<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

ミズノが考える
ブランド
エクスペリエンス

※本セッションは、2019.10.24に開催されたProduct Experience Summit Tokyo 2019におけるミズノ株式会社 総合企画室 グローバルデジタル統括室 マネジャー芹澤剛氏講演の収録です。

 

Photo568-copy-1024x683

スポーツ用品の製造・販売を中心に、幅広く事業を展開するミズノ社は、取り扱う商品やサービスが多彩であるがゆえのジレンマを抱えていた。

それが、部門ごとにバラバラに行っていたブランディングによる、個々の商品・サービスの訴求力の低下だ。情報がどこにあるのか、どれが最新なのかが分からない状態では、間違った情報を展開するミスも生じやすくなる。製品ごとにサイロ化したブランディングが招く弊害、ミズノはどう取り組んでいる?

フル講演内容は、こちらの動画をご視聴ください。

 

 

ミズノのグローバルマーケティングを牽引する芹澤剛氏に、ミズノのグローバルマーケティングの強化、基盤となる製品情報管理の取り組みについて講演いただきました。

  • 商品点数の増加、各地域・拠点でのイメージ、色、メッセージのばらつき、メーカー目線のプロモーション資料などの課題にどう対応する?
  • Contentserv PIMを導入した決め手、コスト削減効果はあるのか?にどうこたえる?
  • 今後の展開

 

■プレスリリース「ミズノ、グローバルビジネスの商品情報基盤にContentservを採用」はこちら

■Contentservに関するお問い合わせはこちら

■製品デモのお申し込みはこちら