<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

PIM (商品情報管理) とは?

1 minute read
PIMとは?

商品情報管理(PIM)は、製品データを取り込み、統合・集約することで、こうした課題を解決するデータ管理ソリューションです。また、より充実した顧客体験の構築、社内プロセスの最適化、パートナーネットワークとの関係強化など、さまざまなメリットがあります。 

今日のお客様は、情報に飢えており、必要な商品をすばやく簡単に見つけられることを期待しています。これは、お客様が実店舗で買い物をしていても、PCやモバイルで買い物をしていても、アプリやソーシャルメディアなどの新しいチャネルで買い物をしている場合でも同じです。 

マルチチャネルの世界において、ブランドや小売業者は、魅力的な商品コンテンツを展開して目立たなくてはなりません。そうすることが、お客様の期待に応え、売上を伸ばし、ブランドロイヤリティを高めることにつながるのです。 

しかし、優れた商品体験を生み出すことは簡単なことではありません。企業内のサイロ化、手動プロセス、古いシステム、一貫性のないデータ、企業が保有する膨大な量の情報などの要因が重なり、実現をより難しくしています。 

改めて、PIM(商品情報管理)とは?

PIMとは、さまざまな 流通チャンネルを通じて製品を販売していくために必要なすべての情報を管理する プロセス、またはそれに関わるソリューションです。 ハブとなる商品データの基盤を使用し、自社のウェブサイトやAmazon などの マーケットプレイス、カタログや 広告、SNS または店舗や取引先への電子的な データの配信を可能にします。 

詳しくは、こちらの8分動画をご覧ください。

 

なぜPIMが必要?

PIMは、商品データのオンボーディング、統合、管理、配信を効率的に行うことができるマーケティング テクノロジーの一 種です。なぜ、このような概念や ツールが必要でしょうか。

現代の購買行動を特徴付ける要素は多々あります。デジタル化の加速、顧客接点の多様化、 顧客 ニーズの 多様化は、これらは業種業態を問わず、多くの企業に起きている変化といえます。

より自分の求めている 情報をオンラインとオフラインに 関わらず、 複数の情報源から入手して、取捨選択しながら意思決定を行うという傾向は、一般消費者であれ、企業の購買担当であれ同じです。 そこでカギ となるのは画像や動画を含むリッチなデジタルコンテンツであり、その情報の一貫性や正確性であり、 チャンネルや顧客の属性によって適切な情報を出し分けていくパーソナライゼーションです。

このような ニーズを満たすためには、優れたオンラインショップやウェブサイト、 詳細な顧客情報や分析データを 持っているだけでは十分とはいえません。 商品バリエーションやブランド、マーケット、チャンネル、顧客のペルソナといった要素の組み合わせは膨大になるため、適切な情報基盤なくしては、 対処することは困難になってきています。

業務の不在がデジタル セールス や デジタル マーケティングの ボトルネックに なっていることも少なくありません。カタログ制作やコマース、ウェブデザイン、マーケティング、営業、店舗 スタッフなど異なる役割を持った人々が信頼できる一元的な データソースにアクセスし、 業務を行うことで情報の一貫性を担保 します。

また、マーケティング オートメーションやEC サイトへとデータのシンジケーションに自動的に連携していくには、 PIM によって管理される構造化された商品データが必須なのです。

PIMがフィットする組織の特徴

では、どのような組織がBIM を 必要とするのでしょうか。いくつかの典型的な特徴がこちらです。

  • 幅広い製品ラインナップ・製品の組み合わせが多様である
  • 製品が頻繁に変化する・入れ替えが発生する
  • 販売チャネルが多様である、または増やす予定がある
  • 偏在する ITインフラ ストラクチャを使用しなければならない
  • オンラインビジネスの比重が高い、または増加傾向にある
  • グローバルマーケットでのビジネス翻訳のニーズが高い

つまり、裏を返せばチームは単一の市場、単一の販売チャネル、限られた商品展開をする企業においては、 それほど必要性が高くないと言えます。

しかしながら、インターネットがグローバルマーケットへのアクセスを容易にし、D2C、 オムニチャネル などのマルチチャネル戦略が重要視される現在、多くの企業が何らかの形で、このようなビジネス環境と 無縁ではいられません。

PIMのユーザー

では、 PIMは どのような人々の役に立つのでしょうか。組織のあり方やビジネスによって、業務のユーザー は多岐に渡ります。IT情報システム担当やマーケティングプロモーション担当はもちろん、コンテンツ制作 、制作会社、マーチャンダイジング、コマースなどのチャンネル担当者、営業、保守サポート、コールセンター、カスタマー担当、店舗スタッフ、販売店や代理店などの外部ユーザーまで、実に多くの人が日々の 業務で商品情報を扱っています。

こういったさまざまな部門がさまざまな役割を持った人々が、 一元化され正確でオーソライズされた最新 の情報に素早くアクセスできる環境をサポートするのが業務の大きな役割の1 つです。

PIMのポジション

しかし、顧客に向けて商品の情報やコンテンツを届けていく担当者の周りには、 それを管理するシステム がすでに存在し、広く使われています。 では、これらのソリューションとは、何が違うのでしょうか。

例えば、ERPや商品マスタなどの基幹系システムは、企業活動にはなくてはならないものです。 ここにおいて、価格や在庫、材料などの情報は、トランザクションも含めてきっちり管理されています。 また、製品 開発や保守のために使われる仕様や技術情報を管理するプロダクト ライフサイクル マネジメント PLMや PDM、 その他にも画像や動画のストレージである デジタルアセットマネジメント DAMやコンテンツマネージメントシステム CMS、顧客情報を扱うCRM、マーケティング オートメーションなどの中に多くの商品に関するデータが存在しているでしょう。

しかし、周りを見渡してみても、最新の情報が統合的に管理でき、コラボレーションやクリエイティブの ポータルとなるようなプラットフォームは見当たりません。基幹系のシステムはビジネスアプリケーションではないため、アクセスできるユーザーは限定的で、通常は部門を超えたコラボレーションやコンテンツ の充実化、ワークフロー管理などの機能を有していません。 

CMS は コンテンツ マネジメント システムの名のとおり、実際にはPIMの代表的な運用がなされることもありますが、しかしあくまで情報はドキュメント、 単位の管理であり、構造化された商品データを生成、保管してくれるわけではありません。 一般的なCMS の最大の目的は、オンラインチャネルへのコンテンツ パブリケーションであって、検索性やシンジケーションの観点からは、データベースとしての用途にどうしても限界があります。

担当者は、それぞれ異なった目的を持つシステムやツールの間を行ったり来たりしながら、データを編集 加工し、オンラインストレージやエクセルなどを使って、業務を行っていることが多いでしょう。

PIMは、これらの仕組みと連携して、データの 一貫性、正確性、検索性を担保し、業務の効率化やプロセス のオートメーションを促進してくれます。メディアに依存しない効率的なデータ収集、製品データの管理、データガバナンスおよびチャネルへの迅速な情報配信を実現するPIMは、今後ますます重要性が増していく と言えるでしょう。

執筆者:大友 寿宜(株式会社Contentserv セールス&ビジネスデベロップメントマネジャー) 

 

デモをご用意しています

Contentserv がお客様のビジネス変革にどのようにお役に立てるのか、デモを交えてご紹介します。お気軽にお問い合わせください。