<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

PIMソフトウェアの
意外な活用法3選

ブログの更新情報を受け取る

PIMソフトウェアの意外な活用法3選

PIMソフトウェアは何に使われている?

商品情報管理(PIM)は、数十年にわたって小売業者、ブランド、および流通業者が印刷カタログを作るために使用してきたもので、企業が商品情報を一元管理し、情報をより充実させることができるよう支援します。

2000年代初頭にEコマースが本格化し、それに伴ってさまざまな顧客接点に商品情報を配信する必要性が生じたことで、PIMの導入も拡大していきました。

その後、オンラインでの小売業は進化を続け、PIMの活用法も変化してきました。ソーシャルコマースの増加、GS1バーコード規格の開発、クラウドベースのソリューションの普及などは、今日のPIMの活用方法のほんの一例です。

ここでは、PIMの使い方の例を3つご紹介します。

1. ソーシャルコンテンツ

小売企業にとって、世界人口の45%にあたる約35億人が利用しているソーシャルメディアは、貴重な販売チャネルです。これらのサイトでショッパブルコンテンツを共有することで、ブランドの商品は、利益につながる可能性のある膨大な数の視聴者の目に触れることができます。Instagramのユーザーの3分の1は35歳以上で、驚くことに、TikTokのユーザーの4分の1以上は25歳以上です。

こうしたサイトでは、ユーザーがスクロールしている動画や写真を掲載商品に直接リンクさせることで、シームレスな購入体験を提供しています。そして、購入までに必要なステップが少なければ少ないほど、ユーザーが購入する可能性が高くなるのです。

ここで、PIMが非常に重要な役割を果たします。PIMは、最新かつ正確なビジュアルアセットとそれに付随する商品情報をInstagram、TikTok、Facebookなどに配信し、最も魅力的なショッピングコンテンツ体験を提供します。

2.特有の識別子

Nielsen社によると、毎年平均で30,000個の新製品が発売されています。ブランドや小売業者が、ブランド名、拡張ライン、アイテムの説明、その他付随する記述情報をすべて把握することは、事実上不可能ではありません。メーカーから流通業者までサプライチェーン全体で使用されているGS1のGTIN(商品識別コード)は、商品を識別、測定、追跡するための一意の数値を表現するバーコードです。

GTINは、GS1 Global Data Synchronization Network(GDSN)の参照番号であり、世界中のあらゆる企業が高品質で標準化された商品情報を共有することができます。重要なのは、Amazonをはじめとする多くの小売業者がGTINを義務付けていることです。GTINがなければ、巨大なEコマース市場で商品を販売することができません。

幸いなことに、ほとんどのPIMシステムはGDSNデータプールと統合されているため、ブランドは全商品のGTINを管理し、GS1のデータ品質要件に確実に準拠することができます。

3.クラウド PIM

アジリティ(俊敏性)の向上とコスト削減を目指して、柔軟性、軽量性、拡張性に優れたクラウド型SaaSソリューションを利用する企業が増えています。これは迅速に規模を拡大し、市場機会を最大限に活用したいと考えているブランドや小売業者も例外ではありません。

クラウドベースのPIMはSaaSソリューションとして提供されるため、必要なリソースは最小限で済み、基本的にすぐに使用できて、価値を生み出すまでの時間を短縮できます。また、拡張性もあり、企業の成長に合わせて新たなサーバー容量やITスペシャリストを追加することなく、月々の運用費として管理することができます。また、メンテナンスもほとんど必要ありません。クラウドベースのPIMソリューションは、リモートで更新することができるため、ITの介入を必要とせず、常に最新かつ最も効率的なバージョンを使用することができます。

もちろん、クラウドの真の魅力は、従来のオンプレミス型のテクノロジーとは異なり、いつでもどこでも利用できることです。このアクセス性は、テレワークを余儀なくされているこの18ヶ月間特に重視されており、パンデミック後も多くの企業がハイブリッドなワークスタイルを継続すると見込まれることから、今後もその傾向は続くでしょう。

PIMが初めて登場してから、小売業界を取り巻く状況は大きく変化しています。進行中のDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みにより、この変化は将来にわたって続くと考えられます。PIMのアプリケーションも変化し、PIMシステムへのアクセス方法や導入のやり方も変わってきています。しかし、こうした変化がどのようなものであっても、PIMがブランドや小売業者にもたらす価値は変わることはありません。

 

PIM - 基本機能と
次世代型への進化

商品情報管理(PIM)の基本機能からPIMがフィットする企業、ユーザーなど、PIMの全てが分かる入門ガイドをご覧ください。