成果につながる、会話型コマース、ハイパーパーソナライゼーション、詳細な商品情報

ほぼ毎四半期ごとにスマートアシスタントが付属した新しいアプリやスマートスピーカーがリリースされ、さらに大手eコマースの継続的な拡大も加わり、製造業者や市場を牽引できないブランドにとっては、会話型コマースが次の大きなハードルになるでしょう。

そこで、各家庭に急速に普及している音声アシスタントの会話的要素とスマートスピーカーについて、詳しく見ていきましょう。

大手ブランドは、単に市場のリーダーであるという理由だけで、会話型コマースにおける優位性を高めようとしています。では、市場を牽引する力のない中小ブランドや商品は、どうすればトップに立てるでしょうか。

市場リーダー的な大手ブランドの例としてAmazonを取り上げてみると、商品のプライム認証や(確実に便利な)チョイスバッジ、出荷のスピードアップ、その他いくつかの重要な要素など、中小ブランドが準備すべき鍵となる機能が存在します。

次に、中小ブランドは見込み顧客の注意を引かなければなりませんが、顧客がオンライン検索しても商品が目に留まらない可能性があるので、これは容易ではありません。ですが、いったん商品が顧客の目に留まれば、繰り返し注文される可能性があります。そうなれば、各コマースハブが商品をネットワークにより強く押し出していくことに繋がります。

しかし、「軌道に乗せるにはどうすればいいか」という問題が残ります。

これにはいくつかの方法が考えられますが、終わりのない顧客関連のこうした問題の性質を考えると、ハイパーパーソナライゼーションが大きな役割を担うことは間違いありません。コマースハブには、チャットや音声などの会話型チャネルとは別に、主に電子メールマーケティングや独自のオンラインプラットフォームなど、信頼できるチャネルを介して自社製品やその他のブランドの製品を宣伝するいくつかの方法があります。中小ブランドが、それらのプラットフォームと自社の商品情報システムを深く統合させることができれば、コマースハブはもっと簡単かつ頻繁に中小ブランドの製品を推進することが可能になるでしょう。これは、使用しているコマースチャネルの成熟度にも依存しますが、今回の記事とは主旨がずれるので、また別のブログ記事で扱うことにします。

顧客体験と詳細な商品情報を使用したハイパーパーソナライゼーションは、利用可能な情報量に成功が左右される点が課題です。そして、詳細レベルの情報を大手ブランドのプラットフォームに開示することは、必ずしも簡単ではありません。ですが、コネクタやAPI、マイクロサービスが急速に進化するにつれて、年々容易になっています。

私の同僚がよく「Amazonとその商品情報はとても魅力的だ!」と言っています。たとえば彼がAmazonで「チョコレート」と検索すれば、50,000件を超える結果が表示されるのです。ですが検索条件を「アルコールを含まないチョコレート」にすると、わずか800件に絞り込まれます(検索が楽しくて徹夜して朝になったなんてことが起こり得ます)。

これは、商品情報の完全性の違いから生じるものです(および継承ルールとスマートな商品体験プラットフォームが、ここでは大きな役割を果たします)。

大手コマース企業は各タッチポイントで、顧客について多くの情報を取得します。これは顧客プロファイルにリンクされて、その個人に合わせてカスタマイズされた非会話型および会話型のアプローチを使って、将来的なオファーを提供することができるようになります。データを揃えて準備を整え、常に進化を続け、将来的に「コマース」と呼ばれる魅力的なチャネルを優位に利用できるようになることが最善策です。

※本記事の内容は2019年1月3日更新の英語版ブログ記事の訳です。

Conversational Commerce, Hyperpersonalization and Deep Product Information for the Win!

著者:Eric-Jan Van Putten  Director of Global Marketing Operations

 

関連記事

オムニチャネル
ファッション小売業者はECから始めるべき理由

ファッション小売業者はECから始めるべき理由 グローバルな売上高を見ると、小売業は現在も成功のモデルであることがわかります。しかし、店舗ビジネスからeコマースビジネスへとシフトし、大きく変化してきました。その理由は単純で、ファッション業界は、ネット通販の利用者が増えているという消費者の行動に目を向けているからです。特にアパレル業界は現在、世界中でeコマースから最大の収益を生み出しています。そのため、アパレル企業が長期的な成功を目指す場合、エコシステムにデジタルチャネルを統合することが欠かせません。 それだけの付加価値がある ファッションブランドは、オンラインとオフラインの無数の接点で消費者とコミュニケーションを図ることができます。しかし、デジタル化が進む現代において、ブランドとの接触はオンラインで起こることが増えており、これは大半の場合、顧客が実際に商品を購入するずっと前に起こっています。そして、見込み顧客の商品検索や評価において大きく影響を与えるようになりつつあります。ファッション業界で成功するには、絶えず変化するユーザー行動に適応できるビジネスモデルが不可欠です。デジタルテクノロジーを上手に活用することで、多くのメリットを享受します。 オンラインビジネスにより事業範囲と顧客基盤を拡大しています。43億人のインターネットユーザーが一挙にアパレル業界の見込み顧客となります。 ロケーションや時間、その時の気分などは、ショッピングの足止めとなるものではありません。消費者は、仕事から帰宅後テレビの前やバスタブから、あるいは移動中に、必要なものを制限なくすべて見つけ、在庫や価格も素早く確認することができます。 Webで関連コンテンツを無制限に適用できます。コンテキストを最適化した商品情報の横に、ブログや動画、レビュー、推奨などのコンテンツを追加し、購買決定に役立つ説得力のある商品体験を提供することで、購買意欲をかき立てることが可能です。 複数の接点により、単一のオンラインショップではないeコマースのメリットを利用して、意思決定を促進します。消費者が何も購入せずにショップを離れた場合でも、それが必ずしも最終決断とは限りません。消費者が忘れないよう、さまざまな接点やチャネル、デバイスを通じて、選択された商品についてリマインドすることで、購買決定に前向きな影響を与えることが可能です。 ソーシャルメディアは頻繁に感情を引き起こす場となります。InstagramやYoutube、Pinterestなどのプラットフォームは、人の直感や自尊心に影響を及ぼし、購買決定を正当化させます。ソーシャルメディアはまた、消費者との積極的なインタラクションとエンゲージメントの格好の機会であり、ブランドのオンラインショップとの直接的な関係を築くことができます。 AmazonやAsos、Stylebopなどのマーケットプレイスは、大規模に商品を流通させるためのパワフルな販売チャネルの一つとして活用できます。 顧客のについて理解することは、好みに応えるために必要です。オンラインチャネルでは、顧客のデジタルフットプリントを完全に追跡・分析し、それを基に、より的を絞ったコミュニケーションを図ることが可能です。顧客体験が優れていればいるほど、消費者が進んでデータを提供してくれる可能性も高くなり、消費者に対する理解も深まります。 オンライン旗艦店の開設 優れた顧客体験というものが、実店舗にしか関係ないと考えているとしたら、それは大きな間違いです。最近では、すべての接点において顧客中心のアプローチが不可欠となっています。そのため、オンラインショップには、デジタル化されたカタログ以外に多くのものが必要です。商品を豊富に取り揃えると同時に、実際に試着ができないという事実に対処するには、商品体験を高めるための革新的なアプローチが必要となります。実店舗で注文して宅配する事に加え、簡便な返品、迅速な無料配達など、基本的な部分を確立したら、ここからが腕の見せどころです。 Zalando:画像のクロースアップ ファッション業界は、店頭でのカスタマーサービスをオンラインでも利用できるよう取り組んでいます。バーチャルサービスは、さまざまなモデルが商品を着用した画像のクロースアップや、3Dアニメーション、短い動画など、多様な方法で提供されます。これらはすべて商品をさまざまな角度から見せるためのものです。顧客に対し可能な限り最高の商品体験を保証し、返品の数を減らすために、わかりやすいサイズガイドも不可欠です。最も革新的なサイズガイドは、試着室なしで最適なフィットを見つけることを可能にするものでなければなりません。たとえば、AsosとThirdloveは、詳細な質問のリストを使用して、個々の状況や以前の購入、体験を基に、最適なサイズを推奨しています。Macy´sは動画を通じて商品の具体的な説明をしているほか、Mr.…

続きを読む
顧客体験
顧客の期待に応える – その準備はできていますか

「顧客の期待に応える」 – その準備はできていますか? 消費者が求めているもの(または求めていないもの)は何でしょうか。消費者の要求に応える準備はどの程度整っていますか。 小売業の最終的な滅亡を予想する報告とは対照的に、全米小売業協会の「The State of Retailing Online 2018(2018年オンライン小売業の現状)」調査では、次のような結果が報告されています。 新たに開業する店舗は、閉業する店舗より多く、その数も年々増加している オムニチャネルによる最適化への投資は依然として高い モバイル小売の成功は継続して拡大している バリューチェーンのイノベーションという点で、Deloitteの「2018 Retail,…

続きを読む
オムニチャネル
変化を続けるファッション業界 – ディスラプションを機会と捉える

変化を続けるファッション業界 – ディスラプションを機会と捉える 業界が抱える様々な課題に挑戦し続け、将来を楽観視すべき理由 ファッション全盛期はもう過去の話。イギリスのEU離脱や現在の米中間の貿易摩擦、大西洋の両側で高まる保護貿易主義を受けて、このように感じているヨーロッパやアメリカのアパレル企業が少なくありせん。 加えて、アジアの数多くの有力企業が安価なサプライヤーの役目を卒業し、ヨーロッパやアメリカの競合企業に堂々と直接対抗するようになっています。彼らは勝ち組になりつつあり、すでに国内市場を支配しています。 一方、McKinseyの「State of Fashion 2019(2019年ファッションの現状」によれば、インドや中国などの新興市場は既存の市場を追い越す勢いで急速に発展しています。インドの成長率が最も高く、中国はアメリカを抜いて世界最大のファッション市場となっています。 Quelle: McKinsey, State of Fashion…

続きを読む

DE: T +49 8442 9253 800
FR: T +33 1 73 77 56 04
BE: T +32 3 369 37 00
NL: T +31 634185447
USA: T +1 619 736 7469
JP: T +81 3 6880 9116