<img src="https://secure.leadforensics.com/176401.png" style="display:none;">

冷暖房空調技術のリーディングメーカーVaillant

製品管理かかわるコミュニケーションをデジタル化

Contentservを活用して、複雑な製品情報を45,000を超 えるデジタルアセットと紐付けて管理カスタマイズを伴う膨大な数の複雑な製品管理にかかわるコミュニケーションをデジタル化、タイムリーなマルチチャネル配信が可能に

Vailant社、商品コミュニケーションをデジタル化 Screen Shot 2021-05-19 at 6.52.04 PM
導入前の課題
  • 複雑な製品構造の製品に年間を通して多様な価格設定が行われるため、常に最新情報にアップデートされるプリント/オンライン情報メディアを提供すること
  • 特殊貿易・建造物貿易の慣例に基づく適切なデータ互換とカテゴライズ、インターフェースへの対応​
ソリューション
  • 販売製品と個々の組合せ可能部品の複雑な構造と関係性をマッピングすることへの対応ができない既存PIMシステムを刷新し、Contentserv PIM/DAMを導入。

事例の詳細はこちらからダウンロード

Vaillant社の課題からContentserv導入効果などをご確認いただけます。

  • 導入前の課題
  • 新たなPIMシステムに求める要件と実装
  • 導入効果

※本事例の内容は掲載当時のものとなっております。

30分でPIMの基礎がつかめる講座シリーズ

「商品データを活用したマーケティング戦略を成功させるために知っておくべき3つの常識」と題して、全3回に渡って商品データの正し効率的な活用方法を体系的に解説しています。シリーズ第1回では、情報を一元管理する「だけ」ではなく、いかに活用していくかについて、Contentserv PIMの機能ベースに解説します。

今すぐ視聴する