翻訳コストを削減するための 3 つの実用的なヒント

世界の Web ユーザーの 4 分の 1 は、英語を使っています。それでも統計によれば、オンラインユーザーの数が最も多いのは中国とインドです。2021 年には、インドの新しいインターネットユーザーの 10 人に 9 人が、自分が普段使っている言葉で Web を見たいと思うだろうと予測されています。

Percentage Of Internet Users Worldwide

(出典:  Statista、「Most common languages used on the internet as of December 2017, by share of internet users」)

 

それでは、スペイン語やアラビア語を話す人々や、その他の言語を話す 22.8% のオンラインユーザーについてはどうでしょうか。グローバル企業にとっては、さまざまな言語でコミュニケーションできることの重要性が増しています。

翻訳はなぜ重要なのか

それは、新しい市場で消費者の心を掴めるかどうかを左右するからです。インドでは、スワイプするだけで、メーカーのデフォルトの言語をユーザーの母語に翻訳する便利な方法を提供しようと、複数の新興企業が挑戦しています。大手テクノロジ企業の WhatsApp(インドで最も使われているアプリ、ユーザー数は 2 億人)もこの点に気づき、現在はインドの 11 の現地言語をサポートしています。

アラビア語が話されている地域では、消費者の 88% が母語で商品の説明を見てから購入したいと考えていますが、アラビア語のオンラインコンテンツは 1% に満たない状況です。このことがなぜ重要なのでしょうか。それは、この市場には経済力があるものの、成熟しておらず、競争が激しくないからです。巨大テクノロジ企業である Google は、中東で 97% という完璧に近い市場シェアを持ち、競合する企業は存在しません。

コンテンツの翻訳に対する需要が増えている一方で、コンテンツの翻訳は、ソフトウェアを使ってマーケティング資料を作成するのと同じぐらい簡単なことだと思い込んでしまう間違いがよく起きています。言語にはニュアンスがあり、言葉の中には、同じ国でも地域によって意味が異なるものもあります。たとえば、米国、オーストラリア、英国のような英語を話す国でも、英語の言葉づかいは大きく異なります。こうした繊細な違いがあるため、プロの翻訳者の手によって、メッセージを読む場所や読む方法に関係なく、メッセージが正確に伝わり、理解されるようにする必要があります。

翻訳にはかなりのコストがかかることがありますが、抑えることは可能です。以下に、コスト削減に役立つ 3 つのヒントをご紹介します。

コンテンツを翻訳しやすいようにキュレートする

価格の基準は翻訳会社によって異なりますが、翻訳しやすい資料ほど、コストは安くなります。さらに、先進的な翻訳会社の多くが、単語や用語、スタイルガイドを記憶する翻訳管理ツールを使用しています。これによって複数の市場に向けた商品コンテンツの翻訳とローカライズを効率的に行ってプロセスにかかる期間を短縮し、翻訳の無駄な繰り返しを削減して、関連コストを削減できます。

現地向けのコンテンツを作成する

主要な資料のすべてを翻訳するよりも、現地の言葉で商品の広告を作成すれば、翻訳コストを削減することができます。また、KFC のタグライン、「Finger-Lickin’ Good(指まで舐めちゃうおいしさです)」が、中国語で「Eat Your Fingers Off(あなたの指を食べよう)」に訳されてしまった事例のような、文化の違いが原因で起こる失敗を確実に避けることができます。

翻訳プロセスを一元化する

世界市場をターゲットにするには、翻訳管理ソフトウェアに投資するだけでは不十分で、より高度なアプローチが必要です。PIM(商品情報管理)ソリューションは、企業の翻訳への取り組みもサポートします。PIM は、商品に関する唯一の正しい情報源として、全世界のチームがあらゆる言語でアクセスできる一元的なリポジトリとなるため、商品データの正確性、一貫性、完全性が確保されます。

言語の種類は多く、翻訳コストをゼロにする方法はありません。しかし、リソースを割り当て、プロセスを合理化することで、翻訳コストを削減し、それを他の分野に投資できます。

※本記事の内容は2019年6月13日更新の英語版ブログ記事の訳です。

3 Practical Tips to Reduce Your Translation Costs

著者:Douglas Eldridge  Field & Content Marketing Manager

DE: T +49 8442 9253 800
FR: T +33 1 73 77 56 04
BE: T +32 3 369 37 00
NL: T +31 634185447
USA: T +1 619 736 7469
JP: T +81 3 6880 9116