<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

Contentserv 新CTO就任、
クラウドネイティブ
カンパニーを目指す

テックビジョンと体験価値の創出力を強化

【2020年3月25日(スイス本社リリースの抄訳】

商品体験プラットフォーム(PXP)のグローバルリーダーであるContentserv(本社:スイス・エルマツィンゲン、日本法人:東京港区、以下Contentserv)は、Andreas Gerst 氏(アンドレアス・ゲルスト)をCTO(最高技術責任者)として、新たに迎えたことを発表しました。

今後は技術チームのトップとして、Contentservの商品情報管理・マーケティング体験管理ソリューションのリーディングポジションの維持とアジャイル開発でクラウドへの移行を加速させ、企業価値の創造にコミットしてまいります。

アンドレアス・ゲルスト氏は、ソフトウェア開発、グローバル技術チームの構築・管理において長年の経験を持っています。Contentserv入社以前は、EQSグループにおけるCTO、CA TechnologiesにおけるCTO・プリセールス担当バイスプレジデント、TIBCO SoftwareにおけるグローバルCTSソリューションのプリセールスコンサルティング担当シニアディレクターを務め、テクノロジー・イノベーションに対する情熱とIT専門知識により、革新的なオンプレミスおよびSaaS製品の開発に従事してきました。

ケルスト氏は次のように述べています。「ContentservはPIM分野における揺るぎないポジションを確立したリーディング社であり、マーケティングエクスペリエンス管理(MXM)においても、数年先を見据えて開発を進めています。経験豊富で先見の明のあるチームと協力して、製品をさらにエクスペリエンス管理へと大きく前進させることができると確信しています。CTOとして「卓越したイノベーティブな製品をお客様に届ける」というコーポレートミッションのもと、最適なテクノロジーを使って最大限の価値を生み、それを迅速にお客様にお届けできるよう、エンジニアリング力をエンパワーすることに邁進してまいります。」

Contentserv Group CEOのアーミン・ドレスラーは次のように述べています。「当社の将来を見据えた野心的なプロダクト戦略を実行するためには、型破りの考え方を持つ専門家が必要です。アンドレアスは、当社の商品体験プラットフォーム(Product Experience Platform)を拡大し、事業成長とイノベーションを加速させる上で極めて重要な役割を果たします。」

Contentservは、アンドレアス・ゲルスト氏をトップに最適な人材、そして最新のテクノロジーと世界中のベストプラクティスを取り入れて、顧客が主導権を握る世界を前提に、唯一のマーケティングエクスペリエンス管理(MXM)のクラウドネイティブなグローバルプロバイダーを目指します。

Contentserv について

Contentserv(コンテントサーブ) は、あらゆるチャネルに対して最適化された商品コンテンツを提供し、リッチでエモーショナルな商品体験を創出するオムニチャネル商品情報プラットフォームです。商品情報管理(PIM)、マスターデータ管理(MDM)、デジタルアセット管理(DAM)統合型プラットフォームによって、企業の持続的な成長とブランド価値の向上を支援します。コンテントサーブは、小売業や製造業において、営業、マーケティング、経営企画、製品開発、情報システム等さまざまな部門で利用されています。

ソリューション・サービスに関する詳細は、 https://www.contentserv.com/をご参照ください。会社概要は、https://www.contentserv.com/jp/about-us/ をご参照ください。

本リリースに関するお問い合せ先:

株式会社Contentserv
マーケティング部・プレウスレン
marketing_jp@contentserv.com · www.contentserv.com/jp
Tel: 03-6823-5811