コスト削減だけでない!ミズノの製品情報改革 -「コンテンツマーケティングジャパン2019」講演レポート

コンテンツマーケティングの最新テクノロジーを紹介する「コンテンツマーケティングジャパン 2019」。UBMジャパン株式会社主催の同イベントは、2019年2月7日と8日の2日にわたって東京ビッグサイトで開催されました。

Contentservでは、「コスト削減だけでない製品情報改革 〜Contentservでグローバルマーケティングの兵站に〜」と題して、当社代表の渡辺信明、ミズノ株式会社 総合企画室グローバルデジタル統括室マネジャーの芹澤剛氏が講演しました。今回、Contentservとして初めて日本国内のお客様と共に取り組んだカンファレンス。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

モノ消費からコト消費の時代。企業はどう対応する?

Futurize Experiences 「一歩先を行く体験を」。セッションは、Contentservブランドムービーで始まり、渡辺が、PIM(商品情報管理)が「Nice to have」ソリューションから「Must have」ソリューションになっている変化について、その理由は「商材の増加」、「チャネルの増加」、そして「顧客の変化」に対応するためである」と説明しました。

このような「モノ消費」から「コト消費」に変化する今日において、渡辺は「特にB2C商材を扱うブランドや企業は、ペルソナに合わせた最適なチャネルからTPO(Time/Place/Occasion)に合わせて、適切に商材を、適切な表現で顧客に届けていくことがますます重要になってくる」と続けました。

コスト削減だけでない!ミズノの製品情報改革

コスト削減だけでない!ミズノの製品情報改革

Contentserv Japan代表 渡辺信明

一方で、文脈の無い情報を消費者に届けがちで、一方的な押し売りに「もううんざり」な状況が発生します。コンテンツを管理する側、つまり売り手の内部も同様に、必要な情報がどこにあるか分からない、必要な情報を入手するのに時間がかかるなど「もううんざり」な状況と強調。

「商品情報とは、もはや縦・横・重さ・価格・物流にかかる情報にとどまりません。企業が顧客に伝えたいプロダクトストーリ、コンセプト、顧客のレビュー、ユースケース、画像・動画を含んでいます。まずは、貴社の商品情報を、基本情報に加えて、プロダクトストーリや画像、ユーザーレビュ、ユースケース等のエモーショナルコンテンツを構築することが大事である」と述べました。

モノだけでは伝わらない!

続いて、日本を代表するスポーツ用品メーカーであるミズノ株式会社の芹澤剛氏が、製品情報管理において抱えていた課題、ContentservのPIM・DAM統合プラットフォームを選んだ理由と、プロジェクト推進の秘訣について語りました。

コミュニケーションのデジタル化、消費者行動の多様化により、もはやいいものを作れば売れる時代が終わりました。実際に、芹澤氏が友人や知人にミズノ製品をプレゼントしたりする時によく聞く言葉、それが「ミズノさんこんなの作ってたんですか?」「ミズノださいと思ってたけど、カッコいいのあるんですね!」だそうです。

「いくらいいものを作っても、それが消費者に伝わっていない。我々が年間に扱う商品点数は300,000以上、デジタルアセットは1,000,000以上、チャネル数は50,000以上で、もはや物作り部隊で頑張っても管理できる数ではない。色んな部署、国が関わるため、情報がどこにあるか分からない、どれが正確な情報か分からないなど、私も非常にフラストレーションを感じていた人間の一人です」(芹澤氏)

コスト削減だけでない!ミズノの製品情報改革

ミズノ株式会社 総合企画室グローバルデジタル統括室マネジャーの芹澤剛氏

Contentserv導入を決めた理由について、次の2点が非常に重要なポイントだったと言います。

  • 商品のテキストデータをデジタルアセットと紐づけて管理
  • 設定でいじれる柔軟なデータフォーマット

また、プロセス最適化の重要性について次のように指摘。「誰でも検索・発信できる情報氾濫の世界だからこそ『最新の正解』という真実が価値を持ちます。組織は縦です。当たり前です。プロセスは横で普通だと割り切ることが大事です。」(芹澤氏)

プロセスをContentservに合わせた製品情報の基盤で、エモーショナルな体験を消費者にお届けするための「Emotional Marketing」を目指して、今後もプロジェクトを進めていくといいます。

ミズノのグローバルデジタルマーケティング戦略を牽引する芹澤氏だからこそ語れる、現場のリアルも満載の素晴らしい講演、誠にありがとうございました。

パートナー社を含む参加者の皆様に大変参考になったと好評いただきました。参加された皆さま、誠にありがとうございます。

※なお、本セミナーの講演動画は、2019年4月16日より、オンデマンドで配信開始しました。ぜひご視聴ください。

プレスリリース「ミズノ、グローバルビジネスの商品情報基盤にContentservを採用」はこちら

Futurize Experiences

https://youtu.be/2UXf7AbrMwk


「コンテンツマーケティングジャパン2019」展示ブース

デジタル化に伴って様々な業界で注目されるコンテンツマーケティング。親和性の高い同時開催3展「コンテンツマーケティングジャパン2019」、「マーケティングテクノロジーフェア2019」、「イーコマースフェア2019東京」、2日間の来場者は10,735名と大盛況のイベントとなりました。

Contentserv 展示ブースにて、「Contentservで変革させるデジタル時代のマーケティングコンテンツ管理」をコンセプトに、当社の商品情報管理 PIMデジタルアセット管理 DAM統合プラットフォームを展示。当社ブースに多くの来場者にお越しいただき、ありがとうございました。

コスト削減だけでない!ミズノの製品情報改革

コスト削減だけでない!ミズノの製品情報改革

Contentservブース @Content Marketing Japan 2019

今回のイベントでは、eコマースを展開するお客様やeコマースサイト構築ベンダー側においても、製品情報の管理、デジタルアセット管理のニーズが高まっていることを伺えました。グローバル企業を支える当社のPIM・DAM統合プラットフォームが、より多くのお客様の課題解決に繋がるよう、今後も様々なイベントを通じてソリューションのメリットを紹介していきます。

コスト削減だけでない!ミズノの製品情報改革

次回、2019年4月3日から5日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「コンテンツ東京2019」に出展します。詳しくはこちら

Contentserv Japan 編集部 最新の記事: この記事を共有する:

関連記事

BlogE-Commerceコマース
世界のB2Bマーケットプレースのトップ5

Statista社によると、2019年の世界のB2Beコマース業界の規模は12.2兆米ドルであり、B2Ceコマースの規模の6倍を超えます1。この数字に基づくと、将来のeコマース、少なくとも近い将来についてはB2Bが支配的といえるでしょう。しかし、上位5つのB2Bマーケットプレイスをご存知でしょうか。現在はAmazon BusinessとAlibaba.Comが群を抜いていますが、B2Bマーケットプレイスのトップ5を詳しく見ていきましょう。 Amazon Business キャッチフレーズ「Everything you love about Amazon. For your business(あなたが評価するAmazonのメリットを、ビジネスで)3」がすべてを言い表しています。つまり、企業は登録するだけでプラットフォームを使用してビジネス用品の購入を始めることができます。また、経営者がユーザーを複数追加して、代理で購入してもらうことも可能です。「承認ルール」により、購入者は注文について承認を依頼でき、また、優先サプライヤーや商品のリストを作成することもできます。Amazon Businessでは、「購買分析ダッシュボード」も提供しており、アカウント管理者は支出とその対象を確認できます。 主な特長:  価格の割引。限定の割引、値下げ、大口割引を提供しており、数百万の商品にアクセスが可能です。…

続きを読む
消費者動向
新型コロナウイルス感染症による消費者行動の変化 – 第1部

数週間前、私たちは新型コロナウイルス感染症のパンデミックが消費者行動にどのような影響を与えたか、 特に買い物の習慣について検討しました。そして、年齢層や性別による行動の違いをお話ししました。この全2回のシリーズでは、消費者の行動が、特にまだ外出禁止もしくは屋内退避命令が出されている国で、どのように変化し続けているかについて、最新のデータを検討していきます。 新しい習慣が生まれています 現在の世界的な状況を考えると、eコマースの注文が増加しているのは当然のことだと言えます。3月初頭の米国とカナダにおける急増は特に顕著で、オンラインでの注文が80%増加し、前年同時期よりも8.8%以上高くなっています1。しかし、これは北米に限ったことではありません。ヨーロッパでもオンラインで注文する人が増えており、eコマースを専業とするブランドは前年比で40%から80%の増加がみられます2。 新型コロナウイルス感染症が世界的に消費者の支出にどのように影響を与えているかを示すEmarsys and Good Dataのインタラクティブマップでその説明をしましょう2: * オンライン取引の前年比成長率 さらに、最近の調査によると、eコマースの売り上げの急激な増加は、オフラインからオンラインショッピングへの移行にだけに起因するものではない可能性があります。例えば、副収入や時間に余裕があることから、手持ち無沙汰な状況を解消するために、新しい活動や趣味を始める消費者がいます。これが、今後数ヶ月間のオンライン販売の増加に寄与する成長要因になる可能性があります3。もしそうならば購買行動を除き、新しく始めた持続的な習慣は、制限された生活のために消費者が受け入れたことだということなのかもしれません。これはあるブランドにとっては前向きな展開かもしれません。この展開は、新規もしくは拡大する消費者ベースを意味するかもしれないからです。これらの人々を長期的な顧客に変えたいのであれば、ブランドは積極的にアプローチしていくべきです。 年齢層間の対比 以前の記事で、異なる年齢層の人々がどのようにパンデミックに反応したかを調べ、年齢層によって違いが明確にあることがわかりました。しかし、さらに最近の調査では、パンデミックによって金銭的な影響がどの程度あったかなどの回答について、地域によっては現在行われている制限のために、年齢層間の境界が曖昧になっています4: 30〜44歳の年齢層の24% 45〜64歳の年齢層の28%…

続きを読む
消費者動向
COVID-19 パンデミックが消費者の行動に与える影響

この新しいパンデミックの現実が世界を揺るがしています。今はまだ、世界中の人々が外出制限の長期化に適応しようとしている最中です。誰もが実店舗での買い物を控えようとする中、購買行動はどのように変化したのでしょうか。  そして、その変化は新しい習慣を生み、やがて定着するのでしょうか。 危機的な状況下での行動 COVID-19 の影響が深刻化している国の消費者は、人込みを避けながら食料やその他の生活必需品を買いだめしています。消費者の間でこうした行動の変化がいつどのように現れ始めるかを知るため、Nielsen 社は、中国で感染が流行し始めてから他国に伝播し、影響が拡大するまでの期間、消費者の行動に関する調査を行いました。1 消費者の動向を観察した結果、COVID-19 関連報道の増加に伴って感染拡大への消費者の意識が変化していき、6 つの行動段階を経ることが明らかになりました。 予防的な健康志向の購買: 快適な暮らしや健康の維持に役立つ商品への関心が高まります。 対処的な健康管理: 感染対策に役立つ商品(マスクなど)を優先するようになります。 食料の備蓄: 長期保存できる食品の購入が増え、店舗への訪問回数も増えます。 自主隔離の準備:…

続きを読む

DE: T +49 8442 9253 800
UK: T +44 (0)1844 214 004
FR: T +33 1 73 77 56 04
BE: T +32 3 369 37 00
NL: T +31 634185447
USA: T +1 619 736 7469
JP: T +81 3 6823 5811