<img src="https://secure.leadforensics.com/176401.png" style="display:none;">

デジタルビジネスの基盤となるPIM

ブログの更新情報を受け取る

デジタルビジネスの基盤となるPIM

デジタルビジネスが急速に発展する現代において、企業のITシステムの構築には、商品情報管理 (PIM)ソリューション が含まれていることが、デジタル時代への備えとして非常に重要な指標となっています。

テクノロジーが想像を超える早いスピードで進化しており、企業は変化の早いデジタル世界で競争優位性を確立するためには、現在のプロセスとデジタルインフラを確認し、将来を見据えたスケーラブルなインフラを備える必要があります。

この記事では、デジタルビジネスの基盤であるPIMシステムの重要な側面について解説します。

  • 組織全体で統一された商品情報ソースを確立する
  • マーケットプレイスの変化や新たなテクノロジーの台頭(IoTやAIなど)に伴いますます複雑になるeコマースのエコシステムに統合する
  • デバイス、ユーザーの個別のニーズ、現在の場所、そして総合的なコンテクストを考慮することで、パーソナライズされたコンテンツを提供する
  • ビジネスの成長に応じて拡張できるPIMシステムを活用する

これらの機能を提供する PIM システムを活用していない企業が、なぜ将来を見据えたPIMシステムの備えが重要であるのかを理解する必要があります

次世代 PIMに欠かせない3つの機能

カスタマー・セントリック

顧客体験は、どのビジネスにとっても非常に重要です。顧客にパワフルで感情的に抗し難い体験を届ける能力は、顧客が貴社ブランドとビジネスを継続するかを最終的に決定する要因です。調査によると、89%の企業 が顧客体験をベースに競争すると考えています。マーケターにとって顧客体験こそが最も急を要するという結果がでています。

顧客中心主義を採用する場合、貴社のPIMは情報のリポジトリであるだけでなく、体験のプラットフォームでもあります。デジタル時代のPIMプラットフォームは、正確で最新の製品情報を全チャンネルに提供することで、コンテンツの品質を向上させることができます。つまり、常に顧客のムード、意図、現在の位置、使用デバイスなどを考慮し、顧客に関連性のあるデータを提供します。

顧客を最優先に考えるソフトウェアは、完全で一貫性のある、文脈に即した製品情報を活用し、持続可能で競争力のある優位性を築き上げます。

インテグラビリティ

商品情報は、組織全体で共有できなければ役立ちません。デジタルアセットを格納・管理するためには、の DAM(デジタルアセット管理)ソリューション を備える必要があります。

貴社のPIMにDAM機能が統合されていない場合、PIMとDAMのシームレスな統合の重要性を認識していることでしょう。商品を視覚的に表示し、販売するためには、PIMはWebサイトやeコマースサイトなどの異なるオンラインチャンネルにコンテンツを配信するためのAPIも必要です。

パーソナライゼーション

商品が適切なチャネルに存在することで、適切な商品を適切なオーディエンスの前に提示できると考えていますか?貴社のPIMシステムでは、販売チャネルからのデータ収集が可能であり、検索履歴に基づいて表示すべき商品を理解できますか?今日、PIMシステムにはパーソナライズ機能が組み込まれており、スマートな商品管理が標準となっていることが必要です。

PIMは、企業の商品のデジタルプレゼンスを向上させるためのソフトウェアだけでなく、デジタルビジネスを支える重要なDX(デジタルトランスフォーメーション)基盤として注目されています。テクノロジーの進化に遅れることなく、自社の商品データ管理体制の見直しを検討してみてください。

PIM - 基本機能と
次世代型への進化

本書では、商品情報管理(PIM)とPIMがフィットする企業、ユーザー、次世代PIMの機能などPIMの基本を解説しています。