関連記事

PIM
PIM + DAM: ブランディングを成功させるための完璧な組み合わせ

PIM + DAM: ブランディングを成功させるための完璧な組み合わせ ロイヤルティが容易に滑り落ちてしまうこの混乱の時代に、生き残るだけでなく、成功を手にするためにブランドはどこに向かえばよいのでしょうか?2018 年の Yotpo 社の調査によれば、ブランドロイヤルティは引き続き商品に左右されており、商品イノベーションにはやはり目を向ける価値があります。 55% は商品への愛着からブランドロイヤルティを持つ 51% は商品の品質が低下すればそのロイヤルティを失うと回答 しかし、2020 年には、ブランドにとって商品が重要な差別化要因となる時代が終わり、顧客体験に取って代わられることになります。企業にとって商品が最優先事項であることは変わりませんが、企業は商品を進化させ、その開発に「体験」を組み込む必要があります。 たとえば、商品開発はまず商品を作り出してから市場に投入するという賭けに出るのではなく、顧客開発に基づいて行う必要があります。つまり、ソリューションを設計する前にターゲットオーディエンスについて知り、彼らが何を必要としているのかを知る必要があります。…

続きを読む
イベントレポートパートナー
Contentservでユニファイドコマースを実現!

Contentservは、2019年4月3日(水)~5日(金)の3日間に渡って東京ビックサイトで開催された「コンテンツ東京2019」内「コンテンツ配信・管理ソリューション展」に出展しました。 Contentservブースでは、パートナー会社のグローバルウェイ、GRソリューションズの皆様にご協力いただき、多くの来場者に商品情報管理(PIM)・デジタルアセット管理(DAM)を統合したProduct Experience Platform の魅力をお伝えすることができました。当社ブースにお立ち寄りいただいた来場者の皆様、ありがとうございました。 また、パートナーの皆様、展示会におけるご協力・ご支援ありがとうございました。 Contentservでユニファイドコマースを実現 今回の出展コンセプトは「Contentservでユニファイドコマースを実現」。Contentservプラットフォームでは、散在する商品に関わる情報と画像、動画などを一元管理し、WebサイトやECサイト、店舗などの複数のチャネルに一貫した商品情報をスピーディに提供することで、企業のオムニチャネル商品情報基盤を実現してきました。 「Futurize Experiences 」 一歩先を行く体験を。時代は「オムニチャネル」から「ユニファイドコマース」へと進化しています。あらゆる商品情報の統合管理とチャネルシームレスなコンテンツの提供に加え、顧客の購買履歴、行動、嗜好情報などのTPO(Time/Place/Occasion)に合わせて、最適なチャネルから適切な商材を、適切な表現で顧客に届けます。これによって、「楽しいショッピング体験、つまりエモーショナルな商品体験を楽しめるユニファイドコマースを実現します。 グローバル企業を支える当社のPIM・DAM統合プラットフォームが、より多くのお客様の課題解決に繋がるよう、今後パートナー会社との共同イベントを通じてソリューションのメリットを紹介していきます。 会期中のツイートを含めたフォトダイジェスト 展示会の初日…

続きを読む
ブランディング
ブランド管理と商品情報管理・ミズノが考えるブランドエクスペリエンス – MarkeZine Day 2019 Spring

MarkeZine Day 2019 Spring – Contentserv ・ミズノ講演レポート 2019年3月7日(木)〜8日(金)に御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで開催された「MarkeZine Day 2019 Spring」に、当社代表の渡辺 信明と、ミズノ株式会社の芹澤 剛氏がスピーカーとして登壇。 前半は、「ブランド管理と商品情報管理」と題して、渡辺が、ブランドの定義から商品情報とブランドの関係について語った。 当社代表の渡辺信明…

続きを読む

DE: T +49 8442 9253 800
FR: T +33 1 73 77 56 04
BE: T +32 3 369 37 00
NL: T +31 634185447
USA: T +1 619 736 7469
JP: T +81 3 6823 5811