<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

日本電子、約4万点に及ぶ
商品情報をPIM/DAMで一元管理、
顧客満足度を向上する
アフターサービスシステムを刷新

"多岐にわたる部品に関するあらゆるデータがContentserv 上で一元管理されているため、クリック一つで最新の情報を瞬時に得ることができます。これまで例えばカタログ冊子を作る際に、関係者全員が集まってデータを一つひとつ整理していたことを思い起こせば、これは画期的な業務改善の効果です"

日本電子株式会社 IT本部
システム開発部第1開発グループ副主査 髙橋 美絵氏

 

Jeol Customer Story jp-customer-stor-jeol

日本電子は、顧客満足度の向上と社内業務の効率化を目指し、20年来にわたって運用してきたアフターサービスシステムの刷新に踏み切りました。その中核となるPIM/DAM として導入したのが Contentservです。Contentservで4万点に及ぶ部品に関する情報の一括更新や、EC サイトに対するより鮮度の高い充実した情報提供を実現するなど多くの成果をもたらしています。

日本電子株式会社について

電子顕微鏡の老舗メーカーとしてグローバルなビジネスを展開する日本電子株式会社は、19495 月に電子顕微鏡の開発会社として発足以来、創造と開発をもとに科学の進歩と社会の発展に貢献するという創業時からの理念を糧に、 70年以上にわたり電子顕微鏡をはじめ、分析機器、医用機器、産業用機器など事業の拡大に努めてきました。また、世に先駆け、世界市場を視野に入れた販売、サービス体制の構築に努め、現在では数多くの製品が世界のいたるところで使用されており、グローバル企業としての高い評価を獲得しています。

導入前の課題

電子顕微鏡のグローバル市場におけるリーディングカンパニーとして知られる日本電子様。電子顕微鏡以外にも分析機器、医用機器、半導体関連機器、産業機器の製造・販売・開発・研究もてがけるなど様々な市場分野にアプローチしています。さらに2022 2024 年度の新中期経営計画「Evolving Growth Plan」では「世界の科学技術を支えるニッチトップ企業へ」というビジョンを掲げ、従来から推進してきた「YOKOGUSHI 戦略」のもと、研究開発力、ものづくり力、サービス力のさらなる強化を通じて顧客満足度の向上を図り、事業規模の拡大と高収益化につなげていこうとしています。

そうした中で、2018頃から検討を進めてきたのが、様々な顧客サービスのフロントとなるアフターサービスシステムの刷新です。主な対象は、サービス対応用のシステム(CTI/ コールセンターシステム/フィールドサービスシステム)、パーツ受注用システムEC サイト受注/ パーツセンターシステム)、海外用システム(技術情報開示システム/ 英語版部品検索)の3種類のシステムです。これらのシステムはいずれも稼働開始から20年を超えるため、次のような課題に直面していました。

  • 最新のOSで稼働させることが難しく、各種指標を手作業で集計しているため、サービス事業の取り巻く環境変化に迅速に対応できない
  • パーツ(部品 / 消耗品)、 SWAP(保守サービス用の交換部品)、サービス技術情報の大きく3 種類がありますが、系列と呼ぶ製品カテゴリーごとの所管部署に分散しているため、データの管理・共有に膨大な時間とコストがかかる

そこで日本電子様は、上述のように分散している情報資産をデータベース化し、一元管理することで課題解決を目指しました。

 

Facts &
Figures

数字で見る日本電子のPIM/DAMプロジェクト

業種: 

理科学機器メーカー

ワールドワイド

世界25カ所に拠点

商品:

電子顕微鏡、核磁気共鳴装置 、

質量分析装置など

管理する商品点数:

40,000+ SKUs

チャネル連携: 

サービスシステム

ECサイト

導入支援パートナー:

株式会社エクサ

Contentserv solution:

PIM & DAM

顧客サービスのフロントとなるアフターサービスシステムを刷新、画期的な業務効率化と顧客満足度の向上を実現

日本電子は、分散している情報資産をデータベース化し、一元管理することで課題解決を目指しました。ERPと連動して集めてきた部品の基本情報にプロモーション情報を一元管理し、ECサイトや電子カタログなどに展開するとともに、海外に対しても開示可能なセキュリティや操作性を持たせることを新しいシステムの要件としました。

その中で、「Contentserv 社から紹介されたある製造業のユーザーから直接お話を伺ったところ、私たちと同じような多くの苦労を乗り越えてContentserv で導入を成功させたことに非常に興味を持ちました。これが後押しとなって私たちも導入を決断。その後、Contentserv 社からこのユーザーをサポートしたエクサを紹介していただき、プロジェクトを進めてきました」と井出氏は語ります。

 

要件

  • ERPと連動した部品の基本情報および写真や技術情報など関連情報を一元管理
  • ECサイトやフィールドサービスシステムなど、様々なシステムと連携した容易かつスピーディな情報提供
  • 海外に対しても開示可能なセキュリティや操作性を持たせることを新しいシステム

効果

  • 約4万点に及ぶ部品データの一括更新を可能として業務効率を大幅に改善。
  • 各部品に関する最新情報をクリック一つで迅速に検索
  • ECサイトに鮮度の高い充実した情報を反映して顧客満足度を向上

 

事例の詳細はダウンロードしてお読みいただけます。

■ 詳細事例のダウンロードはこちら

■株式会社エクサの事例ページはこちら

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

弊社が提供している装置や部品の中には、国内よりも海外の売上比率がはるかに高いものが数多くあります。それらに関しては当然のことながら海外の現地法人のほうが多くの知見を有しているため、PIM/DAM にその情報を反映していくためのスキームを整えていきたいと考えています。

日本電子株式会社 フィールドソリューション事業部
サービス企画推進本部企画推進部 企画G主査 井出 亨氏

jeol-customer-story-page-picture

事例の詳細はこちらからダウンロード

顧客サービスのフロントとなる新たなアフターサービスシステムの核となるContentserv PIM/DAMを構築し、画期的な業務効率化と顧客満足度の向上を実現した日本電子様の取り組みの詳細が収録されています。

ダウンロードする