信頼性の高いデータを使う

正しい商品情報の提供で顧客の購買行動を促す

 

生地からサイズ、デザイン、色まで、すべての属性が商品の購入検討に影響するため、ファッションブランドは、商品に関する詳細な情報を顧客に提供する必要があります。サイロ化されたシステムやExcel、スプレッドシートでデータを管理しているファッション企業では、作業ミスが発生しやすく、間違った商品説明から出荷ミス、期待外れをもたらし、結果的に顧客満足度の低下につながります。

Contentservで、資材生地の仕入先など、社内外の全てのデータを一元的なレポジトリに統合し、信頼できる情報ソースを確立することで、作業ミスをなくし、無駄な時間とコストを削減できます。関係者が最新のデータにアクセスできるため、正確な生地情報やデザイン仕様を保証します。また、高度なマルチチャネルへの配信により、正しい商品コンテンツを小売業者や販売代理店、オンラインとオフラインの販売チャネルに配信することが可能になります。

Contentservがいかに革新的な商品体験の創出をお手伝いできるか、ご確認ください。

アピールポイントを伝える

商品を際立たせ顧客の関心を掴む

 

ほかの商品よりも目立ち、顧客の関心をつかむ商品を作ることはファッションブランドにとって極めて重要です。各商品の独自性と特徴を伝えるリッチメディアで商品データの質を高めることが成功のカギとなります。商品はアイテムごと、それぞれのバリエーションごとに多数のデジタルアセットとの関連付けが必要など、業界特有の複雑性に対応する必要があります。また、一定のテーマと方向性に沿って、各シーズンの商品をいつ、どのようにプロモーションするかもさらなる課題です。

Contentservで、商品データとデジタルアセットを紐つけて統合管理できます。デジタルアセット管理(DAM)は、リッチメディアを活用して商品を目立たせ、高度なローカライゼーション機能で世界中の潜在顧客に商品コンテンツと関連商品を正しく伝えることが可能です。また、マーケティング体験管理(MxM) は、投資対効果を最大化するために、商品をいつ、どのようにプロモーションするかを決めるマーケティングオートメーション機能を提供します。

Contentservのデータ配信機能が貴社の商品データの管理・共有をいかに強化できるか、こちらをご覧ください。

ホワイトペーパー:D2C 導入で得られるメリット

いまD2C(Direct-to-Consumer)がなぜ注目される?最新トレンドとD2Cのメリット、メーカーと販売業者の関係性に与える影響とは?

変化に対応するスピードを

アジリティを高めてビジネス成長を支える

 

ファッション業界において、変化とは常に目の前にある現実です。顧客の好みは気まぐれで、一部のトレンドはワンシーズンしか持ちません。あらゆる変化の影響は組織全体で感じられ、生地からデザイン、仕入先ベンダーまで、成功しやすい方向にすぐ転換していく必要があります。手間のかかる取り組みでは、市場参入タイミングの見誤りや新しいトレンドを完全に逃すなど、かなりのリスクをもたらします。

Contentservで、ビジネスルールとワークフローの自動化により、プロセスを効率化します。商品のライフサイクルを管理し、予期せぬ変化に適応して、変化する顧客の好みにすばやく対応できるようになります。また、各関係者がアクセスできる一元的な商品情報により、データの変更・修正がタイムリーに反映され、最新データのみ販売代理店や販売チャネルに効率的に配信されることが可能になります。

Contentservのデータガバナンスポリシーと一元化レポジトリが如何にコンプライアンス遵守に役立つか、こちらをご覧ください。

ブランドに
支持される
ソリューション

成功事例を見る

信頼できるデータを活用

データのサイロを排除

組織全体にわたって一元的なレポジトリで商品情報とデジタルアセットを制御、管理します。

データ品質を向上

全ての顧客接点で一貫性のある正しいデータを提供します。

業務プロセスを効率化

ワークフローの自動化で生産性とビジネスプロセスの効率化を大幅に向上させます。

市場投入時間を短縮

商品の市場投入時間を短縮して、マルチチャネルへの配信で顧客の期待とトレンドに対応します。

関心をつかむ商品をアピール

正確なデータとリッチメディアを使って商品をプロモーション展開し、最大のインパクトを狙います。

シーズンの商品を管理

商品データと関連するデジタルアセットを一元的に効率よく管理します。

ファッション特有の課題に特化したソリューション

ワークフロー統合管理

ステータス、アクションを設定し、商品とメディア制作プロセスのコラボレーション・自動化・オーケストレーションを可能にします。

データ配信

商品情報をバックエンドおよびフロントエンドシステム、さらに販売業者と取引先の小売パートナーに配信します。

バージョン管理と履歴管理

商品やアセットの変更者、変更内容、変更日時などの変更履歴を管理し、コンプライアンスを実現します。バージョン間での差分の確認や旧バージョンに戻すことも可能です。

マルチチャネルへの配信

チャネル最適化された最新で、一貫性のある商品データをオンラインとオフラインチャネルの複数販売チャネルに配信します。

デジタルアセット管理

商品に関連する画像、動画、ドキュメントなど、各種デジタルアセットを商品と紐付けて管理します。また、一括ダウンロードや一括編集ができ、効率的な検索機能も提供します。

データスチュワードシップ

各商品やアセット、カテゴリごとにアクセス権を設定し、誰が編集、ダウンロードまたは削除できるかを管理します。

多言語翻訳管理

商品情報やメディアメタ情報の多言語データを比較表示しながら翻訳状態を管理します。また、翻訳ツール等と連携し、翻訳結果を取り込むことでローカライズ品質を高めます。

データガバナンス

ポリシーを規定し、アクセス制御、役割ベースの権限設定、データ品質の検証など、プロセス、手順を確立します。


eBook:ファッション業界におけるデジタル変革 - 主なトレンドとデータの重要性

パーソナライゼーションなど、ファッション業界のすべてのトレンドやテーマが行き着く先はデータ。すばらしい商品体験の提供を支えるデータ管理の方法とは?

今すぐ入手

DE: T +49 8442 9253 800
UK: T +44 (0)1844 214 004
FR: T +33 1 73 77 56 04
BE: T +32 3 369 37 00
NL: T +31 634185447
USA: T +1 619 736 7469
JP: T +81 3 6823 5811