<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

リッチコンテンツを活用して
デジタルコマースを
成功に導く

ブログの更新情報を受け取る

リッチコンテンツを活用して、デジタルコマースを成功に導く

2020年は世界中のほとんどの産業にとって厳しい一年となりました。パンデミックの影響でeコマースが盛り上がりを見せる中、多くのブランドや小売業者は、顧客体験にフォーカスすることで、売り上げを伸ばしてこの困難な時期を生き残ろうとしています。

しかし、効果的な顧客体験を創出することは簡単なことではありません。それには、複数の技術と効果的なコンテンツ戦略とをうまく組み合わせて融和させる必要があります。

ここでは、卓越した顧客体験が必要とされている根本的な要因と、それを実現するために企業ができることを理解するために、いくつかの数字を見てみましょう。

リッチコンテンツを活用した顧客体験が不可欠

1. オンライン販売の急増
  • 今後12か月、消費者の30%がオンラインでより多く買い物をすると予測されている1
  • 昨年のクリスマスシーズン、世界のデジタル売上高は前年比45%増加し、12月1日から14日までに1億8100万ドルに達した2
  • オンラインチャネルで得た市場シェアの3〜6%が長期的に維持されると予測されている3
2. 求められる変化する顧客の期待への迅速な対応
  • 米国の成人の41%は、スマートフォンを使って調査を行うと、店舗での購入に自信が持てると感じている4
  • 購入者の86%は、より良い顧客体験により多くのお金を支払う5
  • 顧客の57%は、モバイル用サイトの設計が不十分なビジネスは他の人に推奨しない5
3. 顧客体験への取組み強化の流れ
  • 70%が、顧客体験の予算を増やしたと答えている6
  • 63%が、顧客体験ツールとリソースに投資している6
  • 81%が、一貫したカスタマージャーニーの作成に重点を置く6

リッチな商品コンテンツ提供における課題

リッチコンテンツを効果的に作成して配信することは容易なことではありません。ほとんどの企業は、商品データとデジタルアセットの整合性を維持するために必要なデータガバナンスを欠いています。

さらに、商品データとデジタルアセットは多くのシステムに散在することが多く、不正確さの原因となっていて、これを解決するには多くの時間と労力を要します。これらはすべて、コンテンツ作成プロセスを阻害し、企業が豊富な商品コンテンツを迅速に配信することを妨げています。

デジタルコマースを成功に導くために

PIMは、正確な商品コンテンツを管理、検証、および配信するために不可欠です。企業がソリューションを検討する場合は、PIMと実際のDAMを統合して、商品データとクリエイティブアセットを一致させ、コンバージョンを生み出す商品コンテンツを作成できるかがポイントになります。

また、コラボレーションとプランニングを強化できる最新のDAMを検討する一方で、主要チャネルにシンジケートし、優れたプロダクト・エクスペリエンスに焦点を当てることができるPIMソリューションを選択することも重要です。これにより、企業は今日の買い物客が求めるデジタル消費者体験に優先順位を付けて提供することができるようになります。

優れた体験を実現する基盤

Contentserv PIM

お客様が期待するリッチコンテンツをあらゆるチャネルで提供することで優れた体験の創出を実現する豊富な機能概要をご確認いただけます。