<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

デジタル時代の備えは
できていますか?

ブログの更新情報を受け取る

デジタル時代の備えはできていますか

デジタルビジネスが加速する今、企業のITシステムのランドスケープに商品情報管理 (PIM)ソリューション が含まれていることが、デジタル時代への備えという観点で強力な指標となりつつあります。

テクノロジーが想像を超える早いスピードで進化しており、企業は変化の早いデジタル世界で競争優位性を確立するためには、現在のプロセスとデジタルインフラを確認し、将来を見据えたスケーラブルなインフラを備える必要があります。

ここでは、デジタルビジネスの基盤となるPIMシステムの重要な側面について解説します。

  • 組織を横断して1つの商品情報のソースを確立する
  • マーケットプレイスが変化し、Internet of Things(IoT)や人工知能(AI)など新しいテクノロジーが主流になるにつれ、ますます複雑になるeコマースのエコシステムに統合する
  • デバイス、ペルソナ、現在位置、全体のコンテクストを考慮して、パーソナライズされたコンテンツを提供する
  • ビジネス成長に合わせてスケールアップする

これらの機能を提供する PIM を活用していない企業は、なぜ将来を見据えたPIMシステムの備えが重要でしょうか。

次世代 PIMに欠かせない3つの機能

カスタマー・セントリック

顧客体験は、どのビジネスのボトムラインにとっても重要です。顧客にパワフルで感情的に抗し難い体験を届ける能力は、顧客が貴社ブランドとビジネスを継続するかを最終的に決定する要因です。調査によると、89%の企業 が顧客体験をベースに競争すると考えています。マーケターにとって顧客体験こそが最も急を要するという結果がでています。

顧客中心主義であれば、貴社のPIMは 情報リポジトリであると同時に、体験プラットフォームにもなります。デジタル時代のPIMプラットフォームは、正確かつ最新の製品情報をすべてのチャンネルにわたって提供することで、コンテンツの質を向上できます。つまり、常にムード、意図、現在位置、またはデバイスを考慮して、顧客は関連性のあるデータを受け取ります。

顧客第一に考えるソフトウェアは、完全で、一貫性のある、文脈化された製品情報を活用する、持続可能で、競争力のある優位点を構築します。

インテグラビリティ

商品情報は、組織全体で共有できなければ役に立ちません。デジタルアセットを格納・管理するための DAM(デジタル資産管理)ソリューション を備えることが必要です。

貴社のPIMにDAM機能が統合されていない場合、PIMとDAMのシームレスな統合の必要性を認識しているはずです。社内統合と同様、商品を可視化し販売できるよう、PIMはWebサイトやeコマースサイトなどの異なるオンラインチャンネルにコンテンツをストリーミングするためのAPIも必要です。

パーソナライゼーション

商品が適したチャンネルにあれば、適した商品を、適したオーディエンスの前に出すことができると思いますか?貴社のPIMでは、商品を販売しているチャンネルからデータを収集でき、検索履歴に基づいて表示すべき商品を理解できますか?今日、PIMシステムにはパーソナライズ機能が組み込まれており、もちろんスマートな商品管理が標準である必要があります。

PIMは、企業の資産である商品のデジタルプレゼンスを高めるためのソフトウェアだけでなく、デジタルビジネスを支える重要なDX基盤として注目されています。テクノロジーの進化に乗り遅れないために、自社の商品データの管理体制の見直しが必要かどうか、ご一考ください。

PIM - 基本機能と
次世代型への進化

本書では、商品情報管理(PIM)とPIMがフィットする企業、ユーザー、次世代PIMの機能などPIMの基本を解説しています。