多様化する販売チャネルにする“正確”かつ“迅速”商品情報配信がデジタルマーケティングを成功

※本記事は、アイティメディア株式会社と共同制作したホワイトペーパーのWeb版になります。

〜PIM(商品情報管理)/DAM(デジタルアセット管理)統合プラットフォームの実力とは〜

販売チャネルの増加と顧客ニーズの多様化により、「商品情報管理」の重要性が急速に高まっている。効果的なデジタルマーケティングを展開するためにも、統合的なPIM(商品情報管理)ソリューションの導入が必要だ。

デジタルマーケティングを成功させるにはPIM導入必須となる

デジタルテクノロジーの進化は、ビジネスの構造そのものを大きく変化させた。目まぐるしく移り変わる消費者ニーズに対応するための“ スピード” が求められるようになり、商品のライフサイクルは短命化。ニーズに合わせたパーソナライズも進み、企業は多種多様な商品・サービスの販売・管理に追われるようになった。また、Web 通販はもちろん、モバイル、ソーシャルメディアなど IT を活用した販売チャネルも大幅に増加している。こうした状況において「デジタルマーケティング」の重要性はますます高まっており、マーケティングオートメーションツールを導入してユーザー部門の効率化を図る企業もめずらしくない。

そして、SEO 対策やコンテンツ、ソーシャルメディア活用、アフィリエイトといったデジタルマーケティングを推進する企業の多くが抱える課題が “ 商品情報の管理 ” だ。多様化したチャネルすべてに対して“ 正確” かつ“迅速” に商品情報を提供する仕組みを構築しなければ、効果的なデジタルマーケティングは実現できない。販売チャネルや製品カテゴリごとに商品情報を管理しているような旧態依然のシステムでは、デジタル技術に親しんだ顧客が求める“ エンリッチ化” した商品情報の提供は困難。IT 部門を中心とした従来の商品情報管理から、マーケティングや営業などユーザー部門も含めた“ 統合的” な商品情報管理システムの導入が必要となる。そこで近年注目されているのが、商品情報管理システムの変革を実現する PIM(商品情報管理)ソリューションだ。

“正確”かつ“迅速”な商品情報配信がデジタルマーケティングを成功へ導く

商品情報とデジタルアセットを一元的管理部門横断した商品情報効率的管理実現

フォレスター・リサーチの PIM カテゴリレポート「The Forrester Wave: Product Information Management Solutions (PIM), Q2 2018」においてリーダーに認定された Contentserv 社が提供する「Contentserv 商品体験プラットフォーム」は、PIMDAM の豊富な機能を統合的に活用できるデジタルプラットフォームだ。基幹システムと販売チャネル間の “ ハブ ” として機能し、商品情報と関連情報、デジタルコンテンツなどを紐付けて各チャネルでの効率的な活用を実現する。

“正確”かつ“迅速”な商品情報配信がデジタルマーケティングを成功へ導く

ユーザーの業務内容に合わせて自由にカスタマイズ可能なダッシュボードを用意

直感的なインターフェイスを採用したダッシュボードは業務内容に合わせてカスタマイズでき、Web ブラウザベースで動作するため専門スキルを持たないユーザー部門でも容易に商品情報を追加・編集することが可能。ユーザー部門主導で商品管理システムを構築することで、質の高い商品情報を各チャネルにスピーディに配信できるようになる。販売チャネルと連携するためのコネクタも豊富に用意されており、従来の業務プロセスとのリンクもスムーズに行える。

また、「誰が」「いつ」編集したのかが履歴として保存されるなどトレーサビリティにも優れており、簡単に編集前の情報に戻せるなどデータガバナンスの向上にも貢献する。さらに、承認した情報のみを各チャネルに配信するためのワークフローも構築できるため、部門を横断した業務プロセスの統一化も実現。誰もが商品情報を有効活用できるようになり、属人化の解消にも効果を発揮する。DAM の機能を実装することで、紙のカタログやデジタルカタログなどのコンテンツ制作も効率化されるほか、各チャネルにおける顧客体験の向上にも効果を発揮するなど導入メリットは多岐に渡る。

“正確”かつ“迅速”な商品情報配信がデジタルマーケティングを成功へ導く

PIM と DAM の機能を併せ持ち、商品に関するあらゆる情報を一元管理できるのが魅力。新旧商品の情報を 1 つの画面上で比較するなど、さまざまなニーズに対応する

このように、効果的なデジタルマーケティングを展開 して売上やブランド力の向上を図りたい企業はもちろん、商品管理、デジタルアセット管理にかかるコストや IT 部門の負荷軽減、さらにグローバル市場でのブランド力の統一を目指す企業にとっても有効な選択肢となる「Contentserv」。商品やサービスを提供しているすべての企業にとって、導入を検討する価値は大いにあるはずだ。

***

本記事は、アイティメディア株式会社と共同制作したホワイトペーパーのWeb版になります。ホワイトペーパーは、こちらからダウンロードいただけます。

関連記事

商品体験顧客体験 優れた商品体験にはリッチな商品情報が必要
優れた商品体験にはリッチな商品情報が必要

優れた商品体験にはリッチな商品情報が必要 今日の消費者は、オムニチャネルとマルチデバイスを活用して買い物を楽しみ、常に情報に囲まれています。 つまり、さまざまなデバイスを使って複数のチャネルから商品について調べ、ブランドと接します。そのタイミングはばらばらで、一度だけとは限りません。それでも消費者は、特定の商品やブランドとのすべての接触を 1 つの体験と感じます。 消費者の頭の中には、いわば「カウンター」があり、こうした接触のたびに、体験の良し悪しに応じてポイントが加算または減算され、その得点によってブランドのイメージが決まるのです。 リッチな商品情報とは リッチな商品情報とは、簡単な説明から、詳細説明、原材料、使用方法、技術仕様、動画、デジタルアセット、FAQ、ユーザーレビューまで、包括的で一貫性があり正確かつ最新の情報の総称です。魅力のある商品情報を提供することには以下のメリットがあります。 コンバージョン率の向上。Bazaarvoice 社の調査によると、82% の消費者が実店舗での購入前にスマートフォンで商品について調べ、オンラインで購入する消費者の 56%、実店舗で購入する消費者の 45% が、購入時にレビューを考慮します。 カゴ落ち率の低減。Statista…

続きを読む
PIMイベントレポートパートナー Contentserv はサイロ化されたシステム・チャネルをつなぐ「コンテンツ・ハブ」
Contentserv はサイロ化されたシステム・チャネルをつなぐ「コンテンツ・ハブ」

「自社ブランドの価値向上×リード獲得に向けたデジタルマーケティングの在り方とは?」- 共催セミナーレポート 2019年2月19日(火)にベルサール新宿グランドにて開催された、 TIS 、イントリックス 、 Contentservの3社共催セミナー 。 「自社ブランドの価値向上×リード獲得に向けたデジタルマーケティングの在り方とは?」と題し、製造業・BtoB・グローバル企業におけるグローバルWeb施策や、マーケティングアセットの効率的な管理など、グローバルなWeb施策に必要なポイントと最新事例をご紹介。ベンダー、コンサル、構築運用 の視点から、Web施策の価値とデジタルマーケティングのあり方をご紹介した。   各国に喜ばれる3つの支援策 「全社も各国も喜ぶグローバルWeb活用のあり方〜押しつけず、放置もしない先進企業のグローバルWeb施策〜」 セッション1では、イントリックス株式会社 気賀崇 氏が、グローバル企業においてローカル(各国)が困っているのは次の3つであり、その支援がもっとも重要であると語った。…

続きを読む

DE: T +49 8442 9253 800
UK: T +44 (0)1844 214 004
FR: T +33 1 73 77 56 04
BE: T +32 3 369 37 00
NL: T +31 634185447
USA: T +1 619 736 7469
JP: T +81 3 6823 5811