ターゲットを絞り込んだ、他社とは一線を画すブランドメッセージを届ける

情報が氾濫する現在、ありきたりな商品情報では顧客を満足させることはできません。顧客は、自分のためにパーソナライズされたエモーショナルな商品体験を求めています。ターゲットを絞り込み、相手の心情や背景といったコンテクストまで理解した上で、心に響く商品コミュニケーションを創り出すことは、PIMの力だけでは成し遂げられません。