果、COVID-19 関連報道の増加に伴って感染拡大への消費者の意識が変化していき、6 つの行動段階を経ることが明らかになりました。 予防的な健康志向の購買: 快適な暮らしや健康の維持に役立つ商品への関心が高まります。 対処的な健康管理: 感染対策に役立つ商品(マスクなど)を優先するようになります。 食料の備蓄: 長期保存できる食品の購入が増え、店舗への訪問回数も増えます。 自主隔離の準備:…

続きを読む

DE: T +49 8442 9253 800
UK: T +44 (0)1844 214 004
FR: T +33 1 73 77 56 04
BE: T +32 3 369 37 00
NL: T +31 634185447
USA: T +1 619 736 7469
JP: T +81 3 6823 5811