<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

家具・インテリア市場の
EC競争が激化
〜群雄割拠を制すには〜

お客様に感動を与え、長期的にブランドを育成していくためには、顧客起点の商品データの管理がいかに重要であり、デジタルビジネスをどうサポートできるのか。
ja-whitepaper-furniture-cover
家具やインテリア商品を購入する前に体験できるかどうか、どのように体験するかは、デジタルと店舗の両方において、今後ますます重要になっていくでしょう。
 
3DビジュアライゼーションやAR(拡張現実)などの技術革新によって、お客様が自宅のリビングで家具を見ることができるようになれば、より迅速な意思決定につながります。 また、その家具を搬入するために必要な階段や玄関間口のサイズなど、メーカーが提供する商品情報を拡充することも考えられます。

導入支援パートナーであるエクサと共同で制作した本ホワイトペーパーでは、急成長するEC事業に対応するために、顧客起点の商品データの管理がいかに重要であり、デジタルビジネスをどうサポートできるかをご説明します。

  • EC売上増を目指す家具・インテリア業界が抱える課題
  • 顧客起点の販売チャネル基盤となるPIM
  • 家具・インテリア業界にPIMがもたらす利点
  • エクサとContentservがどのように役立つのか、インテリア・住宅設備業界の先進的な企業の取り組み
 
今すぐホワイトペーパーをダウンロード