コロナ禍により、消費行動のデジタルシフトがこれまで以上に加速し、メーカーやブランド企業は、eコマースを含むデジタル変革、デジタル化の加速に迫られています。そして、デジタルシフトの波はグローバルビジネスにも訪れています。成長を続けるグローバルコマースに乗り遅れないためにも、コンテンツ戦略およびローカライズ戦略の重要性が高まっています。

当ウェビナーでは、優れたEC体験を提供するための商品コンテンツの管理、全ての市場に行き届くローカリゼーションによって如何にグローバル市場でのタイムトゥマーケットを短縮できるのか、翻訳業界の動向やトレンド情報を交えてディスカッション形式でご紹介します。 

当日は、トランスパーフェクト ジャパン合同会社 ビジネスデベロップメントディレクターの 牧野 好和氏がモデレーターを務めます。

プログラム

  • デジタルシフトがもたらしたビジネスの変化の具体的な内容
  • BtoB/BtoCともに「顧客体験の最大化」がポイント
  • 顧客接点でのデータ管理と顧客視点でのコンテンツ管理/パーソナライゼーション
  • どうすればタイム・トゥー・マーケットでグローバルのターゲットに情報が届くのか 

開催概要

  • 日時:2020/12/3(木)14:00-15:00(約60分間を予定) 
  • 配信方法:GotoWebinarによるオンライン配信 
  • 費用:無料 
  • 登録締切:2020年12月3日(木)12:00
  • 視聴方法:こちらからご登録いただけます ※登録いただいた方へのみ、視聴用 URL のご案内メールが届きます。指定された日時に、案内メールに表示された「ウェビナーに参加」ボタンをクリックすると、ランチャーが開きます。「GoTo Openerを開く」をクリックしてGoToWebinarを起動し、ウェビナーを視聴いただきます。視聴方法はこちらのPDFでご確認ください。

 

スピーカー

トランスパーフェクトジャパン合同会社
営業開発担当ディレクター
小杉 弘樹 氏

営業担当として日本法人の立ち上げに携わった後、翻訳・ローカリゼーションの法人新規開拓営業を担当。現在は主に日本のマーケットにおける製品の営業に従事している。



株式会社Contentserv 
代表取締役
渡辺 信明
国内SI企業、外資系ソフトウェア企業を経て、2005年にベンチャー企業の創業に参画。ソフトウェア事業を統括し、株式上場を果たす。2017年に株式会社Contentservを設立し、代表取締役に就任。Contentserv日本・アジアパシフィック地域を統括する。
「商品情報は顧客接点のラストワンマイルです。商品情報管理を制する者が、マーケティングを制すると言っても過言ではありません。私たちContentservは、全く新しい文脈的な商品情報管理手法によって、お客様のデジタル変革を支援します。」