Share this post

コンテントサーブ、2019年第1四半期の業績を発表

売上高が前年同期比2倍増と新記録を達成

2019年4月15日(スイス)- 商品情報管理(PIM)ソリューションのグローバルリーダーである Contentserv(本社:スイス、以下コンテントサーブ)は、2019年度第1四半期の業績が過去最高を記録したことを発表しました。当四半期の売上高は前年同期と比べ128%増となりました。

コンテントサーブが提供する商品情報管理(PIM)・デジタルアセット管理(DAM)を統合した商品体験プラットフォームにより、企業は商品データを一元管理でき、マーチャンダイジング業務の効率化と商品公開までのリードタイム短縮、リッチコンテンツの提供による高いロイヤルティの獲得を実現することができます。

グローバルプレジデントであるパトリシア・カースナー氏は、次のように述べています。「2019年第1四半期の売上高は過去最高という力強いスタートを切ることができました。コンテントサーブは商品管理に係るコミュニケーションをデジタル化することで企業の変革を支援しています。ForresterおよびGartnerの評価に加えて、当四半期の業績は当社の製品戦略が実を結びつつあることを示しています。」

記録的な成長を達成した2018年に引き続き、コンテントサーブの成長の勢いは加速しています。Contentserv プラットフォームは世界中のグローバル企業で導入されており、第1四半期には、日本の大手精密機器メーカーに加えて、中国シェブロン、ヨーロッパ地域ではポルシェ、メフィストなど15社を超える企業が導入を決めました。

北米担当マネージングディレクターであるライナー・ヘックマン氏は、次のように述べています。「コンテントサーブは、デジタル変革を進めるグローバル企業のマーチャンダイジング、販促・マーケティング部門に広く支持されています。優れたソリューションと強力なパートナーエコシステムによる実装から運用までの一貫したプロジェクト支援体制は、お客様から高い信頼を得ています。」

Contentserv について

コンテントサーブは、あらゆるチャネルに対して最適化された商品コンテンツを提供し、リッチでエモーショナルな商品体験を創出するオムニチャネル商品情報プラットフォームです。商品情報管理(PIM)、マスターデータ管理(MDM)、デジタルアセット管理(DAM)統合型プラットフォームによって、企業の持続的な成長とブランド価値の向上を支援します。コンテントサーブは、小売業や製造業において、営業、マーケティング、経営企画、製品開発、情報システム等さまざまな部門で利用されています。

ソリューション・サービスに関する詳細は、 https://www.contentserv.com/をご参照ください。コンテントサーブの会社概要は、https://www.contentserv.com/jp/about-us/ で確認いただけます。

本リリースに関するお問い合せ先:

Petra Kiermeier
Global Marketing Communications Manager
pr@contentserv.com · www.contentserv.com
T +49 8442 9253 800

Purevsuren Buddorj
Field Marketing Manager, Japan
marketing_jp@contentserv.com · www.contentserv.com/jp
T +03-6880-9116