Contentserv MXMは、顧客指向の商品体験を強化するよう設計されています。最適な商品を適切な顧客に向けて市場に出しましょう。

静的&動的な構成

静的&動的な構成を介して商品に関連する構成を作り出します。静的な観点から、商品のすべての要素(製品イメージ、名称、説明、機能など)を単一または複数のターゲット(例:バイヤーペルソナ、B2Bアカウント、状況、チャネルなど)に向けてカスタマイズできます。動的な観点からは、当社のアフィニティエンジンを使用して、顧客にぴったりな商品の適切な要素をリアルタイムで組み立てます。

アフィニティエンジン

当社のアフィニティエンジンを介してリアルタイムでおすすめ商品情報を提供します。アフィニティとは、従来の属性とは異なり、主題(商品、ブランド、属性またはリッチコンテンツ)が特定のシチュエーションでどのように効果を発揮するかを示すスコアです。最適な商品を適切な情報と共に表示し、さらにダイナミックなバンドリング、より高額な商品の販売などにつながる適切な関連商品を表示します。


Contentservと共に真にパーソナライズされた商品体験を創出しませんか?

商品データの管理とパーソナラゼーションを支援するソリューションにより、かつてないほど容易にマルチチャネルでのプロモーション展開を実現します。


キャンペーン&プロモーション

特定の地域およびチャネルに最適な商品が販売促進されるようキャンペーンとプロモーションを企画・実施し、その期間に一貫した商品情報が配信されるようにします。印刷に特化したプロモーションでは、Adobe InDesignが内蔵、統合された最先端のホワイトボードコンポーザーにより広告コミットメントに合わせて印刷プロモーションを企画・実装できます。

Contentservのセキュリティとコンプライアンス

お客様データ保護への取り組み – Contentservは、お客様データ保護を最優先事項としてとらえ、厳格な規制・業界基準に沿った認証を保持しています。
ISO 27001 は、ISMSの導入、監視、維持、継続的改善における具体的な要件を義務付けるものです。 これには、お客様情報の保護に必要な脆弱性・リスクを特定し、お客様データの機密性、完全性、利用可能性の確保に役立つ手順の導入が含まれます。

ISMS認証を見る

Contentservのお客様事例

Contentservを採用して間もないにもかかわらず、すでにスピードと効率性が改善されたといえます。XSARUSおよびContentservについては今後も取り組みを続け、将来的にはさらに多くの機能を追加して、活用していく予定です。

Rebekka van der Kooi氏、PIMアプリケーション&チームメンバー指定&ラベリング担当マネージャー
、Zijerveld


顧客指向商品体験のためのエンドツーエンドソリューション

商品のリレーション

商品の関連性を自動化することで、顧客は今まで出会うことのなかった商品について知ることができます。商品のアップセル、クロスセルまたは切り替えのうちどの状況でも、顧客が単一の製品のレンズからではなく、むしろ顧客自身の具体的な要求と必要性、問題をすべて解決する商品のエコシステムから御社商品に確実に関与していくよう仕向けられます。

静的&動的なバンドリング

顧客へ、商品だけでなくソリューションをプレゼンする業界トレンドに対応します。一連の商品を手作業で組み合わせてセット商品にするか、動的に組み立ててリアルタイムに出荷するかにかかわらず、適切な一連の商品が組み合わされ、リッチな体験を通じて顧客に販売できるようになります。

自動タグ付け

手作業で商品にタグ付けする手間をなくします。商品が導入される際、外部データソースの分析、社内ツールおよびアルゴリズムの実行または外部ツールを通してその初期アフィニティスコアを設定できます。商品にタグが付けられた後は、御社チャネルからの使用指標を処理することで常に改善されます。

リポート&分析

ターゲット顧客に向けた商品プロモーションとカスタマイズの精度を高め、パフォーマンスを追跡せて共有できるようになります。状況に即した商品の指標を視覚化、あるいはプロモーションイメージの効果を分析し、商品の販売成績をさらに深く理解することができます。


DE: T +49 8442 9253 800
UK: T +44 (0)1844 214 004
FR: T +33 1 73 77 56 04
BE: T +32 3 369 37 00
NL: T +31 634185447
USA: T +1 619 736 7469
JP: T +81 3 6823 5811