<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

導入事例:Miele社

プレミアム家電ブランド

ミーレ社は、Contentservでメディア管理を最適化し、最新で魅力的なデジタルアセットを効率的に配信でき、グローバルでブランディング管理の強化を実現しています。

Miele社、グローバルでブランド管理を強化 miele-featured
ミーレ社について

Miele(ミーレ)社は、1899年にドイツのギュタースローに設立され、家庭用および業務用洗濯機・食器洗浄機・消毒器を提供する世界唯一のプレミアムブランドとして5大陸で販売されている。ミーレ社は2万人以上の従業員を擁し、49社の海外販売会社による家電製品・キッチン家具特定販売パートナーネットワークを通じて世界中に製品を販売していいる。

導入前の課題

ミーレ社では、数万ページや画像に及ぶ販売チャネル向けパンフレットを毎年数百部も発行する。 高品質の販促素材を、コーポレートデザインに合わせながら迅速に、かつ多言語で提供することが大きな課題となっていた。散在するデータや外部制作プロダクション依存が原因で、適切なアセットの選択・準備プロセスに手間がかかっていた。

その結果、49社の販売会社にとっては、透明性の欠如、コストと処理時間がかかるという問題が山積していた。ミーレ社は、販自動化と標準化によって促素材の制作プロセスを最適化し、商品コンテンツの品質を高めながら、制作時間とコストを削減する仕組みを検討する必要があった。

要件

ミーレは、デジタルアセットを一元管理し、チャネルシームレスな画像変換・配信を可能するソリューションを検討。主な要件は:

  • デザインガイドラインに準拠した販促素材のローカリゼーション
  • ワークフロー管理による販売会社間の効率的なコラボレーション
  • データやデジタルアセットの効率的なエンリッチメントプロセス
  • SAP連携によるデジタルアセットの一元管理
ソリューション

ミーレ社は、同社の膨大なデジタルアセットを管理し、総合的なメディア管理プラットフォームとしてContentservを選択。同社は、すべての画像データを一元的なリポジトリに集約し、社内外のユーザーがポータルインターフェースを介して必要な画像データにアクセスして選択できるようにした。Contentservは、ユーザーがデジタルアセットのサイズを自動的に変更し、それぞれの出力に必要な解像度と色深度に変換することを可能にした。

また、ContentservとAdobe InDesign Server連携により、InDesignファイルをブラウザから直接編集、更新することができる。こうすることで、ミーレのワールドワイドな販売会社では、リーフレットのテンプレートを簡単に選択して、ローカル環境に追加ソフトウェアやフォントのインストールなしに、現地要件に合わせて翻訳・公開することが可能になった。同時に、ドイツにおける本社マーケティングコミュニケーション部が承認した新しいテンプレートに、ローカルユーザーが予め定義済みのアクセス・編集ルールに従ってオンラインで内容を記入できる 。

この導入の重要な点は、海外販売会社に対して、すべての印刷ジョブを構造的に提供し、ブランド管理を強化することでした。ユーザ権限管理とワークフロー管理により、アクションやタスクを附した自動修正ワークフローを介して効率的な制作フローを統合管理できる。コーポレート・デザインガイドラインも確実に遵守される。ワークフローを介して、利用者同士のコミュニケーションロスの問題なく、全ての制作・校正プロセスがWebブラウザ上で直接行われるため、関係者間の共有、履歴管理が可能になり、メディア制作業務の大幅な効率化が実現した。

導入効果

Contentservを活用して、メディア制作プロセスの柔軟性を高め、デジタルアセットの質を確保することが可能になった。ContentservはWebベースのシステムであるため、場所や時間を問わずアクセスでき、メディア制作 にかかる時間とコストを削減し、商品の市場投入時間の大幅な短縮を実現した。同時に、ミーレ社は画像やメディアデータのデータ主権を保有し、グローバルで統一したブランド管理を実現した。

海外向けメディア管理にContentserv を活用することで、メディア制作の効率化と一貫したブランドアイデンテ ィティを確保しています。

Miele社

Marketing Communications International部 Stefan Kuhlmann

デジタルアセットの価値を最大限に引き出す
Contentserv DAMの力

PIMと統合されたDAMを活用することで、商品にかかる全てのデジタルアセットを紐づけて管理でき、商品コンテンツ制作業務の効率化、ブランド管理の強化を実現できます。製品資料をぜひご覧ください。

ダウンロードする