Contentserv Japan 編集部 最新の記事: この記事を共有する:

関連記事

消費者動向
COVID-19が与える購買行動への影響は多種多様

COVID-19のまん延を防ぐために屋内に留まる人々が増える中、この新たな現実により、人々がどこで、どのように買い物をするかに変化が生じる可能性があることは驚くに値しません。このような変化が一時的か永続的なのかは月日が過ぎるまでわかりませんが、パンデミックがもたらす人口統計学的な購買行動への影響を観察し始めることはできます。 慎重なミレニアル世代 ミレニアル世代は、お金について慎重であり、支出の方法、理由、時期、場所について注意深いと特徴づけられることが多いグループです。たとえば、彼らの現在の支出額は、別の年齢層が10年前に支出していた額よりも$20低いのです。1 ミレニアル世代の慎重さの理由を説明する説はいくつかありますが、2007年のグレートリセッションにより形作られたとするものが最も有力です。それにもかかわらず、このグループの今後数十年にわたる購買ポテンシャルは最大です。それが、企業が彼らの購買行動を理解し、ニーズに対応し、期待に応えられるよう先を争っている理由です。 では、このパンデミックが彼らの購買行動に与えている影響はどのようなものでしょうか。感染拡大初期に実施された調査によると、ミレニアル世代の54%がCOVID-19が購買の意思決定に顕著な、あるいはある程度の影響を与えていると回答しています。これは世代別で見ると最も高く、ベビーブーム世代は33%、X世代は42%、Z世代は49%となっています。2さらに、回答者の39%が店舗での購入頻度が減っていると答えており、ミレニアル世代の30%はオンラインショッピングの頻度が高くなっていると答えています。 ミレニアル世代の支出に対する慎重な態度は、以下のように地域社会におけるCOVID-19に関するニュースへの反応に反映されています。3 39%がコロナウイルスに関するニュースが購買方法に影響を与えていると回答 36%がコロナウイルスが商品への支出額に影響を与えていると回答 40%がコロナウイルスの影響への準備のために支出を減らしていると回答 34%がコロナウイルスの感染拡大を見越した商品の購入を増やすと回答 無関心なベビーブーム世代 COVID-19による合併症のリスクが最も高いにもかかわらず、ベビーブーム世代は新型コロナウイルスへの感染に対して最も関心が薄い年齢グループです。5 実際に、ミレニアル世代の53%が心配だと回答しているのに対して、ベビーブーム世代で心配だと回答したのは43%にとどまり、これはパンデミックによる購買行動の変化の度合いを反映しています。たとえば、コロナウイルスの感染拡大によって食料品の買い物について行動を変えたと回答したのはベビーブーム世代のわずか20%です。4 通常、年齢の高い世代は新しいテクノロジーの採用が遅れがちです。ベビーブーム世代とeコマースの関係においては、特に食料品やファッションの分野でこれが当てはまります。感染拡大によりオンラインでの食料品の買い物を選ぶ人々が増えているにもかかわらず、ベビーブーム世代で店舗での買い物を減らしたのは22%のみで、オンラインでの買い物を増やしたのはわずか8%です。これらの数字は他の世代と比べて著しく低いのですが、これらの行動の変化は永続的なものである可能性に留意することが重要です。たとえば、パンデミックの最中にオンラインでの食料品購入を試したベビーブーム世代は、長期的にもこの行動を続ける可能性があるということです。6 性別による違い…

続きを読む

DE: T +49 8442 9253 800
UK: T +44 (0)1844 214 004
FR: T +33 1 73 77 56 04
BE: T +32 3 369 37 00
NL: T +31 634185447
USA: T +1 619 736 7469
JP: T +81 3 6823 5811