<img src="https://secure.leadforensics.com/176401.png" style="display:none;">

家具金物及び建具金物メーカー Hafele

完全統合PIMシステムでグローバルなブランドコミュニケーションを実現

国際的なB2B企業であるハーフェレはContentservを導入しドイツ国内および全世界の子会社の商品データ管理を近代化させました。Contentservは、同社の世界中の商品の「信頼できる唯一の情報源」となっています。

Fully integrated PIM system for global product communication hafele-customer-story-gin-image

導入前の課題

  • ERPと連動した部品の基本情報および写真や技術情報など関連情報を一元管理
  • ECサイトやフィールドサービスシステムなど、 様々なシステムと連携した容易かつスピーディな情報提供

ソリューション

  • 手軽に活用できるPIM/DAMのツールとしてContentservを導入。構築フェーズからはエクサがプロジェクトに加わり、分散していた部品情報の一元管理やECサイトとの連携などの技術課題を解決 RPと連動した部品の基本情報および写真や技術情報など関連情報を一元管理

 

導入前の課題

ハーフェレ社は、会社の成長に伴い、既存の商品情報システムは限界に達していました。最新のソリューションではなくなっていて、それ以上の開発オプションはありませんでした。上流プロセスや付随するプロセス、例えば商品コンテンツの作成や変更管理などのサブプロセスとの統合は、それぞれ別のアプリケーションを使ってマッピングされていました。2017年にレガシーシステムのEOLが発表されたことがきっかけとなり、ハーフェレ社は最終的に新しいPIMソリューションを導入することにしました。

要件

グローバル企業かつ未来志向の企業としての要件を満たす、最新のPIMシステムが求められました。これは、同社の商品情報管理とそれに関連するプロセスを、ますますデジタル化されスピードアップしていく環境と効果的に融合させ、中心となるPIMソリューションのグローバルでの活用をさらに拡大するという目標と結びついています。具体的には、次のことが重視されました

  • PIMシステムを活用し、一箇所ですべての商品情報を一元管理できる
  • 商品データを迅速かつ便利に管理できる
  • 商品情報のライフサイクル全体を、エンド・ツー・エンドでデジタルマッピングできる
  • 必要な人、適切な権限を持つ人は、誰でもいつでもどこからでもデータにアクセスできる
  • 隣接するプロセスをPIMに直接リンクできる
  • SAPとスムーズに統合できる
  • 様々なハーフェレ店舗を例外なく接続することができる
  • オンラインと印刷物両方の出版物を効率的に実現できる

PIMプロバイダー8社を対象に調査・評価が行われて、2017年末最終的にContentservが選ばれました。

実装

Contentserv社との対話を通じて、商品およびブランド・コミュニケーションのスペシャリストであるLaudert社が導入支援パートナーに選ばれました。グローバルPIMプロジェクトに次の部門が参画し、2018年第1四半期にソフトウェアが実装され、ロールアウトしました。

  • ITプロジェクト:技術的なプロジェクトマネージャー
  • 営業出版部:印刷、データモデル、マイグレーション、ワークフロー、およびプロジェクトのビジネス・リーダー
  • ITインフラ:仮想環境の提供
  • Contentservと店舗サイドの接続のためのITデジタルコマースソリューション
  • 商品カテゴリー管理およびデータ管理:商品説明の作成およびSAPからのマスターデータ接続の分野を担当

運用中であり既存のソリューションに依存する部分も多かったため、大きく3つの実装フェーズで、作業は段階的なプロセスで行われました。

ビジネスリリース1システム設定、負荷テスト及びパフォーマンステスト、データモデル設定、SAPやレガシーPIM、店舗へのインターフェースの設定、レガシーPIMからContentservへの最初のデータ移行、OpenSearchのアクティベーション

ビジネスリリース2商品説明作成プロセスの実装、DAMワークフローの設定、印刷出力用の基本テンプレートの設定、店舗インターフェースの拡張、TMSによる翻訳管理

ビジネスリリース3完全移行、エンリッチワークフローの実装、印刷テンプレートの完成、店舗インターフェースの完成、SAPへのさらなるエクスポートインターフェースの実装

Laudert社が実施したコアチーム向けの基礎トレーニング(特にContentservの使用方法と印刷物の制作方法)の後、Hafele Germany (HDE)とハーフェレの子会社でさらなるトレーニングが実施されました。これは2021年の第1四半期と第2四半期に、ハーフェレ社自らe-ラーニングとウェビナーを通して行いました。続いて、子会社固有の製品群のContentservへの段階的導入と、32Hafeleオンラインストアの転換を実施しました。この作業は、202110月から20224月までの6ヶ月間にわたって行われました。

今日、ハーフェレのContentservシステムは、23の言語で約20万の文書化された品目と約50万のメディアアセットをホストしています。また、ImportStagepriint:cometDataFlowBS [i]-flowコネクター、SAWS Intershopコネクターなど数多くのモジュールと組み合わせることで、様々なユースケースやターゲットフォーマットに対応しています。

導入効果

システムの変更は常にかなりの混乱を伴うものであり、ほとんどの場合、関係者は最初これを拒否します。しかし、経営層からこの「One PIM」プロジェクトに対する明確な支持が当初から示されていたことは、こうしたプロジェクトにとって重要な成功要因となりました。現在、商品データ管理部門、ブランドコミュニケーション部門、営業出版部門、そしてハーフェレの海外子会社など、約300名のアクティブユーザーが、ユーザーフレンドリーなインターフェースやスムーズなワークフロー、直感的な機能の恩恵を受けています。今ではContentservで、簡単に品目を作成し、それらを完全に文書化し、商品データをそれぞれのターゲット言語に簡単に翻訳して、店舗や印刷物で情報を公開することができます。

この新ソリューションの主な利点のひとつは、関連する商品データがすべてContentservに保存されていることで、商品パンフレットの作成や各店舗での品目の表示、商品関連のマーケティングキャンペーンの準備など、さまざまな目的に対応でき、いつでもアクセスできます。

例えば、データシートを作成するための非常に柔軟なツールである Smart Documentは、ユーザーが利用できる商品情報の概要を素早く把握するのに役立ちます。ダッシュボードは、従業員に役割別のエントリーポイントを提供し、特定の仕事、商品、アセットへの迅速なアクセスを提供する優れた方法です。また、文字列機能はデータ管理を柔軟に処理し、重複を避けるために非常に便利な方法となっています。

今後の展望

チームの当面の目標は、最新バージョンにアップグレードし、社内関係者や外部パートナーと協力してこのプラットフォームの活用・運用を一層活性化させることです。さらに、ヘーフェレとその顧客が直面するデジタル化の課題に向けて、次のステップを計画しています。そこでサプライヤーのオンボーディングの分野でPOCが行われる予定です。B2B企業は、サプライヤーのデータを自社のプロセスでより良く、より効率的に使用し、製品文書の作成にかかる労力を削減できるようにしたいと考えているからです。このように、Contentservは、世界中のハーフェレ社の商品群の「信頼できる唯一の情報源」となりつつあります。

続きを読む

事例の詳細はこちらからダウンロード

本資料では、HAFELE(ハーフェレ)社のContentserv導入に関する次の内容を掲載しています。

  • 顧客サービスのフロントとなるアフターサービスシステムを刷新
  • 等身大でより手軽に使いこなせるPIM/DAMツールを求めた
  • 構築フェーズからプロジェクトに加わったエクサと共に技術課題を解決
  • 画期的な業務効率化と顧客満足度の向上に貢献

本事例の内容は掲載当時のものとなっております。

   

 

30分でつかめるPIMの基礎
PIM 101 基礎講座第1回: 情報の一元管理はゴールではない

商品データを活用したマーケティング戦略を成功させるために、PIMの知見が示す3つの考え方・方法論を学ぶ講座。シリーズ第1回では、情報を一元管理する「だけ」ではなく、いかに活用していくかについて、Contentservの機能ベースに解説します。

今すぐ視聴する