Share this post

Chervon、Contentservと共に戦略的成長計画を推進

中国大手電動工具メーカー、グローバルな商品コミュニケーションを最適化

【2020年6月3日(スイス本社リリースの抄訳)】

chervon logo商品情報管理(PIM)ソリューションのグローバルリーダーである Contentserv(本社:スイス・エルマツィンゲン、日本法人:東京港区、以下Contentserv)は、電動工具・屋外用動力機器のグローバルプロバイダーであるChervonが、3ヶ年成長計画推進を支援するパートナーにContentservを選定したことを発表しました。

Chervonでは、全社のプロセス合理化とデータ品質向上による、全販路を通しての優れた顧客体験提供を目標としています。Chervonは過去26年間に飛躍的な成長を遂げ、同社製品は現在65か国の30,000店以上の店舗で販売されています。中国を拠点とするChervon社は、ボッシュ社の多様な電動工具ブランドのメーカーとしてスタートしました。その後、オリジナルブランド製造(OBM)に移行し、バッテリー駆動型の園芸工具市場で優位に立ち、EMEAおよびU.biSで同社の存在を確立しました。

「Contentservの当社プロセス合理化への支援を受け、データシートと非クリエイティブなコンテンツの生成を自動化が可能になったため、当社が知られるすべての国において正確な商品情報提供が可能になりました。Contentservの翻訳ローカリゼーション機能により、当社はグローバルローカルのオーディエンスに共にリーチする取組みに成功しています」と、Chervon社の販売/業務部門EVPのStephanie Zhangは熱心に語っています。

Chervonが正確な商品情報を統一された形での提供と、社内と社外のステークホルダーがアクセス可能なソリューションを求めたのは、いくつかの電動工具の大手ブランド買収がきっかけでした。サポートが必要な言語が数十か国語にも渡るため、従来の同社のプロセスにおいては、新製品と説明の更新が非効率的なものでした。

「Chervonの業務改善と戦略的成長計画の実現をサポートするこの機会を頂いて、私たちはワクワクしています」とContentserv JAPACゼネラルマネージャーの渡辺信明も述べています。

Chervonが電動工具業界のリーダーとしての地位をさらに確立するのに伴い、Contentservは不正確で冗長な翻訳に伴う同社の関連コスト削減をこれからもお手伝いしていきます。

Chervonについて

Chervonは中国の南京で1993年に設立された、電動工具および園芸機器を研究、開発、製造、試験、販売する企業です。同社は、EGO、DEVON、FLEX、SKIL、X-TRONなどの大手ブランド数社を買収し、ハイエンドな電動工具業界をリードするプレーヤーの1社として知られています。
詳細は次をご参照ください。 http://global.chervongroup.com/en

Contentserv について

Contentservは、あらゆるチャネルに対して最適化された商品コンテンツを提供し、リッチでエモーショナルな商品体験を創出するオムニチャネル商品情報プラットフォームです。商品情報管理(PIM)、マスターデータ管理(MDM)、マーケティングエクスペリエンス管理(MXM)統合型プラットフォームによって、企業の持続的な成長とブランド価値の向上を支援します。Contentservは、小売業や製造業において、営業、マーケティング、経営企画、製品開発、情報システム等さまざまな部門で利用されています。

ソリューション・サービスに関する詳細は、 https://www.contentserv.comをご参照ください。コンテントサーブの会社概要は、https://www.contentserv.com/jp/about-us/ で確認いただけます。

本リリースに関するお問い合せ先
株式会社Contentserv
マーケティング担当・プレウスレン
marketing_jp@contentserv.com · www.contentserv.com/jp
T +03-6880-9116