Contentserv Japan 編集部 最新の記事: この記事を共有する:

関連記事

BlogE-Commerceコマース
世界のB2Bマーケットプレースのトップ5

Statista社によると、2019年の世界のB2Beコマース業界の規模は12.2兆米ドルであり、B2Ceコマースの規模の6倍を超えます1。この数字に基づくと、将来のeコマース、少なくとも近い将来についてはB2Bが支配的といえるでしょう。しかし、上位5つのB2Bマーケットプレイスをご存知でしょうか。現在はAmazon BusinessとAlibaba.Comが群を抜いていますが、B2Bマーケットプレイスのトップ5を詳しく見ていきましょう。 Amazon Business キャッチフレーズ「Everything you love about Amazon. For your business(あなたが評価するAmazonのメリットを、ビジネスで)3」がすべてを言い表しています。つまり、企業は登録するだけでプラットフォームを使用してビジネス用品の購入を始めることができます。また、経営者がユーザーを複数追加して、代理で購入してもらうことも可能です。「承認ルール」により、購入者は注文について承認を依頼でき、また、優先サプライヤーや商品のリストを作成することもできます。Amazon Businessでは、「購買分析ダッシュボード」も提供しており、アカウント管理者は支出とその対象を確認できます。 主な特長:  価格の割引。限定の割引、値下げ、大口割引を提供しており、数百万の商品にアクセスが可能です。…

続きを読む
オムニチャネル
オムニチャネルは死んでいない、進化しただけ

「オムニチャネルは死んだ」と言う人がいますが、おそらく、物理的な店舗とデジタルショップをシームレス化するという概念がまだ少し抽象的だった、初期の頃のオムニチャネルを指して言っているのではないでしょうか。その頃、企業は、消費者についての充実したインサイトを持たない中で、いつでもどこでも購入できるようにと、さまざまなエンゲージメントオプションやショッピングオプションを闇雲に提供していました。いわゆるアプリ作成型のソーシャルメディア戦略です。 しかし、消費者の行動を捉えたデータが蓄積され、AR や AI といったテクノロジが進化するにつれて、オムニチャネルは、チャネルを中心としたものから、真に顧客を中心にしたものへと変わりつつあります。これに伴い、テクノロジーの採用も戦略的になり、各チャネルで明らかになった消費者の振る舞いや期待に基づくようになりました。 目指すべきは、ノイズを除去し、オムニチャネルをさらに成熟させることです。なぜなら、46,000 人の消費者を対象にしたある調査で明らかになっているように、現在、そしてこれからの消費者は「オムニチャネルの買い物客」だからです。 オンラインのみを利用: 7% 店舗のみを利用: 20% 複数のチャネルを利用(オムニチャネル): 73% 消費者と画面が切っても切れない関係にある時代 ……

続きを読む

DE: T +49 8442 9253 800
UK: T +44 (0)1844 214 004
FR: T +33 1 73 77 56 04
BE: T +32 3 369 37 00
NL: T +31 634185447
USA: T +1 619 736 7469
JP: T +81 3 6823 5811