<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

ミツトヨ、PIMとCMSの連携で新商品の市場へのオファースピードを飛躍的に向上

" PIMシステムが稼働した現在は、設計開発部門から入手したデータを所定の形式にあわせて登録すれば、即座にWebサイトで公開できます。新商品を市場にオファーするスピードが飛躍的に高まったことは、今回のプロジェクトの最大の成果です。"

株式会社ミツトヨ 

グローバルマーケティング本部  

販売促進部  マーケティング課 課長 中島 幸太氏

mitutoyo

株式会社ミツトヨについて

1934年の創業以来「測ること」と向き合い続け、現在では業界最多の5,500種類以上の商品群を有する精密測定機器の総合メーカーとなった。精密測定に関する課題を解決し、精密測定技術の練磨・革新を続けることで、お客様の事業発展や世界の産業・技術の進展に貢献することを最大のミッションとしている。2034 年に迎える100周年に向けて「ミツトヨVision100」をスタート。自らの手で「これまでのミツトヨ」のイメージを塗り変え、顧客の期待を超える存在、「未来を提案するソリューションカンパニー」を目指す。

5,500種を超える精密測定機器の製品群の商品情報をデータベース化したPIMシステムの構築でブランド力を向上

世界有数の精密測定機器の総合メーカーである株式会社ミツトヨ様(以下、ミツトヨ様)が取り扱う商品群は、業界でもトップクラスの5,500種類以上に及びます。

しかしこれらの商品のITシステムによる情報管理はほとんど進んでおらず、営業活動も紙のカタログによって行われているのが実情でした。

eコマースを推進する海外拠点や販売代理店からは、商品情報をデータで提供して欲しいという要望も高まっていましたが、このままでは対応することができません。そこでグローバルマーケティング本部は部門主導の取り組みとしてエクサをパートナーに選定し、Contentservを基盤とするPIM(商品情報管理)システムの構築にあたりました。この成果、ミツトヨ様全社の意識改革を呼び起こし、デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けたモチベーションを高めています。

導入前の課題
  • 5,500種類以上に及ぶ商品群の情報をカタログからデータ化
  • CMSと連携してWebサイトから商品情報を発信
効果
  • 従来のWebサイトでは2~3か月を要していた新商品の情報公開のタイムラグを解消
  • 海外拠点の独自のPIMやWebサイト、e-コマースとも柔軟に連携

5,500種類以上に及ぶ商品群の情報をカタログからデータ化量の商品情報が蓄積されているPIMを有効活用し、CMSと連携してWebサイトから商品情報を発信

「商品情報をデータでほしい」という要望に応えられるシステム導入へ

事例の詳細は下記よりダウンロードしてお読みいただけます。

事例の詳細はこちらからダウンロード

紙カタログの膨大な商品情報をPIMで管理するまでの苦労を乗り越え、新商品の市場へのオファースピードを飛躍的に高めたミツトヨ様のDX推進の取り組みの詳細が収録されています。

ダウンロードする