商品データでROIを高める方法

データは新しい金塊だということを、私たちは皆、知っています。しかし、どのようにデータを利用すれば、貴社のビジネスを完全に最適化できるでしょうか?

貴社には、顧客、従業員、プロセス、そして何よりも貴社の製品データがあります。どのように顧客データを使ってパーソナル化し、売り上げを伸ばすかについて、このシリーズの第1回プログ投稿で説明しました。しかし、もし自社製品データが同じくらい、それ以上に役立つとすれば?コスト削減、市場へ販売するまでの時間をスピードアップ、そしてビジネスモデルを将来に備えるために利用できるとしたらどうでしょう?

自社の製品データを把握

自社の製品データを利用できるようにする前に、まず整理する必要があります。データについてある企業と話をすると、組織全体に散らばっていることがよくあります。例えば、AさんはExcelファイルを、B部門はそのERPに何か構築している、そしてCさんはまた別のExcelファイルを持っている…しかし、どのシステムに最新版があるのでしょう?

そこで 商品情報管理システム すなわちPIMが役に立ちます。というのも、これらのデータベースは製品データをすべてのチャンネルと部門全体に保持、管理、そして配信するように設計されているからです。ほとんどがCMSに繋がり、ウェブショップにデータを公開します。印刷プラグインに繋がっているものもあり、カタログ作成がより簡単になります。例えば製品仕様を見る場合、全員が同じページを見ることになります。

PIMで市場への販売までの時間を短縮

堅牢なPIMシステムには、特にサプライヤーがそのデータを統合するために組み込まれたポータルがあります。小売店もしくは卸売業である場合、提供するブランドの1つが新商品を発売して、オンラインストアを通じて販売することはよくあるシナリオでしょう。今現在、このプロセスにどれくらいの時間がかかっていますか?

PIMシステムを利用すれば、サプライヤーはすでにシステム自体にその仕様の大部分を入力できます。従業員の1人がデータを確認し、必要に応じて調整し、アップロードして、販売準備完了です。もちろん、サプライヤーが見るべきでないものを見てしまう心配をする必要はありません。サプライヤーに表示されるのは、自社製品のデータに限られています。

つまり、ある製品がストアに公開される準備ができたか確認するために必要なのは数分です。さらに、以前よりもずっと早い編集も可能です。およそ8分で製品アップロード、処理、オンライン公開され、ほとんどの企業でこれまでよりもおよそ30%時間を短縮できます。スピードが最も重要な時代、これによって競合他社と比較し、大きな優位となります。

ロングテールの波を捉える

しかし、スピードを上げることだけが優位ではありません。貴社はこれで遂に、いわゆる「インターネットのロングテール」を活用できます。すなわち、ロングテール戦略をとる企業は、ニッチな製品を通じて劇的にその製品の種類を増やします。これらの製品は、より高いマージンを得ます。オンラインストアへ製品を追加するコストが以前よりも大幅に低くなったので大量に売る必要はありません。

これらニッチな製品は多くのトラフィックを得ることはなく、製品データチームからの愛情や、ケアを受けることもありません。よりトラフィックのある他の製品が優先順位の上位に置かれます。しかし、サプライヤーがそれらの作業の一部を行うのでデータの品質の管理や表示される画像の品質管理がはるかに簡単になります。

返品で節約する

返品は、多くの企業で膨大なコストの源です。Trusted Shopsによると、ファッション業界は最大30%に返品率に対処する必要があります。返品プロセス全体を扱うために投資しなければならない物流のコストと人時(マンアワー)は、すぐ収益に食い込んできます。

返品問題の解決策は、商品ページに高品質のデータを提供することです。PIMシステムがあればデータはより一貫性のある、完全でエラーが少ないものになります。この3要因により、返品量が大幅に減少します。

※本記事の内容は2019年1月24日更新の英語版ブログ記事の訳です。

How Product Data Can Increase Your ROI

Contentserv Japan 編集部 最新の記事: この記事を共有する:

DE: T +49 8442 9253 800
UK: T +44 (0)1844 214 004
FR: T +33 1 73 77 56 04
BE: T +32 3 369 37 00
NL: T +31 634185447
USA: T +1 619 736 7469
JP: T +81 3 6823 5811