Share this post

コンテントサーブ、パートナー・テクノロジーアライアンス担当シニア・バイスプレジデントにスヴェン・ムンクを任命

パートナー・テクノロジーアライアンスを強化

Sven Munk

【スイス – 2019年10月7日(スイス本社リリース訳)】

商品体験プラットフォーム(PXP)のグローバルリーダーであるContentserv(本社:スイス・バール、以下コンテントサーブ、日本法人代表 渡辺信明)は、 グローバルテクノロジーおよびアライアンス(SVP TA)担当のシニア・バイスプレジデントにヴェン・ムンクを任命したことを発表しました。ムンクは、グローバルアライアンスおよびプリセールスチームを率いて、パートナー・エコシステムの拡充、テクニカルセールスパフォーマンスの向上を担います。

ムンクは、イノベーションや新市場参入戦略、テクノロジーおよびソフトウェアセクターへのサブスクリプション販売推進における18年以上の経験を持つベテランです。 コンテントサーブ入社以前は、インフォマティカのヨーロッパ・中東・アフリカ地域(EMEA)およびラテンアメリカ地域(LATAM)におけるパートナーおよびセールス、テクノロジー担当の様々な役割を勤め、パートナーマネジメントとプリセールスを統合するための数多くのコンサルティング・アライアンス戦略を推進してきました。

スヴェン・ムンクは次のように述べています。「コンテントサーブは、これほど短期間で主要な Product Experience Platformのリーディングプロバイダーへと成長しており、PIM/MDM市場の先駆者としてイノベーションに取り組む姿勢に非常に感銘を受けました。また、主要な戦略的投資パートナーが参画したことで、コンテントサーブは次の成長ステージに入ろうとしています。今後、戦略的アライアンスと世界レベルのパートナープログラムの構築に取り組み、さらなる成長に貢献していくことが、これまで新しいアイデアの実装に情熱を注いできた自分に与えられた使命と感じています。」

グローバルプレジデント パトリシア・カースナーは次のように述べています。「当社は世界中のパートナーネットワークを通じてお客様プロジェクトを成功に導いています。コンテントサーブへの関心が高まっている中、絶好のタイミングでスヴェン・ムンクを迎えることができました。ムンクの豊富な経験を得ることは、戦略からセールス、パートナーイネーブルメントまでパートナーサポートのあらゆる面でまさに理想的です。ムンクが世界規模で構築する主要なテクノロジーパートナーとの関係、そしてパートナープログラムの構築は、当社のグローバル成長戦略を支えていくことでしょう。」

ムンクの任命は、Contentserv Groupのさらなる成長を促進する戦略の一環として、マールクス・ルーペルト(Marcus Ruppert)のビジネスソリューションデザイン・サービス担当のバイスプレジデント就任、スティーブ・マーフィー(Steve Murphy)のチーフ・レベニュー・オフィサー(CRO)就任に続くものです。

Contentservについて

コンテントサーブ は、あらゆるチャネルに対して最適化された商品コンテンツを提供し、リッチでエモーショナルな商品体験を創出するオムニチャネル商品情報プラットフォームです。商品情報管理(PIM)、マスターデータ管理(MDM)、デジタルアセット管理(DAM)統合型プラットフォームによって、企業の持続的な成長とブランド価値の向上を支援します。コンテントサーブは、小売業や製造業において、営業、マーケティング、経営企画、製品開発、情報システム等さまざまな部門で利用されています。

ソリューション・サービスに関する詳細は、 https://www.contentserv.com/をご参照ください。コンテントサーブ会社概要は、https://www.contentserv.com/jp/about-us/ をご参照ください。

本リリースに関するお問い合せ先:

株式会社Contentserv
マーケティング部・プレウスレン
marketing_jp@contentserv.com · www.contentserv.com/jp
Tel: 03-6823-5811