Product Experience management platform  

今日の小売業や製造業では、消費者の購買行動の変化やビジネスのデジタル化の流れを受けてマーケティング活動の抜本的な見直しを迫られています。CONTENTSERV のProduct Experience Management Platform によって、企業はさまざまなチャネルの商品情報を一元的に管理することができます。統合的な商品情報管理プラットフォームによるオムニチャネル施策やデジタルマーケティング施策を実施することで、顧客の心に響く商品体験を創出し、ブランド価値を最大化することが可能になります。

最高の商品体験のために

在庫/季節性/トレンドを反映させ、複雑な商品情報を容易に管理

マーケティングからeコマースへの商品情報提供までのシームレスな連携

適切なタイミングでカスタマイズされたコンテキストコンテンツを提供

顧客満足度の向上、高速なマーケットの拡大

情報品質の向上、コスト削減、返品防止、市場投入時間の短縮


ソリューション一覧

商品情報管理 - デジタルアセット管理

Product Information Management / Digital Asset Management

商品コンテンツ制作や販促活動に関わる全ての関係者が常に最新の商品情報をタイムリーに共有できる効果的なコラボレーションを可能にします。商品データ/仕様/価格などのテキスト情報の他、画像や動画などのデジタルアセットを紐付けて一元的に管理し、多様な配信チャネルへ一貫した情報を配信することで、よりスピーディな商品の市場投入を実現します。

マスターデータ管理(MDM)

Master Data Management

散在するデータを複数のデータソースからシームレスに取り込んで照合・統合し、ゴールデンレコード(最も信頼性の高い完全なデータ)を作成します。サプライヤーと容易につながり、高品質の情報提供を実現します。従来のMDMシステムで処理不可能だったビジネス上重要な商品関連領域を整備し、エクスペリエンスを強化するデータ活用を促進します。 

マーケティングコンテンツ管理(MCM)

Marketing Content Management

よく売れる商品群、急速な変化を続けるプロモーション、コンテンツ主導のコンテクスト・キャンペーンを定義します。 One to One コミュニケーション、顧客層のマイクロターゲティング、自動学習システムにより、あらゆるチャネルで関連性の高い、顧客の心をつかむ商品体験を創出できます。

CONTENTSERVは、企業のデジタル変革を強力に支援します。

Eコマース   オムニチャネル    グローバル展開

お問い合わせはこちら


お客様事例

 

CONTENTSERV が誇るお客様の信頼

世界89ヵ国で300,000を超えるユーザーが利用。使いやすさと信頼性が高く評価され、大企業から中堅企業まで、業種業界を問わず、CONTENTSERV ソリューションを選んでいます。一部のグローバル顧客をご覧ください。

食料品・大規模小売業

ファッション

小売・流通

sanoma logo
sanoma logo

消費者ブランド

logo-russelhobbs
logo-russelhobbs

強力なサポート体制

グローバル拠点、広範なパートナーネットワークにより安心なサービスを提供します。

0

グローバル拠点

0+

従業員数

0+

パートナー

0

CONTENTSERVが可能にするビジネスチャンス


資料ダウンロード・マーケットプレイス

Une Solution Unique

EBOOK

オムニチャネル施策やデジタルマーケティング施策に役立つホワイトペーパー、商品情報管理のノウハウ、CONTENTSERVの成功事例などをご用意しています。ぜひダウンロードしご活用ください。

詳細はこちら

Fonctionnalites Enterprise

調査レポート

CONTENTSERVについて理解を深めていただくための各種調査レポート、CONTENTSERVソリューションに関するアナリスト評価などを公開しています。ぜひダウンロードし、ご活用ください。

詳細はこちら

Marketing Campaigns & Project Management

マーケットプレイス

CONTENTSERVが提供するコネクタ、アプリケーション、拡張機能を、お客様の既存ITインフラにシームレスに連携可能です。お客様の商品情報の価値をさらに高めるために必要なコネクターを入手できます。

詳細はこちら

JA_Test-HomePetra Kiermeier14. February 2018 June 28th, 2018