<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

ファッションブランドは
不確実な時にも
成功を収めることが可能

ブログの更新情報を受け取る

ファッションブランドは不確実な時にも成功を収めることが可能

新型コロナウイルスパンデミックによるコミュニティのロックダウン、社会的距離、および生産への影響により、ファッション業界はその焦点をオンラインに移すことを余儀なくされました。多くのブランドは、工場、サプライヤー、ロジスティクスネットワークなどの資産を活用して、マスク、手指消毒剤、白衣を製造および供給しています。

また、多くが地元や世界のコミュニティにお金、製品、サービスを寄付しています1 しかし、何ヶ月にもわたる制限は依然として業界全体を脅かしています。では、諸々のブランドはこの嵐を乗り切り、さらに発展するためにはどうしたらよいでしょうか?

厳しいときにこそイノベーション

近年、マッキンゼー・アンド・カンパニーのState of Fashion 2019 レポート2 で、ファッション業界の先駆的なイノベーションについて、いくつかのブランドが「スーパーウィナー」として浮上しています。State of Fashion 2020レポート3 は、今年の世界のファッション業界の成長は2019年よりも低調であると指摘していますが、新興の地域、セグメント、カテゴリーなど、他の分野では大きな成長が見られます。

ナイキ、Inditex(Zaraの親会社)、ケリング、TJX、LVMHなどのスーパーウィナーは、より良いグローバル予測が出るまで待たず、根本的な革新、ブランド投資、運用効率を選択することを選択しました。彼らは、新興の地域、セグメント、カテゴリーに見れる機会に焦点を移し、困難を乗り切るための多様化に成功しました。

これらのスーパーウィナーは、戦略的明確さを持つ内部プロセスも開発しました。

  • データに基づいた決定。スーパーウィナーは、データと分析を活用してビジネスと製品のコンセプトを開発し、積極的なポジショニングを取り入れて競合他社をしのぎましたが、他社は製品開発後にデータを使用するという間違いを犯しました。
  • 市場進出時間を優先。彼らは、8週間未満で製品を市場に投入することに重点を置き、すべての「マイクロシーズン」に間に合うよう製品発売の管理を効果的に行いました。

収益の伸びよりも利潤を増やす

BoFとマッキンゼーのTheState of Fashion 2020によると、「成功する企業とは、早期に行動を起こし、収益の成長よりも利潤の拡大に焦点を当て、運用と財務の柔軟性を確保しながら生産性を向上させる方法を模索する企業ということになるでしょう。」

スーパーウィナーは、データから顧客を深く理解することによって、より優れたビジネス上の意思決定を行い、さらに差別化を図りました。また、データ管理を戦略の中心に位置づけるための新しいツールに投資しながら、既存のデジタル機能の改善に焦点を当てることにより、アプローチを再調整しました。これにより、特にオンラインで、多岐にわたるチャネルで自信をもって消費者を引きつけ、流通能力を強化し、サプライチェーン管理を最適化し、製品体験を改善することが可能となり、後の売上につながりました。

何もしなければ、疑いと恐れが生まれる

デール・カーネギーは次のように言っています。「何もしないことはは疑いと恐れを生み、行動は自信と勇気を生み出します。恐れを克服したいのなら、家に座って、考えてばかりいないでください。外に出て、どんどん働きましょう。」

スーパーウィナーは、困難な時に安全策を取ったり、支出を押さえたりはせず、イノベーションを起こすことを選択しました。これにより、変化の時期に顧客を維持し、市場に留まり続けるためのツールを自ら開発できました。データから得た深い理解を活用することで、この試練の時期に需要を獲得し収益を増やせる、ビジネスを行う上で最も魅力的な空間とチャネルを見出すことに成功したのです。

 
ファッションブランド:

デジタルエクスペリエンスの再考

本書では、ファッション業界の動向、パンデミック時代に生き残り、さらには成長するためのカギを握るデジタルエクスペリエンスについて解説しています。