<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

Contentserv、ガートナーのMDM分野の
マジック・クアドラントに今年も選出

2021年版MQ for MDMにおける「チャレンジャー」認定

2020 年 2月 9 日 (スイス、エルマツィンゲン)

グローバルな商品体験プラットフォームを提供 Contentserv(本社:スイス・エルマツィンゲン、日本法人:東京港区、以下 Contentserv)は、本日、世界的な調査・アドバイザリー企業であるガートナー社が発表したマスターデータ管理(MDM)ソリューションの2021年マジック・クアドラントにおいて、Contentservが「チャレンジャー」の3社のうちの1社として認定されたことを発表しました。 

Contentserv CEO フロリアン・ジンクのコメント 

「ガートナー社から再びを評価を受け、次の段階へと成長を続けていることを光栄に思います。私たちは、最適でパーソナライズされた顧客体験を実現するための製品革新に注力するだけでなく、すくに利用でき、その価値を感じていただけるような、高度に標準化され、かつ容易に拡張できるソリューションを提供しています。これらすべては、真の顧客中心の組織への変革を目指す当社の目標につながっています。」

Contentservは、B2BおよびB2Cでの商品販売におけるシナリオを熟知しています。最新のMDMプラットフォームでは、商品を中心に、場所、サプライヤー、複数のデータドメインにまたがるMDMのユースケースをサポートするクラウドネイティブソリューションを提供します。商品情報とメタデータ情報のオンボードとオフボードの両方をサポートし、ビルドインのデータ品質検証機能と階層管理機能で、ワークフローやビジネスプロセスの管理においてお客様に価値ある新しい機能を提供します。 

ガートナーは、「特に変化の激しい今の時代において、最も重要なデータの管理によるビジネスの俊敏性といった利点を享受する企業が増えており、MDM市場は進化し続けています」と述べています。

顧客体験は、今後数年間、Contentservにとって重要な焦点であり続けます。Contentservは、より多くの企業により優れた機能を提供できるよう、当社の提供するサービスに投資し、強化していきます。

ガートナーの免責事項

Gartner, Magic Quadrant for Master Data Management Solutions Simon Walker January 27, 2021.

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。 

Contentservについて

Contentservは、小売業者やブランドが先進技術のもたらす可能性を最大限に活かし、小売業者やブランドが画期的な商品体験を作り出す未来を実現します。当社のビジョンは、”Time to Value”(価値創出までの時間)を重視し、先進的で完全な、ビジネスに特化したプラットフォームを提供し、マーケターや商品チームの業務負担を軽減することです。

Contentservの商品情報管理(PIM)、マスターデータ管理(MDM)、マーケティング体験管理(MXM)の統合型プラットフォームにより、小売業やブランドのオーナーは、顧客の期待以上に豊かで、身近で、感情に訴える商品体験の提供が可能となります。

ソリューション・サービスに関する詳細は、  https://www.contentserv.com/ をご参照ください。

 

Media Contact

Petra Kiermeier
Director, Global Marketing Communications
pr@contentserv.com · www.contentserv.com
T +49 8442 9253 800