<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

小売業における商品のパーソナライゼーション:
PIMが基盤となる理由

ブログの更新情報を受け取る

小売業における商品のパーソナライゼーション: PIMが基盤となる理由

小売業の未来はパーソナライゼーション

実際、自分のショッピング体験がパーソナライズされていないと感じたら、10人中7人の消費者が不満を表明するほど、パーソナライゼーションの重要性が認識されています。 

パーソナライゼーションは、長年にわたってファッション業界の大きなテーマとなってきました。しかし、最近になって消費者に直接販売するようになったファッションブランド、主にオンライン販売を行うブランドにとってこのパーソナライゼーションの提供は難しい課題となっています。 

しかし、ここで重要なことは、ファッション関連のアイテムを購入する際にパーソナライズされた体験を求める消費者は、それと引き換えに個人データを提供することを厭わないということです。よりパーソナライズされたサービスを求める消費者の要望に応えるため、アパレル企業は、自社の商品データの管理に加えて、顧客データを効率的に管理するシステムを導入する必要があります。

パーソナライゼーションとは?

商品のパーソナライゼーションとは、顧客のニーズに応えるために、企業側が顧客の属性・行動履歴などのデータを基に、顧客一人ひとりにあわせて商品を選定し、提案する手法です。特定の顧客のために作られるカスタムメイド製品、あるいは標準化された生産方式で、既存の仕様の範囲内でさまざまなオプションを提供するオーダーメイド製品も対象になります。

パーソナライゼーションこそ優先事項

大多数の消費者は、より適切なメッセージやレコメンデーション、プロモーションを提供し、個人の好みに合わせた体験を提供してくれる小売店で買い物をする傾向があります。今日では、商品の「コンテンツ」をパーソナライズすることが求められています。パンデミックの影響で、最近になってオンラインでの直販に移行したブランドにとっては、これは未知の領域かもしれません。 

また、ある小売店でパーソナライズされた体験をしたら、リピート購入する可能性があると答えた方が44%いる一方で、約3分の2がパーソナライズ技術が不十分なブランドからは購入をやめると答えています。こうした事実からも、ファッションブランドにとって、消費者とのつながりを深め、彼らが求めるパーソナライズされた顧客体験を提供する能力を早急に身につけることはとても重要です。

PIMのもたらす力

これまで見てきたように、お客様がファッションの小売店を選ぶ際には、その小売店が提供する顧客体験が大きく影響しています消費者がどこで、どのように買い物をするかを自由に選べるようになるにつれ、実に4分の3の消費者が、よりパーソナライズされた体験を楽しむために、喜んでブランドにデータ情報を提供しています。 

彼らは個人情報と引き換えに、自分のユニークなスタイル、アイデンティティ、価値観を表現する手段としてのファッションという伝統的な期待に加えて、正確で完全、タイムリーで関連性のある商品情報や、一貫性のある、卓越した商品体験を期待しているのです。 

ブランドの視点からすると、パーソナライゼーションはまず自社が管理するデータから始まります。自社の商品データを効果的に管理できなければ、お客様の期待に応えることは非常に困難です。商品データの管理には多層的なアプローチが必要であり、強固な商品情報管理(PIM)ソリューションを使って始めることをお勧めします 

PIMは、データ管理を成功させるための基盤です。商品説明から技術的属性、画像や動画、ERPシステムのコマーシャル マスターデータに至るまで、ブランドのすべてのコンテンツを中央リポジトリで効率的に維持管理し、そこから必要に応じてブランドのオンラインオフラインチャネルに公開することができます。

ファッションブランドの規模によっては、膨大な量の商品データを保有しており、それぞれが固有の属性を持ち、異なるフォーマットで保存されています。一元化されたデータ管理とは、必要に応じて複数のシステムやソースからこれらの異種データを迅速にインポートし、一箇所に統合することを意味します。

より早く、より正確に、より収益性を高 

ファッションブランドにとって、PIMソリューションのもたらすメリットは大きく、特に顧客に一層パーソナライズされた体験を提供しようとしている場合はなおさらです。 

アップデートが速くなれば、市場投入までの時間を短縮できます。例えば、データの迅速なオンボーディングや、自動化されたコラボレーションワークフローを使ってビジネスプロセスの合理化を行えば、従来よりも多くの商品を提供できるようになるでしょう。 

さらに、データの質が高まれば、商品情報は常に正確で最新のものとなり、結果的に返品が減ることにもなります。また、お客様に対して、よりパーソナライズされたアップセル、クロスセル、「Shop the Look」のプロモーションメッセージを提供することができ、収益の増加につながります。   

ファッションブランドが初めて直販を行う場合、まず理解しておくべきなのは、かつて小売業は商品中心の産業でしたが、現在は顧客中心の産業であるということです。今日、お客様はブランドを支配する力を持っています。

パーソナライゼーションへの取り組みがブランドの収益を最大15%向上させるという報告もあり、ファッションブランドは消費者をビジネスの中心に据える必要性があることは明らかです。PIMソリューションを導入すれば、商品データや顧客から提供されたデータを管理して、それぞれの顧客が期待するユニークな体験を提供することができます。 

ファッション業界向け
PIM+DAM

価値実現までの時間を短縮する方法とは?