<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

導入事例: Lacoste社

プレミアムファッションブランド

ラコステは、レガシーな商品情報管理システムを刷新し、120 カ国 1万を超える販売チャネルの商品情報をContentservで統合管理しています。

Lacoste社、オムニチャネルブランド体験を向上 lacoste-case-study-image-450x220-1

Lacoste 社について

1933年にポロシャツの生産を始めた Lacoste(ラコステ)社はそれ以来、スポーツに根ざした正統なルーツを拠り所として唯一無二の独創的なスタイルを築き上げ、世界中の女性、男性、子供たちに喜びとエレガンスを届けています。高級カジュアルウエア業界で主要な地位を確立するという大きな目標を掲げ、ワニのブランドのもとで、精選された流通ネットワークを通して120カ国で商品を展開しています。同社は 2015年より Thierry Guibert氏がCEOを務め、1万人の従業員を抱え、1,200のブランド直営店と20のeコマ ースサイトを含む1万600の販売チャネルを展開し、年間売上は20億ユーロを超えます。

Screen Shot 2021-05-19 at 7.09.42 PM

導入前の課題

Lacoste社は、デジタルトランスフォーメーションの取り組みを通じて、ブランドのグローバルオムニチャネルの拡大を目指しています。同社の目標は、従来のメーカー的役割から脱却し、あらゆる販売チャネルを統括するブランドとして、 世界中の消費者に独自のショッピング体験を提供することです。このデジタルトランスフォーメーションを率いるのが、 社内組織であるDigital Factoryです。Lacoste社のプレミアムなアイデンティティと世界的な評価を守るとともに、 顧客にパーソナライズされた体験を提供することを目的に設立されました。Digital Factoryは、統合基幹業務システム(ERP)、注文管理システム(OMS)、デジタルアセット管 理(DAM)を含む複数のシステムを基盤にした、有用なソフトウェアインフラを構築しました。また、eコマースを推進するための販売業者向けサイトも構築しました。

しかし、変化の激しい既製服市場では、商品データが多様かつ膨大となり(1シーズンに6,000色の色見本、品揃え情報、多言語による商品説明の更新情報など)、マニュアル作業による入力は非常に困難になっていました。さらに、データ管理には主にスプレッドシートを使用していたため、作業に時間がかかり、ミスも多発していました。そのようなデータでは、デジタルトランスフォーメーションに基づくプロセスのスピードに追い付けません。また、入力ミスも多く発生し、結果として商品の市場投入の遅れを招いて売上に悪影響を及ぼしていました。もう1つの大きな課題は、変動の激しいデータを扱うことです。たとえば、コレクションは6カ月ごとに一新する必要があり、北半球と南半球での季節の違いも考慮しなければなりません。

そのような状況で、販売業者向けサイトとマーケットププレースの両方に向けた商品カタログの作成と配信を効率化するツールの導入を必要としていたのです。同社は、商品情報管理(PIM)ソリューションを使えば、データベースをすばやく充実させ、コンテンツを正確に集約して、市場投入までの期間を短縮すると同時に、俊敏性と柔軟性を向上できると判断しました。

要件

Lacoste社の主な目標は、すべての流通チャネルで一貫した統一的なブランドプレゼンスを確立すること、そして何よりも、すべての顧客により魅力的な商品体験を提供することです。実際、今日の消費者の要求に応えるには、eコマースサイトで優れた顧客体験を提供することが欠かせません。

これらの初期目標に加えて、PIMソリューションの導入による定量目標も2つ設定しました。受注の平均単価を上げること、そして商品の返品率を下げることです。

同社は5つのPIMソリューションを評価したうえで、2016 年末 、Contentserv の導入を決定しました。Contentservなら、直感的で使いやすいインターフェースによる操作でデータをすばやく登録・編集し、すべての販売メディアに配信できます。PIM業界のパイオニアとして20年にわたり世界中の幅広い企業の信頼を集める Contentserv は、商品情報管理に関する豊富な経験を備えています。

Screen Shot 2021-05-19 at 7.10.05 PM

ソリューション

Lacoste社は社内リソースを総動員して、Contentserv とその導入パートナーによる支援のもと、2017年11月に本番稼働を開始しました。PIM モジュールに加えて、商品の説明や属性を簡単に翻訳できるTranslation Manager、 データを売場のシステムに自動転送できるSalesforce Commerce Cloud Connector、文書をさまざまな形式ですばやく出力できるSmart Documents、グラフィカルな視覚要素を使ってプロセスを明確に定義して自動化できるWorkflow Manager などの主要コンポーネントも導入しました。Contentservのプラットフォームでは、権限を与えられた40人のユーザーが日々作業を行い、データを全面的に管理しています。すべての商品と必要なデータを包括的に把握することで、プロセスを簡素化し、さまざまなコマースサイトをすばやく構築できるようになりました。

導入効果

Lacoste社は、Contentserv PIMソリューションを導入することで、オンラインと店舗の両方でマーケティングプロセスを強化できました。ワークフローによるタスク管理はプロセス全体の効率と効果を向上させ、商品カタログの作成における従業員の生産性が大幅に向上しました。その結果、ユーザーはツールを使ってより柔軟にデータを編集するとともに、システム全体にわたり情報をすばやく把握可能となり、本業だけに集中できるようになりました。

Contentserv PIMソリューションはデータ生成の柔軟性が高く、膨大なデータ(240万件の属性、2万4,000 件の参照、17万 2,000件の EAN/UPC バーコード)を管理できます。Lacoste社では、このソリューションに組み込まれたエクスポート手順を利用して、1日あたり最大4万アイテムをエクスポート可能にすることで、カタログやWebページの自動作成と自動編集にかかる時間を短縮しました。エクスポートした後は、定義済みのルールに従って動的モデルにドラッグアンドドロップするだけで画像、技術的な属性、価格を構成することができます。

他にも大きな成果として、顧客が自分の好みをより詳細に指定して最高のショッピング体験を可能にする、新しい商品属性を簡単に作成できるようになりました。以前はこのプロセスに数カ月を要していましたが、今では 2~3 週間で行えます。さらに、アパレル業界では商品構成が季節によって大きく変動するため、6カ月ごとに全商品を見直す必要があります。Contentserv PIMソリューションでは、販売中の商品の属性(1つの商品につき約300 種)を保持できるため、カタログをゼロから再度作成する必要がなくなりました。

Lacoste 社では、地域に応じたよりインテリジェントな対応が可能となり、北半球と南半球の6カ月の季節的な違いを考慮した日程で新作コレクションを発表することが簡単にできるようになりました。新しいサイトの構築も簡単で、ブランドアニメーションを すばやく作成し、多言語化にも容易に対応できます。実際、Contentserv PIMソリューションを導入する前は、5つの言語にしか対応していませんでした。しかし現在では、20ほどの eコマースサイトと実店舗で 11の言語に対応し、ブランドのグローバルマルチチャネルのリーチを順調に拡大しています。

ワークフローは、すべてのプロセスとシステムアクセス権を考慮したうえで一元化されています。アクセス権に関しては、すべての操作を管理し、実行されたタスクを追跡できるようになりました。ダッシュボードには、総合的な運用状況が要約して表示されます。 その結果、生産性が大きく向上して、マーケティングの効率と対応スピードも上がり、何よりも市場投入までの期間が大幅に短縮されました。

導入から2年を経て、ソリューションの運用は順調です。ソリューションを拡張して機能をさらに強化するとともに、DAMコンポーネントを統合する予定です。

 

このソリューションに大変満足しています。2 年にわたり期待どおりの効果を発揮し、 導入による第 1 の目標を達成できました。

 Lacoste 社 CIO (最高情報責任者) Jean-Philippe Dran 氏

Screen Shot 2021-05-19 at 7.09.56 PM

 

 

Contentserv PIMとDAM
統合プラットフォーム

プロセスの最適化、コラボレーションの加速によってより早い商品の市場投入を実現する全ての機能を提供するContentserv 統合型プラットフォームの機能概要、メリットについて紹介しています。製品資料をぜひご覧ください。

ダウンロードする