Tag: データ分析

Domo City Tour Tokyo 2018 – #Domoありがとう!

2018年10月3日(水)に、「デジタル変革を次のステージへ – データドリブンで拓く未来」をテーマに開催された「Domo City Tour -Tokyo 2018」。

すべてのデータ、システム、人々がデジタルにつながった組織を構築し、モバイルからビジネスを効率的に進めるための最新事例や市場トレンド、国内外の先進ベストプラクティスを紹介する豪華スピーカーによるセッション、Domoのデモ・コーナー、スポンサー企業のソリューション展示、ネットワーキングで構成された本カンファレンスに、コンテントサーブはシルバースポンサーとして協賛・出展しました。

当社代表 @スポンサー企業ソリューション展示

 

コンテントサーブが提唱するデータ・ドリブンなカンパニーへの3つのステップ

 

 

“CONTENT is King”  商品コンテンツのPDCAができれば、もっと売上拡大が可能

今回、ContentservとDomoコラボレーションにより、企業の資産である「商品」の「コンテンツ」自体の効果測定によって、PDCAを回して収益向上をしよう、というコンセプトで、イベントに協賛・出展。

商品やサービスの知名度を築き、需要を創出するために、多大な時間とコストをかけているマーケティング部門にとって、全ての施策が効果を発揮しているか、継続的にPDCAを回し、必要な指標を検証しないといけない。しかし、把握したい指標が多く、分析作業は非常に膨大なものになっており、各システムのアナリティクス機能を使わないといけない。

結果、色々なツールを見ないと全体がわからない、施策と検証のツールがバラバラでPDCAが回せない、ツール間の連動性が取れないため時間がかかり、商品情報の最適化のためのPDCAができないという課題があります。

なぜ、商品情報の最適化が必要なのか。例えば、各eコマースサイトでは、レコメンデーションの進化により、「この商品を買った人はこの商品も買っている」とクロスセル・アップセル商品が表示されます。しかし、商品ページをクリックすると、肝心の商品ページは、誰が見ても内容が同じです。

地域や年代別で分析すると、例えば、

  • この地域では、こういう商品メッセージが効果的だった
  • この年代の女性には、こういう商品メッセージや画像が効果的だった
  • この年代の男性には、こういうメッセージや動画が効果的だった
  • 同じく20代の女性でも、親米ママや働く女性が好む商品が違う

というような結果が分かるようになります。

このように、各媒体の情報を素早く取り込んで可視化することによって、

  • 商品情報・コンテンツの変更や改善にタイムリーに対応
  • 最適化された商品メッセージを各チャネルで自動的に反映でき、

さらなる売上拡大を実現できると、私たちは考えています。

 

スポンサー企業

ソリューション展示、スポンサー企業とのネットワークを通じて、PIM(商品情報管理)ならコンテントサーブと、より多くの方に当社が提供するソリューションについて知ってもらいました。

会場全体がDomoの水色一色に包まれた素晴らしいイベントに協賛・出展させていただき、#Domoありがとう!

多様なチャネルに配信された商品コンテンツのPDCA、それによるコンテンツの最適化を目的としたデータ分析・可視化コラボに向けて取り組んでまいります!

イベント配布資料ダウンロードはこちら:

Contentserv データシート

冷暖房空調分野テクノロジーリーダーVailant社事例

プレミアム家電メーカーMiele社事例