<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

過去20年間の
B2Bコマースの変化

ブログの更新情報を受け取る

インフォグラフィックス:過去20年間のB2Bコマースの変化

かつて、B2Bマーケティングはマニュアルで作成・複製され、ターゲット業界に配布される商品カタログと販売促進資料によって行われていました。インターネットの登場により、従来の購買活動、顧客との関係は大きく変化しました。

eコマースは1970年代に始まったと考えられていましたが、実際に普及し始めたのは、2000年にGoogleがAdWordsを立ち上げた時でした。SEOは標準的な施策になり、あらゆるeコマースビジネスのスケーラブルな戦略であり続けています。これらの変化は、業界をデジタル変革の嵐の中に駆り立てました。

そして、これらの変化はB2Bバイヤーとベンダーにとって何を意味するのでしょうか。

さまざまなテクノロジーの急激な進化により、B2Bバイヤーの状況も変化しました。顧客はインターネットを駆使して情報収集しており、ベンダーも新しい時代の顧客に適応しなければなりません。ミレニアル世代やZ世代の顧客はハイパーコネクテッドであり、好みと期待も著しく異なります。彼らは、よりパーソナライズされた体験を求め、オンライン購買プロセスが次のようにあるべきと考えています。

  • スムーズ:プロセスが簡単かつスピーディー
  • エラーフリー :間違った商品を受け取る可能性がほとんどない
  • アクセス可能 :検索から注文完了まで、どのステップでも購入プロセスを完了することができる
  • パーソナライズ :ニーズに合った商品とオプションが提供される

つまり、B2Bベンダーは自分たちに関心を持ち、パーソナライズされた対応を求めるバイヤーに向かい合うことになるのです。B2Bベンダーは、機会損失のリスクを防ぐために、こうした新時代のバイヤーの要求に応じる必要があります。

過去20年間のB2Bコマースの変化について、次のインフォグラフィックスをご覧ください。

インフォグラフィック:過去20年間のB2Bコマースの変化

デジタル時代の製造業

〜データ主導でビジネスを

推進する方法

本資料では、B2BD2C成功の布石となる商品データ・商品コンテンツ管理のあり方など、デジタル化へのステップを解説しています。