関連記事

E-Commerce エクスペリエンス主導型コマースがオンラインショッピングを変革している3つの方法
エクスペリエンス主導型コマースがオンラインショッピングを変革している3つの方法

「エクスペリエンス主導型コマースはコマースの未来である」と、Adobe社エグゼクティブバイスプレジデントのBrad Rencher(ブラッド・レンチャー)1 氏が発言したのは2018年のことです。エクスペリエンス主導型コマースの未来が最初に予想されてから2年がたちました。条件がそろったので、エクスペリエンス主導型コマースは今や現実になっていると言って差し支えないでしょう。  Eコマースは、消費者が買い物を行う方法と企業が業務を行う方法を完全に変えました。エクスペリエンス主導型コマースは、商取引にとって本当に次のビッグウェーブなのでしょうか。また、消費者のオンラインショッピング体験をどうやって変えているのでしょうか。  エクスペリエンス主導型コマースの定義  Adobeによると2、エクスペリエンス主導型コマースとは、リアルタイムのショッピング行動とマルチチャネルデータから得る知見をもとに、発見から購買までに至る顧客体験を最適化して提供することによって売上を最大化すること」です。  以下は、エクスペリエンス主導型コマースの具体的な説明です。  顧客中心 – 消費者が求めているものに共鳴する方法で商品を提案する  オムニチャネル – すべてのチャネルにわたって購買者と購買者のニーズを満たす  関連商品コンテンツ – 購買者に、正確かつ最新で漏れのない豊富な商品コンテンツを提供する  エクスペリエンス主導型コマースが従来の商取引より優れているのは、今日の消費者が、自分の欲しいものを自覚して手に入れるのに十分な知識をもっているからです。今日の消費者は、パーソナライズされた体験、つながり、関わりを求めています。つまり、企業は、関連性と競争力を保ちたければ、エクスペリエンス主導型コマース戦略を作り上げる必要があるということです。  エクスペリエンス主導型コマースを推進させる必須事項  エクスペリエンス主導型コマースへの移行を加速させているのは、次のことです。  消費者の年齢。現在最も大きな消費者グループはミレニアル世代です3。そして、ミレニアル世代よりも好みがうるさく情報に長けているZ世代がそのすぐ後に続いています。こうした現在の主な消費者と、まもなく消費者に加わる世代は、デジタルの利便性を身近にして成長しました。彼らは、アクセス可能でパーソナルなブランドしか認知していません。  ブランドには顧客中心主義が不可欠。ブランドは、自分たちが提供するすべてのものを受け入れてくれることを、こうした新しい種類の消費者に期待することはできません。したがって、消費者、つまり消費者のニーズ、嗜好、購入場所と購入のしかたを知る新たな方法を模索する必要があります。データが消費者行動を理解するための土台の手がかりとなります。そのため、ブランドは、消費者のニーズに合わせた体験を提供したいならば、データの力を利用しなければなりません。  継続的な接続。世界の人口の53%4 がインターネットに接続しており、デバイスの価格が手頃になるにつれて、この数字は増え続ける一方です。また、2030年までに、普通の人は最低15台4のインターネット接続デバイスを所有して使用することになると見込まれています。したがって、大半の消費者がデバイスに簡単に手を伸ばして、インターネット上で必要な商品やサービスを調べて購入を完了し、体験の良し悪しをシェアすることができます。消費者は、数回のスワイプでブランドの成否を左右できるというわけです。 …

続きを読む

DE: T +49 8442 9253 800
UK: T +44 (0)1844 214 004
FR: T +33 1 73 77 56 04
BE: T +32 3 369 37 00
NL: T +31 634185447
USA: T +1 619 736 7469
JP: T +81 3 6823 5811