関連記事

ベストプラクティス 適切なソリューションの選び方
適切なソリューションの選び方

適切なソリューションの選び方 適切なソフトウェアソリューションを選ぶことが一定の投資を伴うため、骨の折れる作業です。デジタルマーケティングのオンラインメディアCMSWireが実施したインタビューによると、判断を誤ったソフトウェアソリュ ーション導入に伴うリカバリコストが$15,000 から$700,000にも上るという結果が出ています。時間や予算、リカバリ作業のストレスを削減するために、最初から慎重に判断を行うことが不可欠です。 適切なソフトウェアソリューションプロバイダーを選択するためのガイドラインを次に示します。 課題を特定する ソフトウェアの購入を決める前に、解決すべき課題を明確にしておくことが不可欠です。新しいソフトウェアで解決したい業務上の課題と業界固有の課題を洗い出しましょう。その際は、必要な機能ではなく、ビジネス上の価値に重点を置き、重要度と緊急性に基づいて優先順位を付けます。最終判断を下すときにこのリストを参照すれば、魅力的であっても必要性の低い機能やアドオンに惑わされずにすみます。 予算を設定する 事業の規模やプロジェクトの参加要員に応じて、予算を慎重に見積もります。実装の前払い金、メンテナンス料、必要に応じて更新料も忘れずに予算に組み込みましょう。 技術要件を決める 予算を設定したら、エンドユーザーの視点と、予め設定したビジネスニーズを踏まえて、ソフトウェアの技術要件を検討します。 デモを依頼する システムを実際に使用するときの様子を把握しておくことは非常に重要です。使いやすさや統合レベルを確認するために、プロジェクトに関係するユーザー側のキーパーソンと技術チームには必ず参加してもらいましょ う。 フィードバックを収集する…

続きを読む
BlogPIMProduct Content商品コンテンツ ECM、PIM、DAM、DMSの違い
ECM、PIM、DAM、DMSの違い

エンタープライズコンテンツ管理(ECM) ECMソリューションは、企業の請求書や取引明細書などのビジネスクリティカルな非構造化文書の保存、管理、配布を支援します。 ECMの導入事例          ヘリコプター製造業者 世界でも最大手のヘリコプター製造業者は、大規模な文書を集約および形式化し、800ページに及ぶヘリコプターメンテナンス記録書を簡単に作成する方法を求めていました。データは、400近いインスタンスとシステムに保存されていたので、ECMソリューションを使用するまではそれらの情報を1つの文書に記録し、集約することが不可能に思われていました。           電気通信事業者 ある電話会社は、電話料金明細書について、顧客の体験を改善したいと考えていました。同社はECMソリューションを利用して、使用量(SMSおよび通話)、プロファイル(個人情報)、マーケティング(ロイヤルティポイント)、法的情報などの情報を集約し、整理しました。ECMにより、電話会社は顧客に送付する情報をカスタマイズすることができ、商品を紹介または宣伝するためのプラットフォームを効果的に構築しつつ、強く求められていた顧客の消費傾向に関するインサイトを提供することができました。 商品情報管理(PIM)およびデジタルアセット管理(DAM) PIMソリューションは、すべての商品関連の情報を集約および管理し、すべてのチャネルに効率的に配信することを可能にします。 通常、企業は技術およびマーケティング関連の多数の商品データを保持しており、それらはさまざまな形式で複数のリポジトリに保存されています。PIMソリューションのデータモデリング機能により、すべての商品データを標準化し、それらの特徴や構成を整理し、分類できます。その後、商品データは単一の中央リポジトリに集約でき、組織内外に正確な商品データを配信することが可能になります。 PIMの導入事例          食品業界…

続きを読む
PIMProduct Experience プロダクトエクスペリエンス管理の第一歩はPIM
プロダクトエクスペリエンス管理の第一歩はPIM

ある商品が売れるかどうかは商品の情報次第です。文章のささいな部分から画像の形式まで、あらゆるビジネスにおいて販売という観点から商品コンテンツは重要な役割を果たします。しかし、商品コンテンツがビジネスの成功の基礎の1つであるということは普遍的に受け入れられているにもかかわらず、そのポテンシャルを最大限発揮できるように包括的かつインテリジェントに使用することは困難です。最終的に商品コンテンツから期待どおりの結果を得られない理由は以下のとおりです。  商品データを管理するソリューションが存在しない  ソリューションはあるが、十分に堅牢ではない  ソリューションはあるが、商品体験の提供に焦点を当てた設計ではない  では、商品データを最大限活用するために、企業にできることは何でしょうか。特にデータ管理、つまり数千から数十万のデータを取り扱う場合に何ができるでしょうか。その答えは、データ管理ソフトウェアの導入にあります。  商品情報管理(PIM) 商品情報管理(PIM)とは、リッチで正確、かつ包括的でチャネルに対応した商品コンテンツを簡単に管理し、いつでもどこでも提供することができるデータ管理ソリューションです。商品データを管理するためにPIMソリューションを導入することは、リッチな商品コンテンツがもたらすメリットを得る上で鍵となります。  しかし、PIMを導入するだけでは十分ではありません。消費者は簡単でシームレスな購買体験を求めています。商品が求めているものかどうか正確に知るためには、リッチで正確な最新の情報にアクセスする必要があると考えています。さらに、消費者には選択肢があります。商品体験が満足できるものではない場合、別の販売者に簡単に切り替えることができます。  したがって、消費者に卓越した体験を提供することが必要不可欠です。競合他社と比較して消費者に選ばれるような感情的なつながりを創出することがその第一歩です。そのためには、顧客の求めるものは何か、どのように、そしていつ提供してほしいのかを予測できる必要があります。そして、すでに手元にあるデータを使用して実現する必要があります。これは、PIMだけでは実現できないことです。そこでPXMの出番です。  プロダクトエクスペリエンス管理=商品体験管理(PXM) プロダクトエクスペリエンス管理とは、適切なチャネル、ロケーション、ニーズに応じた商品コンテンツの管理と文脈化を指します。PXMにより、(PIMで管理されている)商品情報を消費者のチャネル、ニーズ、ロケーションに基づいて文脈化して提供することが可能になります。 コンテクストに応じたPXM  プロモーション。社内の業務プロセスを合理化し、ワークフローを自動化することにより、マーケティングチームはプロモーション戦略の策定に集中し、市場への商品の投入をより迅速に行うことができます。その結果、将来のイベントやターゲットとなるオーディエンスに対応した時期に合わせて商品を準備し、プロモーションを行えます。これにより売上を増加させつつ、いつ何を必要としているかを分かっていると消費者に感じてもらえます。  レコメンデーションとバンドリング。バンドリングとは、買い物客が選択した商品を補完する関連商品をクロスセルまたはアップセルする機会です。バンドリングは、顧客のニーズを解決するためのレコメンデーションや追加商品として提案することができます。PXMを使用すると、イベント、プロモーション、キャンペーンに応じて商品のバンドリングを簡単に実施することができます。  キャンペーン。PXMでは、外部コミュニケーション(印刷物やターゲティングEメールキャンペーンなど)において、さまざまな商品群を組み合わせることが可能なため、1年のうちの特定の時期に商品面の情報を伝えるメッセージを送ることができます。 …

続きを読む

DE: T +49 8442 9253 800
UK: T +44 (0)1844 214 004
FR: T +33 1 73 77 56 04
BE: T +32 3 369 37 00
NL: T +31 634185447
USA: T +1 619 736 7469
JP: T +81 3 6823 5811