<img src="https://secure.norm0care.com/176401.png" alt="" style="display:none;">

商品情報管理(PIM)は、
いかにデジタル販売を促進するのか?

1 minute read
ブログの更新情報を受け取る

商品情報管理(PIM)は、いかにデジタル販売を促進するのか?

ブランドや小売業者にとって、デジタルチャネルを通じた販売の必要性がこれほど明確だったことはありません。簡単に国境を越えてリーチすることができる高度に結びついた世界において、Eコマースは次のことを可能にします。 

  • 消費者がどこにいても(地理的にもデジタル世界でも)、消費者にリーチすることによって売上を促進する
  • 消費者に関する詳細な情報、つまり顧客体験をパーソナライズするために必要なデータを収集する 

あらゆる種類のブランドや小売業者が、デジタル販売に関するこのビジネスケースを明確に理解しています。しかし現実には、多くの企業がEコマースへの参入に失敗し、とりわけその初期段階で失望する結果となっています。 

なぜEコマースの成功を享受できないのか? 

Eコマースの問題の多くが、Eコマース・プラットフォームのフロントエンドではなく、コンピュータの最も古い考え方の一つである「GIGOgarbage in, garbage out)」の現代版に起因しています。具体的には、デジタル・コマースでは価格やスペックに関する商品データの内部矛盾が容赦なく露呈してしまうのです。 

問題はそれだけにとどまりません。商品画像が悪い場合、Eコマースはそれを可能な限り多くの人に喧伝する手段になります。さらに悪いことに、消費者が矛盾を見つけたり、不鮮明な画像や古い画像を見て不満を募らせ、カゴ落ち(カート放棄)つながることが多いため、 Eコマースへの取り組みは積極的にブランドを傷つける可能性さえあるのです。 

企業の評判を守りつつ、Eコマースの機会を最大限に活用するには?

簡潔に言うと、商品データを整理することです。 

では、どうやって?PIM(商品情報管理)ソリューションの活用を強くお勧めします。これは、画像、動画、詳細な技術情報をはじめとする商品情報を、1つの中央レポジトリで照合、管理、強化することを可能にする技術です。 

商品データはここから必要な場所に送り出すことができます。このアプローチで重要なのは、例えば商品や商品セットが変更された場合、同じデータを企業のウェブサイト、ソーシャルメディア・プロモーション、アプリケーションに提供し、カタログや店舗などのオフライン・チャネルでも使用できることです。 

PIMを使用すれば、ブランドや小売業者は、不良データを拡大鏡で見られるようなリスクを冒すことなく、すべての顧客に対して一貫したメッセージと体験を提供することができます。複数のタッチポイントで、それぞれのチャネルに最適化された画像や動画を使って、より簡単に実現できるのです。これにより、ブランドや小売業者に対する信頼が構築されます。 

この方法は、ビジネスプロセスの改善につながるのか? 

答えはイエスです。ブランドや小売業者が抱える商品データ多くなればなるほど、その管理はより複雑になります。手作業やサイロ化したアプローチで管理していては、必然的にエラーや運用の非効率性、そして企業内の誰がデータを「所有」しているかという議論など、多くの問題を引き起こすことになります。 

これに対し、PIMソリューションの導入は、商品データを一元化し、データの信頼性を確保するためのプロセスを確立します。これにより、スタッフは扱う商品データを信頼できるようになるため、複数のチャネルでより速く市場に参入するために必要なプロセスを合理化することができるのです。 

その結果、デジタル技術やEコマースによる販売機会を最大限に活用するために必要なこと、すなわち『商品コンテンツを強化し、魅力的でパーソナライズされた顧客体験を創造すること』に集中できるのです。 

PIMEコマースビジネスを新たな高みに押し上げる10の方法 

上記を踏まえて、ブランドや小売業者がPIMを活用してEコマースを成功させるための10の具体的なステップを紹介します。

  1. 運用プロセスの簡素化:従業員は複数のSKUの管理に時間を費やしていますPIMはこの作業を自動化します。役割と権限の管理、リアルタイムのデータ品質チェックなどの自動化されたプロセスは、エラーを最小限に抑え、チームの時間を節約するのに役立ちます。 
  2. タスクの効率化:強力な検索機能を備えたPIMソリューションが、より効率的なタスク管理を実現します。
     
  3. 商品の信頼できる唯一の情報源を作成8割を超える組織が、複数のソースに分散している大規模なデータを管理することは困難であり、面倒であると答えています。PIMソリューションによる一元化で、データのサイロ化が解消されます。 
  4. 商品の360°ビューを作る:新しく作成されたデータレコードのほぼ半分に、業務に影響を与えるエラーが少なくとも1つあると言われています。PIMを使用することで、ブランドや小売業者は商品をあらゆる角度から見ることができ、チャネル間の一貫性と正確性を確保することができます。
     
  5. データ品質の向上:データの不正確さの約半分が人的ミスによるものです。データオンボーディングの自動化、データ品質チェックの調和と強化により、こうしたエラーを防ぎます。
     
  6. 市場投入までの時間を短縮:新商品の4分の3以上市場投入が遅れているといわれていますPIMはプロセスの改善に役立つため、遅れを減らすことができます。
     
  7. オムニチャネルでのプレゼンスの強化:チャネルをまたいで顧客と対話する企業は、より多くの顧客を維持することができます。つまり、チャネル毎に最適化された商品データが重要です。 
  8. 商品ページの充実:従業員は週に83商品に関する情報検索していますが、そのうち3分の1は必要なものが見つからないと言われています。 PIMの統合デジタルアセット管理ソリューションを使用してデジタルアセットを保存、整理、配布、検索すると、この失敗のレベルが5%減少します。スタッフが重要なアセットに簡単にアクセスできるようになれば、ブランドの一貫性を高めることも容易になります。 
  9. パーソナライズされた、文脈に沿った体験を演出する70%以上の消費者が、人間味のないショッピング体験に不満を感じていますPIMを使えば、パーソナライズされたコンテンツのプロモーションやキャンペーンを作り上げることができます。 
  10. リーチを広げる:顧客の5人に4人は、母国語で説明を読んでから商品を購入することを好んでいます。PIM翻訳管理モジュールは、翻訳を効率化します。

 

30分でわかるPIMの基本
PIM 101 基礎講座 第1回: 情報の
一元管理はゴールではない

商品データを活用したマーケティング戦略を成功させるために、PIMの知見が示す3つの考え方・方法論を学ぶ講座を公開しました。シリーズ第1回では、情報を一元管理する「だけ」ではなく、いかに活用していくかについて、Contentserv PIMの機能ベースに解説します。