関連記事

PIM
PIM ソリューションで e コマースビジネスをレベルアップする 10 の方法

PIM ソリューションで e コマースビジネスをレベルアップする 10 の方法 今日の消費者はわずか数クリックですべてを手に入れたいと考えています。そのためブランドや小売業者は、その期待やニーズに応えるために既存のビジネスモデルを壊さなければなりません。それができなければ、ビジネスはあっという間に行き詰まる恐れがあります。 しかし、自らビジネスモデルを壊すことは、人材、プロセス、テクノロジーを巻き込んだ大仕事であり、多大なコストがかかります。プロセスを急速に発展させてコストを抑えるために、ブランドはすべてのコンポーネントをまとめるソリューションを見つける必要があります。 PIM とは何か?どのように役立つのか? PIM(商品情報管理)ソリューションを利用すれば、ブランドや小売業者は複数の販売チャネルで商品情報の収集、整理、エンリッチ化、配信を行えます。PIM は企業にとって商品情報の一元的なリポジトリとしてだけでなく、社内のコラボレーションハブとしても機能します。 これがなぜ重要なのでしょうか。データが増えれば増えるほど、管理は複雑になります。サイロ化した手動のアプローチは、ミスや業務の効率低下、そしてビジネスに大きな影響を与える数多くの問題を引き起こします。これらは結果的に運用コストの増加や収益の損失、さらには顧客満足度の低下へとつながります。 PIM ソリューションを導入すれば、これらすべての商品データをアクセスしやすい場所に一元化できるだけでなく、市場への迅速な参入に必要なプロセスを合理化し、商品体験を向上させることができます。データの不正確さ、不完全さ、一貫性の欠如、重複など、商品情報管理にまつわる課題を排除することで、企業は商品コンテンツの充実に集中できるようになります。…

続きを読む
PIM
PIM + DAM: ブランディングを成功させるための完璧な組み合わせ

PIM + DAM: ブランディングを成功させるための完璧な組み合わせ ロイヤルティが容易に滑り落ちてしまうこの混乱の時代に、生き残るだけでなく、成功を手にするためにブランドはどこに向かえばよいのでしょうか?2018 年の Yotpo 社の調査によれば、ブランドロイヤルティは引き続き商品に左右されており、商品イノベーションにはやはり目を向ける価値があります。 55% は商品への愛着からブランドロイヤルティを持つ 51% は商品の品質が低下すればそのロイヤルティを失うと回答 しかし、2020 年には、ブランドにとって商品が重要な差別化要因となる時代が終わり、顧客体験に取って代わられることになります。企業にとって商品が最優先事項であることは変わりませんが、企業は商品を進化させ、その開発に「体験」を組み込む必要があります。 たとえば、商品開発はまず商品を作り出してから市場に投入するという賭けに出るのではなく、顧客開発に基づいて行う必要があります。つまり、ソリューションを設計する前にターゲットオーディエンスについて知り、彼らが何を必要としているのかを知る必要があります。…

続きを読む
ブランディング
ブランド管理と商品情報管理・ミズノが考えるブランドエクスペリエンス – MarkeZine Day 2019 Spring

MarkeZine Day 2019 Spring – Contentserv ・ミズノ講演レポート 2019年3月7日(木)〜8日(金)に御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで開催された「MarkeZine Day 2019 Spring」に、当社代表の渡辺 信明と、ミズノ株式会社の芹澤 剛氏がスピーカーとして登壇。 前半は、「ブランド管理と商品情報管理」と題して、渡辺が、ブランドの定義から商品情報とブランドの関係について語った。 当社代表の渡辺信明…

続きを読む

DE: T +49 8442 9253 800
FR: T +33 1 73 77 56 04
BE: T +32 3 369 37 00
NL: T +31 634185447
USA: T +1 619 736 7469
JP: T +81 3 6823 5811